スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活で女性が年上はどうなの?結婚を考えているなら年齢は気にすべきなのか?

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

婚活をする際は年齢を重視する方もおられるでしょう。

婚活は考え方や外見、また将来の目的などがあるはずですが、年齢は婚活の目的を判断するための1つの物差しとすることができるからです。

今では、年齢でも女性が年上で男性が年下という夫婦も増えています。

そのため、婚活でも年上の女性を条件に婚活している方もいます。

ただ「年上の女性は結婚相手としてどうなのか?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

内容について徹底解説していきましょう。

婚活で年上の女性がいいメリットとは

婚活をするときに年上の女性に絞ることもできますが、それにはメリットもあります。

婚活で年上の女性と結婚を前提としたお付き合いができればどのような点を期待できるのか以下をご覧ください。

  • 包容力が期待できる
  • 変に責任感を感じる必要もない
  • 話題が豊富で楽しい
  • 自分磨きをサポートしてくれることも

解説していきましょう。

包容力が期待できる

年上の女性であれば包容力があることを期待できます。

自分よりも年上の女性は、自分の話を聞いてくれたり、自分が少しミスをした時も励ましてくれたりする傾向があります。

包容力があることで、相手と一緒にいることにリラックスを感じることができ、変なストレスを感じずに済みやすいです。

包容力を重視して自分のことを包み込んでくれるような人を婚活の相手に求めるなら、年上の女性とお見合いしてみることもおすすめです。

変に責任感を感じる必要もない

年上の女性であれば変な責任感を感じて、自分にプレッシャーをかけることも少なくなるかもしれません。

婚活の相手が年下であれば「自分がリードしなくてはいけない」「物事を計画しなくてはならない」と感じやすいです。

ただ、そのようにプレッシャーを感じてしまうと、付き合うだけで苦しくなってしまい婚活での交際が上手くいかない結果になってしまいやすいです。

しかし、年上の女性であれば相手にリードしてもらえる機会もあり「自分が引っ張っていく」という、自分に与えるプレッシャーも軽減しやすくなります

交際で変にストレスやプレッシャーをかけてしまう人は、婚活で年上の方を条件にすると婚活が成功しやすくなるかもしれません。

話題が豊富で楽しい

年上の女性と付き合うなら話題が豊富で楽しいことも予測できます。

年上の女性はいろいろな知識や経験もあるため、自分の知らないことを話してくれるからです。

また、女性は会話を積極的に行ってくれる傾向もあるため、会話をリードして楽しくコミュニケーションができることも予想できます。

話があまり得意ではない人や話題を上手く作ることができない男性などは、年上の女性にある程度会話を任せておき、聞き役に徹することで良い雰囲気を作れます。

人の話を聞くのは好きな方は年上の女を婚活の条件としておくのもおすすめです。

自分磨きをサポートしてくれることも

年上の女性であれば自分磨きに関してもサポートしてもらえることがあります。

年上の女性はいろいろな世話をしてくれる傾向があり、自分の悪い点に関しての改善点を提案してくれます。

提案するだけでなく、自分のために行動してくれることも多いため、例えば、おしゃれにあまり自信がない人もおしゃれになるように行動してくれます。

自分に合うファッションや髪型を提案して、おしゃれになった男性も多くいます。

自分磨きを行うときに自分1人では上手くいかなくても、彼女にサポートしてもらうことで改善できることもあるため、自分を成長させてくれる点でもメリットとなるでしょう。

婚活で年上の女性のデメリットとは

年上女性を条件にするなら、自分の期待していた価値観や性格で婚活がスムーズに行く可能性が高いです。

ただ、年上の女性を婚活の条件とするとデメリットも生じる可能性があります。

  • 外見が気になることも
  • 主導権が握られることもある
  • 年齢に関しては気を使うことも

という点です。

それぞれのデメリットについて解説していきましょう。

婚活の際に年の差婚は問題ない?ポイントを押さえて年齢の壁を乗り越えよう!
婚活をしていると年の差婚になることもありますが、その場合はポイントを押さえておくことが大事です。年の差婚になると同世代の人とは違うメリットやデメリットもあるため、それらの点を知っておくことで年の差婚であっても成功することが可能です。年の差婚の内容について紹介していきます。

外見が気になることも

婚活で年上の女性を条件にするなら、外見が気になることもあるかもしれません。

年の差や自分の年齢にもよりますが、自分より年上なので外見で気になる部分が出てしまい、交際やお見合いの相手として承諾することを迷うことも人によってはあります。

性格や価値観などを重視していても自分の中で外見の基準があり、その設定を高くしているなら、婚活が思うようにいかないこともあります。

ただ、外見を重視し過ぎてしまと、自分の求めている性格の女性に出会うことも難しくなるため、その点での判断基準に難しさを感じてしまうかもしれません。

主導権が握られてしまう

年上の女性は責任感が強い傾向があります。

そのため、年上の女性によっては主導権を握られてしまい、自分の意見が通りにくくストレスを感じてしまうこともあります。

相手女性も自分が年上なので「私が何とかしなくてはいけない」と責任感からリードしてくれることもあるでしょう。

ただ、男性としてリードしたい部分も持っているなら、相手にずっと主導権を握られてしまうと気持ちが落ち込んでしまうこともあります。

年上女性の性格にもよりますが、リードされるのをあまり好まないなら婚活相手として厳しくなることもあります。

年齢に関しては気を使うことも

相手が年上女性であれば年齢的に気を使ってしまうこともあります。

年上の方であれば体力が自分とは違うこともありますし、何気ない一言で過剰に反応してしまうこともあります。

特に年齢に関しての一言は過剰に反応することもあり、注意しないと落ち込ませたりイライラさせたりしてしまう可能性も高いです。

年上の女性の場合はサバサバしているイメージを持っている男性も多いかもしれず、何でも気兼ねなく話すことがあるかもしれません。

しかし、何でも受け止めてくれるわけではなく、年齢に関しては年上ということもあって過敏になっていることもあります。

年齢に関しては気を使って接するようにしましょう。

年上女性とうまく付き合うには

婚活などで年上の女性と付き合うことになれば、相手のことを考えて行動する必要があります。

付き合い方にもいろいろありますが、特に以下のポイントを知って婚活の交際を行うのがおすすめです。

  • 相手のことを気遣いながら接する
  • 頼り過ぎずに自分でできることは行う
  • ケンカをすれば自分から謝る

それぞれの内容について紹介していきましょう。

相手のことを気遣いなら接する

年上の女性だと気兼ねなく接することができますが、しっかり相手への気遣いも忘れないようにすべきです。

自分はいろいろと相手から気遣いを受けていても、自分が何もしないなら女性側からはイライラや不満が出てくることになります。

例えば、デート中に女性が疲れているのに、気付かず自分のことを優先的に行うなら、不満が溜まって交際を切られてしまうこともあります。

年上の女性でも体や気持ちの部分に気遣いをすることを忘れないようにせず、相手に甘えないようにしましょう。

頼りすぎずに自分でできることは行う

年上女性と婚活で知り合い交際をするときは、相手に頼りすぎないようにすることも大事です。

相手に頼りすぎてしまうと負担をかけてしまうことになるため、ストレスがかかってくることが予想できます。

年上の女性であれば「世話をしてあげたい」「要求を叶えてあげたい」という思いも強い傾向があるので、自分も甘えてしまうことがありますが、自分で責任を持つことも必要です。

例えば、デートのときにレストランを自分で予約して決める、相手からお金を借りることはしないなど、大事な点はしっかり押さえておくことが大事です。

お互いに無理をせずにサポートし合うことができるなら良い関係を築くことができ、婚活も成功しやすくなります。

ケンカをすれば自分から謝る

年上の女性は包容力がある傾向にあるとは言え、些細なことでケンカに発展してしまうこともあるでしょう。

もし、ケンカに発展してしまったなら自分から謝ることが大事です。

ケンカをして相手から謝ってくることを待ってしまうなら、解決するまでに時間がかかることもあり、最悪破局してしまう可能性もあります。

年上の女性とは言え、ケンカをしてしまうと直ぐに謝るとは限らないので、できるだけ早く自分から謝ることが得策です。

自分から謝ることで相手も機嫌を直してくれて良い交際を行うことができるでしょう。

結婚相談所を利用していい相手を見つけよ

婚活をして相手を探している人は年上の女性も含めてみることができます。

年上の女性であれば自分の条件となる包容力や自立している点などが期待できるため、交際や成婚もスムーズに進められる可能性があるからです。

もし結婚相談所を活用するなら上記のようなパートナーエージェントを利用することができます。

パートナーエージェントは価値観診断なので、自分の考え方や条件にマッチする人と出会いやすいからです。

年上女性の方とも出会えるので利用を検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました