スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活の際に年の差婚は問題ない?ポイントを押さえて年齢の壁を乗り越えよう!

婚活
スポンサーリンク

婚活をするときは自分と価値観が合う人や生活スタイルが合っている人など、条件をまとめて行うはずです。

婚活で良い人に出会うことができれば交際、また成婚への一歩となるので、良い人に出会うことがポイントです。

良い人に出会えれば結婚への道が開かれますが、今では「年の差婚」と言われる年齢が大きく離れた相手と結婚する人も増えてきています。

年の差婚でも良い夫婦となっている方も多いですが「年の差婚はどんなメリットやデメリットがあるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

年の差婚について内容を紹介していきましょう。

年の差婚はどれくらい離れている?

年の差婚と聞くとどれくらいの年の差が離れているのか気になる人もいるでしょう。

結婚している夫婦で同い年というのは多くはなく、大体男女どちらが年上という夫婦が多いです。

しかし、年の差が離れているとしても多くの夫婦では1〜3歳ほどであり、5歳以上の年齢が離れている夫婦も多くはありません。

ただ、年の差婚と言われるのは男女どちらかが大体10歳以上離れている場合なので、年齢としては大きく離れていると言えます。

10歳以上の年の差婚は結婚している夫婦の中でも少数であり、以前はあまりいませんでしたが、最近では年の差婚で結婚する人も増えてきています。

婚活を行うときに年の差婚で成婚されるカップルもいるので、良い人がいた際に年の差があっても、年の差婚として考えてみることができます。

年の差婚をするメリットとは

年の差婚をするカップルも増えてきていますが、それには年の差婚特有のメリットがあります。

人によっては年の差婚をした方が気が楽であり結婚生活がうまくいきやすくなります。価値観を尊重しやすい

  • 価値観を尊重しやすい
  • 会話に新鮮味がある
  • 人生経験が豊富になる

婚活の年の差婚によるメリットについて紹介します。

価値観を尊重しやすくケンカになりにくい

年の差婚はお互いが価値観を尊重しやすい傾向にあります。

年の差が近いなら「自分の価値観を相手に分かって欲しい」という思いが強くなるため、意見が噛み合わないならケンカをしてしまう原因となります。

しかし、年の差婚であればお互いに年が離れているので「自分と考えが違って当たり前」と価値観を押し付ける考えにならない傾向があります。

年の差婚では年齢が離れていることで相手も自分の価値観を尊重してくれやすく、自分も相手の考えを受け入れやすくなる良いメリットがあります。

そのため、ケンカして関係性が破綻してしまうという悪い結果になりにくいです。

会話に新鮮味があり興味がわきやすい

年の差婚であればお互いに年が離れており、価値観や好きなことについて違いがあるので新鮮味があります。

年の差が10以上も違えば、お互いが知っていることや関心あることは違ってくるので会話をするときに自分が知らないことを話してくれることが多いです。

もし、会話に新鮮味を感じるなら相手に興味がわき、いつでも会話の内容を充実させることができるので、結婚してからもコミュニケーションを取りやすくなります。

同い年や年齢が近い人とは会話の内容や話し方のバランスは異なってくるので、結婚後も会話をしてコミュニケーションを重視するなら年の差婚も良いメリットとなるでしょう。

人生経験が豊富になる

年の差婚であれば、お互いに価値観や考え方に違いがあることが多いので、人生経験が豊富になることもあります。

同い年や年齢が近い人であれば、自分の知っていることや同じような経験をしているため、情報の共有はできても新たな発見とはならないことが多いです。

しかし、年の差婚で年齢が大きく違えば、自分が行いたい対処方法などについて詳しく教えてくれる可能性があります。

これは、年下の方が年上の方から経験を教えてもらえるので「人生経験の点でメリットがある」と思うかもしれません。

しかし、年上の方も年下の方から知らない情報、例えばネット関係のことについて詳しく教えてもらえる可能性もあります。

そのため、人生経験という点で年の差婚は双方にメリットがあります。

年の差婚をするデメリット

年の差婚にはメリットだけでなくデメリットも生じます。

年の差婚によってどのようなデメリットがあるのか内容を確認しておきましょう。

以下のようなデメリットがあります。

  • 将来に対して不安を抱くことがある
  • 相手または自分外見が気になる
  • 周りからの目線が気になる

順に解説していきましょう。

将来に対して不安を抱くことがある

年の差婚を行うと将来に対して不安を感じることもあります。

年齢差が離れていると相手の方が先に健康に問題が生じやすくなること、また体が衰えてくることになるからです。

例えば、相手が自分よりも年齢が10歳以上の歳の差があるなら、年齢によって自分は体が健康的で元気があっても、相手は更年期障害などで悩んでしまうことになります。

相手が年齢で生じる老化現象を自分は思うように理解できないこともあり、相手と温度差を感じてしまうこともあります。

年の差婚になれば自分か相手は相手の老化を目の当たりするので、将来的に介護や生活スタイルに関して不安を抱きやすくなります。

相手または自分の外見が気になってしまう

年の差婚になると自分と相手の外見も気になることがあります。

例えば、自分が20代で10歳以上相手が年上であれば、相手は30代になります。

20代と30代では外見に違いが生じてしまい、年の差が大きくなればなるほど外見の差は顕著に現れることになります。

自分が若くても相手が年齢的に老けて見えてしまう、または相手が若くて自分が老けて見えるなら、相手または自分の外見に関してコンプレックスを抱いてしまうこともあります。

年の差にあまり大きな変化がないなら気にならない部分でも、年の差が大きくなれば気になってしまうこともあります。

周りからの目線も気にしてしまう

年の差婚となると自分と相手の年の差が大きいので、周りの人の視線が気になることもあります。

周りは年の差婚となれば不可思議に思われることがあり、周りの視線が気になればストレスになることもあります。

年の差が離れていることによって、夫婦には見えず親子に関係に間違われてしまうこともあるかもしれません。

自分たちは普通に生活がしたくても、周りの視線が気になることで生活がやりにくいことになることもあります。

年の差婚は最近増えてきていますが、カップル数としては少ないため、周りの視線が気になってしまう人はストレスが大きな負担になるかもしれません。

歳の差婚成功させるためには

年の差婚を成功させるためには以下のポイントを知っておくことが大事です。

ポイントとしては

  • 相手との世代による違いを楽しむ
  • 年齢よりも中身を重視する
  • 相手を尊敬する

という点です。

順に解説していきます。

相手との世代による違いを楽しむ

年の差婚になれば相手との世代によるギャップも感じることでしょう。

世代によるギャップがあると、話が噛み合わないなどでイライラしてしまう人もいますが、世代による違いを楽しむことができれば年の差婚も問題が少なくなります。

相手の世代による話で「そういう風な時代になっているのか」「以前はそんなこともあったんだ」など違う価値観や出来事などを聞いて、楽しめるなら精神的なストレスもありません。

相手と会話したときに新しい発見として、楽しむことが年の差婚では大事なポイントになるため、自分が知らない話に興味を抱けるのか考えてみることができます。

年齢よりも中身を重視する

年の差婚をするなら、外見は年の差によって大きな差が生じてしまうことになります。

しかし、外見ではなく中身を重視している人であれば、外見を気にせずに一緒に生活をして楽しく過ごすことができます。

今では美容技術も発達しているので、実際の年齢よりも若く見せることも可能です。

しかし、美容やコスメ、服装などで若く見せるようにして外見を重視するなら、年の差婚で長く夫婦としてやっていくことは難しく感じてしまうこともあります。

そのため、外見ではなく性格や考え方、思考など相手の内面に惹かれていることが重要です。

外見と違い、内面は変化することがあまりないので年の差婚であっても問題はありません。
https://mitukarukana.com/katikan-keltukon-soudanjo-konkatu/

相手を尊敬する

年の差婚を成功させるためには相手を尊敬することも大事になります。

相手の価値観や性格など何でも良いので長所を見るようにすることで、相手を尊敬することができるようになります。

結婚生活で相手を尊敬できるようになれば、学ぶ意欲や凄さを実感することができるため、年の差が大きくても、相手に嫌悪感を抱くことはなくなるからです

結婚をすると相手の悪い部分ばかり見てしまうようになり、そこから相手に対して冷めた目で見るようになってしまうこともあります。

しかし、そうなると結婚生活が窮屈になってしまうので、相手の関心する部分やすごいと思う部分を結婚前に見つけるようにしておくのも良い方法です。

年の差婚を成功させるなら結婚相談所の利用もおすすめ

年の差婚を成功させたいなら結婚相談所の利用をしてみることも良い方法です。

結婚相談所を利用するなら、年の差婚で相手を選ぶときにメリットを得ることができます。

以下のようなメリットを得ることが可能です。

  • アドバイザーがサポート
  • 価値観の合う人を指してくれる

アドバイザーがサポート

結婚相談所を利用するならアドバイザーがサポートしてくれます。

結婚相談所では会員1人1人につき、婚活についてアドバイザーがアドバイスをしてくれるため、自分の悩みをアドバイザーに聞いてもらうことが可能です。

年の差のある人とお見合いや交際をしているときも、アドバイザーが行動の仕方やアプローチの方法をアドバイスしてくれるなら、自分に自信を持つことも可能です。

年の差婚を考えると、不安な部分も大きくなるため、結婚相談所のアドバイザーを利用できるのは大きなメリットになるでしょう。

価値観の合う人を探してくれる

結婚相談所は価値観の合う人や性格を探してくれます。

もし、年齢にこだわりがないなら、カウンセリングの内容や婚活の質問などの情報を元に、アドバイザーが自分に合いそうな方をお見合い相手として紹介してくれます。

もし、年の差があっても価値観が同じような人を結婚の条件としているなら、結婚相談所を利用した方が良い相手が見つかり婚活が進む可能性が高いです。

価値観の合う人を効率よく見つけるためには、結婚相談所を利用した方がおすすめです。

年の差婚をしている人も結婚相談所の出会いがきっかけになっている人はいるため、利用を考えることができます。

年の差を気にせずに婚活を行おう

年の差婚をしている夫婦は増えてきているため、年の差を気にせずに婚活を行うのも良い方法です。

もし、年の差婚でも問題に感じないのであれば結婚相談所で自分の価値観や性格に合う人を探すのもおすすめです。

特に、結婚相談所を利用して婚活をするならパートナーエージェントを利用してみるのもいいでしょう。

パートナーエージェントは価値観診断などで価値観を重視したマッチングをしているので、自分の理想の人に出会いやすいです。

年の差婚でも成功している人は多いので、ぜひ良い相手を探せるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました