スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際のときに「頼りない」と思われる原因とは?自分に自信を持てるようにしよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

交際をしているなら相手に「良い印象を持ってもらいたい」と思うでしょう。

交際をしている相手に自分の良い印象が残るなら、もっと好きになってもらえることが期待でき、順調に良い関係を継続していくことができます。

ただ、何かでミスをしたり、うまく対応できなかったりするなら「頼りない」と思われてしまうこともあります。

特に、男性の場合は「頼りない」と感じらるのは、すごく残念な気持ちになるでしょう。

交際で「頼りない」と思われる原因や対処法について紹介しましょう。

交際で男性が「頼りない」と思われる原因とは?

交際している男性は女性から「頼られている」と感じたいでしょう。

しかし、自分の言動により相手から「頼りない」と思われてしまうこともあります。

どのような点で相手に「頼りない」と思われるのか以下の点があります。

  • 自分で決定ができない
  • 話を聞いていないことが多い
  • 言い訳ばかりする
  • ルーズなところが多い
  • 仕事にやる気が出ない
  • 直ぐに機嫌が悪くなる

それぞれの内容を解説していきましょう。

自分で決定ができない

自分で決定をすることが難しく感じる人もいるでしょう。

交際をしていると、いろいろな決定を行うことがありますが、例えば食事をする場所やデートを行う場所などで決定することがあります。

もし、何かを決定するときに自分で決めることができずに、彼女に決めてもらうなら相手は「頼りない」と思ってしまうこともあります。

彼女としては「彼氏に決定して欲しい」と思うことが多いので、何でも自分で決定してしまうとなると「頼りになる人なのかな?」と疑問を感じられることがあります。

もちろん、全てのことを男性が決定しなくてはいけないということではないですが、何でも決定に彼女に任せてしまうと、彼女としては負担が大きくなってしまいます。

デートのときに「何でもいいよ」「どこに行きたいの?」と彼女に全て決定を任せるような言い方をしているなら注意しましょう。

話を聞いていないことが多い

話を聞いていないことが多いなら、彼女から「頼りない」と思われてしまうことがあります。

自分の話を聞かずに、いつも聞き流されているなら「自分の気持ちを分かってもらえない」と感じて信用してもらうことができないからです。

女性は会話をするときに共感したもらうこと、話を覚えてくれていることで相手への信頼度が上がることが多いです。

そのため、話を覚えていないことや聞いていないことが多いなら、彼氏として不満を感じてしまいます。

彼女が「話をしても意味がない」「頼りない」と感じることが強いと、自分に頼ることは無くなり、関係性に大きな溝を作ってしまうこともあります。

言い訳ばかりする

言い訳ばかりするなら彼女から「頼りない」と感じられてしまいます。

例えば、デートの約束に遅れたときに「道が渋滞してて」「服が見つからなくて」など、言い訳に聞こえるようなことばかり言うなら、彼女は疑問を感じることが増えるでしょう。

言い訳は聞いていても良い気分に感じることはなく、相手が責任逃れをしているように感じます。

男性が責任逃れをする印象が付いてしまうと、彼女としては「大事なときに責任を取ってくれないのではないのでは?」「結婚すると大変なことになりそう」と考えてしまいます。

女性は「男性に責任を持って行動して欲しい」という思いを強く持っています。

そのため、責任逃れに聞こえる言い訳は、彼女から「頼りない」と感じられてしまうでしょう。

ルーズなところが多い

ルーズなところが多いと彼女から「頼りない」と感じられることがあります。

ルーズな部分は例えば、待ち合わせの際に遅刻を平気でいつもしてくること、いつも大事な持ち物を忘れてしまうことなどです。

ルーズな部分は自分の性格にも関係がありますが、彼女がいつも待ち合わせで遅れてくることに怒っていたり、食事の予約を忘れていることでイライラしていたりするなら、気持ちが離れていくこともあります。

ルーズな部分から価値観や考え方が合わずに彼女から悪い印象を受けてしまうなら、どんなことをするにしても「頼りない」と思われて信用を無くしてしまいます。

自分で分かっているルーズな部分で彼女がイライラしているようなら、できるだけ改善するように努力をしましょう。

仕事にやる気がない

仕事にやる気を持っていないようであれば、彼女から「頼りない」と思われてしまうこともあります。

仕事は生活を支える点でも大事なことであり、仕事にやる気を持っているなら、彼女も「結婚後も安定して生活できる」とある程度の信頼を寄せてくれます。

しかし、仕事にやる気がなく直ぐに仕事辞めてしまうようであれば彼女としても「将来のことを考えているのかな?」と不安を感じてしまいます。

仕事にやる気がないなら「結婚生活後も自分が養わなくてはいけない」「苦労するかもしれない」と不安を感じて、「頼りない」という思いが生じてしまいます。

仕事に対して「出世してやる」「事業を開いて独立する」など野望を抱く必要はありません。

しかし、仕事をすぐに辞めることやアルバイトばかりの場合は「頼りない」と感じられる可能性が高く、関係性が悪化する可能性もあります。

直ぐに機嫌が悪くなる

直ぐに機嫌が悪くなら彼女から「頼りない」と思われてしまうことがあります。

機嫌はちょっとしたことで悪くなってしまうことがありますが、少しのことで直ぐにイライラしたり怒ったりするなら彼女も対応に困ってしまうため、ストレスを感じやすいです。

例えば、ゲームを一緒にしていて彼女に負けてばかりで不機嫌になってしまうなら、楽しい目的で始めたゲームも彼女にとっては気疲れすることになります。

自分の思い通りにならない度に機嫌が悪くなるなら「これは大丈夫かな?」と自分の顔色ばかりを伺い、彼女と良い関係を築くことができません。

また、直ぐに機嫌が悪くなるなら相談したいことや悩みも打ち明けにくい雰囲気を作ってしまい、頼りたくても頼れない関係になってしまう可能性があります。

頼りない男性は婚活に向かない

頼りないと女性に思われてしまうと、男性は婚活をスムーズに進めることが難しくなります。

なぜ、頼りない男性が婚活に向かないのかと言うと以下の理由があるからです。

  • 女性は頼りになる人に惹かれる
  • 頼りないと結婚生活が苦労することを考える

それぞれ解説していきましょう。

女性は頼りになる人に惹かれる

婚活をしているなら、女性は「頼りになる人に惹かれる」ことを覚えておきましょう。

婚活している女性は男性に頼りにする部分が多いです。

例えば、仕事の収入や生活のビジョン、また保険や家の購入など、いろいろな点で決断することや将来設計について頼りにしています。

そのため、婚活のお見合いや交際を始めたときに、どんな仕事しているのか、どのような考え方や決定の仕方を行うのか観察していることがあります。

もし、仕事に対しての目的や趣味がなく、会話でうまく質問に返せない反応をするなら、女性は「頼りにならない」と感じて、婚活対象として外されることがあります。

男性で結婚願望があっても「頼りになる」と言う印象を持ってもらいにくい人は婚活がスムーズにいかないことがあります。

頼りないと結婚生活が苦労することを考える

女性は婚活で結婚生活のことを考えます。

結婚生活ではできるだけ安定した状況を理想とするため、頼りになる男性を婚活で対象とします。

頼りになる点は人によって違いますが、仕事を持っていることはもちろん、いつも冷静な態度を持っていることや論理的な思考を持っているかという点をチェックする人もいます。

もし、性格や考え方で頼りない男性と思われるなら、仕事や生活ビジョンの点で不安を感じてしまい、結婚生活が苦労することを想像するので、婚活対象から外れてしまうこともあります。

そのため、男性はお見合いなどで「頼りない」と相手女性から思われてしまうと、上手くマッチングや交際がうまくいかないことが多いです。

男性が「頼りない」から信頼を得るためには

男性は「頼りない」と思われると婚活も難しく、何より交際をしても相手から信頼を得てもらいにくくなります。

そのため、「頼りない」という状態から自分を脱却するように努力する必要があるでしょう。

信頼を得るためには以下のようなことが行えます。

  • 苦手なことを克服する
  • 自分の非を認める
  • 活気を出すよう努力する

それぞれ解説していきましょう。

苦手なことを克服する

苦手なことを克服するようにできます。

人によって得意なことや苦手なことはありますが、苦手なことから逃げてばかりだと、彼女からは「また逃げている」と思われて「頼りない」と思われます。

しかし、自分が苦手なことでも克服するように努力するなら、彼女からも感心されて「頼ってみようかな」と思ってもらうことも期待できます。

例えば、自分で段取りを考えて計画することが苦手で、いつも彼女にデートの計画を任せているなら、彼女は計画という点で信頼はしていません。

しかし、「今回は自分が計画する」と話して食事の場所やデートの場所を決めるなら、彼女も見直すはずです。

苦手なことにチャレンジするところを見せるなら、彼女からも信頼を得ることができ「頼りない」という印象から脱却することができるでしょう。

自分の非を認める

自分非を認めることも頼りにされるためには必要なことです。

自分の間違いによってデートがうまくいかなくても、間違いを認めず「自分には非がない」と言う思いでずっと相手と接するなら、相手は呆れて「頼りない」と言う思いをずっと抱いてしまうことになるでしょう。

デートや付き合っているときに自分が何かをミスしたとき、プライドもあって間違いを認めにくいこともあるかもしれません。

しかし、間違いをしっかり認めた方が次の改善につなげやすく、彼女も悪い気はしないので信頼を無くす事はないはずです。

自分の間違いを頑なに認め無い方が関係性は悪くなってしまうので、彼女から指摘されて道理にかなっているようなら、非を認めるようにしましょう。

活気を出すよう努力する

交際しているときに活気を出すように努力することも必要です。

何事もやる気がなく、全てを彼女任せにしているなら、彼女側も「この人で大丈夫なのかな?」と心配になります。

やる気がない状態が続き、彼女がデートや連絡なども「適当だ」感じるなら、「この人は頼りない」と思い、交際を続けることに疑問を感じるようになる可能性もあります

そのため、彼女と接するときだけでも彼女に活気があることを見せることが大事です。

デートの際にたまにサプライズすることやデート場所を変えて遠出に行くなど、デートの質を上げるだけで好感度も信頼度も違ってきます。

いつも大掛かりなデートを計画する必要はありませんが、彼女に「自分はやる気ない」と思われないように行動することが大事です。

結婚できるように頼りになる男性を目指す

交際して結婚を考えるなら、彼女から頼りになる人と思われることが大事です。

「頼りにならない」と思われると結婚相手として見てもらうことができず、結婚することができないこともあります。

そのため、彼女からの信頼を得るため、自分の悪い部分はしっかり改善し、相手に安心してもらえるように行動することがポイントです。

「頼りになる人」という印象は交際のときに大事な要素なので、頼りになる人と見てもらうことができるように考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました