スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスの収入は安定するの?続けるための秘訣は?

フリーランス
スポンサーリンク

「会社に勤めるのを辞めてフリーランスとして仕事をしよう」と考えている人もいるかもしれません。

会社に勤めて収入を得ることができますが、フリーランスとして働くなら会社勤務では得られないメリットもあるので、フリーランスとして働く人も増えています。

ただ、フリーランスとして働くなら考えるべきポイントとして「収益は安定化するのか?」という点が気になるかもしれません。

フリーランスとして働く際の収入の安定に関して紹介していきましょう。

フリーランスの収入は安定することはない!理由とは

フリーランスになることを考えるなら「収入の安定」という部分が会社勤めとは違う点です。

そのため、「フリーランスは収入が安定せずに大変だ」という言葉を聞くかもしれません。

結論から言うと、フリーランスの収入は安定することはないので、常に不安定です。

フリーランスの収入が安定しない理由は以下の通りです。

仕事の受注が決まっているとは限らない

フリーランスになれば自分の仕事時間や自分の時間を自由に使うことができ、仕事を選ぶ権利もありますが、自分のしたい仕事が必ず決まっているわけではありません。

まず、フリーランスとして仕事を始めたときは実績も経験も少なく、クライアントから信頼される部分が少ないので、収入は会社勤めのときよりも少なくなり、収入も不安定です。

この部分は理解できるはずです。

ただ、フリーランスとして実績やスキルなどを培うことができ、クライアントからの信頼も増えてくるなら、「フリーランスの収入も安定してくる」と考えるかもしれません。

しかし、フリーランスとして実績を得ることができても、常にクライアントから決まった仕事を依頼されてくるとは限らず、仕事の受注がないときもあります

そのため、収入は毎月違うので収入が安定してくることはないと言えるでしょう。

仕事の案件が終わってしまうことも

フリーランスとしてのスキルが求められて、定期的に仕事を受注されることもあるかもしれませんが、その仕事のプロジェクトが終わり、案件としての終了してしまうこともあります。

仕事の案件はクライアントから事前に言われることもあれば、突然言われることもあり、安定して受注していた仕事が無くなってしまうこともあります。

そのため、「安定して得られる仕事があるから、もう大丈夫だ」と安心していると、仕事が終了したときに慌ててしまうことになるので、仕事は安定しないと覚悟しておくのがいいでしょう。

フリーランスを続けるための秘訣とは

フリーランスでは収入が安定することはありませんが、それでもフリーランスの立場として仕事を続けている人は多くいるので仕事を続けていくことは可能です。

「どのようにして不安定の中仕事を続けていくことができているのか?」と疑問を持つ人もいるはずなので、秘訣を紹介していきましょう。

適正価格で仕事を獲得

フリーランスを続けるために大事なポイントの1つは価格です。

フリーランスとして仕事をするときはクライアントと価格交渉をすることになり、適正価格で仕事を受注しなければいけません。

例えば、1時間で1,000円できる仕事と800円でできる仕事であれば、1日の仕事で得られる金額も変わってきますね。

1日8時間仕事をすれば8,000円と6,400円になるので、その差は1,600円です。

これが20日続いたとなれば、32,000円も収入が変わってきます。

仕事として安価な値段で引き受けてしまうと、作業時間が長くても収益が少ないので、収入は少なくなりフリーランスとして続けることが難しくなります。

自分のスキルのクオリティにもよりますが、安価な依頼は受けないように交渉し、双方が納得する金額を提示することが大事です。

スキルの向上を行う

フリーランスとして仕事を続けていくなら、自分のスキルのクオリティにより、クライアントも依頼した納品に満足します。

そのため、スキルの向上を上げるように努力していく必要があります。

クライアントに求められるスキルは日々変化していくので、スキルの成長が止まるなら、仕事のクオリティが上がらず、クライアントから発注の打ち止めをされることもあります。

そのため、自分の仕事にスキル向上を忘れないようにするべきです。

スキル向上を行うことができれば、仕事の受注も多くなるでしょう。

応用力を身に付ける

フリーランスでは基本的に自分1人で仕事を行います。

そのため、周りに頼れる人はいないので自分で全ての作業をしていきます。

しかし、仕事をしていると分からない部分も出てくることがあり、クライアントに質問しても、曖昧に返されることもあるので、自分で考えて行動することが増えてきます。

難題にぶつかったときに自分で解決する術を身に付けていなければ、仕事を納期に間に合わせる、またはクライアントの要望通りの納品をすることができず、仕事を減らしてしまうこともあります。

そのため、応用するのが苦手な人も日々自分の思考を鍛えるように努力する必要があるでしょう。

フリーランスを始めなら

フリーランスで仕事をするなら収入は安定することがありません。

しかし、「フリーランスで自由に仕事をしてみたい」、「自分の実力を試したい」と思い、フリーランスに転身する人もいるはずです。

フリーランスとして仕事をするなら、始める前に準備をしておくことも大事です。

どのような準備をすることができるのか紹介しましょう。

税金の知識を知る

フリーランスになれば自分で確定申告をしなければなりません。

そのため、収入計算をして1年間にどれくらいの年収となったのか計算します。

しかし、フリーランスは個人事業主でもあるので、自分の得た収入から必要なものがあれば経費として収入から引くことができます。

例えば、コンピュータ関連の仕事をしていてパソコンを購入したとすると、パソコンの費用は経費で落とすことができます。

しかし、私的なものであれば経費で落とすことはできないので、経費にできるものを知っておくことが大事です。

仕事上の出費を経費で落とすことができれば、かなり節税することができるので税理士を雇う、またはfreee(フリー)などの確定申告ソフトを用いて、収入と支出の計算をしておくのが良いです。

スキルの勉強をしておく

または、仕事の幅を広げていくために、新しいスキルを学ぶこともできるでしょう。

例えば、自分がアプリ開発をしたいならプログラミングを勉強することが大事ですね。

または、新たにAI技術を学んでみることも1つの良い方法です。

また、自分の仕事に関係する知識やスキルは日々新しくなってくるので、新しい知識を得ていくことができるように、雑誌や本を読んで勉強することができます。

スキルの勉強をしてフリーランスとして仕事のスタートダッシュがうまく行えるようにしましょう。

資金を蓄えておく

フリーランスとして仕事をすることになれば、最初は思うように収入を得ることができないでしょう。

そのため、何ヶ月か仕事の収入が落ちても生活していくことができるように、資金を蓄えておくのが良いです。

また、仕事によっては初期投資が大きく、一度の出費が大きくなることもあるので、その点も考えておくことが大事です。

資金を蓄えておけば、収入が少なくてもひとまず安心することができるので、目安として最低100万円は蓄えておくようにしましょう。

まとめ

フリーランスで収入が安定することはないので、収入が十分に得られるようにスキルを磨くなどの準備が必要です。

フリーランスでは仕事の自由が大きなメリットになるので、その点を重視している人ならフリーランスに転身しても後悔はないはずです。

ただ、フリーランスでも生活できるほどの資金を得ることはできるので、ぜひよく考えて転身してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました