スポンサーリンク

スポンサーリンク

お見合いの表情はどうすべきか?相手に良い印象を得てもらえるようにしよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

お見合いするときは「相手に良い印象を持って欲しい」と感じるでしょう。

お見合いで相手に良い印象を感じてもらうことができたなら、お付き合いできる可能性が高まり、婚活の進展が進みやすくなります。

相手に良い印象を持ってもらう方法はいろいろありますが、その中の1つに表情があります。

表情は外見と同じく自分の印象を強く残すことができるため、注意しておく必要があります。

お見合いの際にどのような表情をすることができるのか内容を紹介します。

お見合いの表情が大事な理由とは


お見合いの際は会話が重視されますが、会話と同じくらい表情も重要です。

なぜ、お見合いに表情が重要視されているかというと以下のような理由があるからです。

  • 表情によりお見合いの感触が分かる
  • 会話が弾んでいることを確認できる
  • 会話で踏み込むべき内容か判断できる
  • 自分と相性が良いのか判断できる

それぞれ解説していきましょう。

表情によりお見合いの感触が分かる

表情を見ることでお見合いが上手くいっているのか、それとも少し難しい状況となっているのか判断できます。

お見合いをしていて会話が弾んでおり、自分は「楽しい」と感じていて相手の表情を見たときに、相手も笑顔や楽しい表情をしているなら双方共に会話が噛み合っていることがわかります。

会話で笑顔の表情が多いなら「お見合いの感触は良い」と判断できるので、お付き合いにつなげることができる自信を持つことができます。

しかし、お見合いをしていても相手の笑顔が少なく、困っているような表情をしていることが多いなら「あまり感触は良くない」と判断します。

相手も自分の表情を確認するので、自分がどんな表情になっているのかにより、相手のお見合いのモチベーションも変わってきます。

そのため、表情はお見合いでとても大事なポイントと言えるでしょう。

会話が弾んでいることを確認できる

表情を確認することで、お見合いの会話が弾んでいるのか確認することができます。

お見合いをしていて相手が笑顔ではなく、少し固まった表情や戸惑っているような表情をしているのであれば会話の内容が相手に合っていないことが分かります。

もし、表情が緊張気味であれば、何かユーモアを交えて会話をすることで会話が盛り上がる糸口を掴むことができます。

また、自分が会話を独占して自分の話ばかりしているなら、相手はつまらなそうな表情をしていることもあります。

そのようなときは、相手に質問をして会話を振ることで、相手の表情を明るくさせることもできます。

相手の表情を確認することで会話の内容を変更することができるので、表情を見ることはお見合いで大事なポイントと言えます。

会話で踏み込むべき内容か判断できる

表情を確認することで会話で踏み込むべきか判断することができます。

初めてのお見合いの際はあまり踏み込んだ会話をしませんが、会話の盛り上がり方によっては少々踏み込んだ会話を行うことも可能です。

ただ、踏み込み過ぎると相手は嫌な印象を受けてしまうので、その際に表情を確認しながら探りを入れることもできます。

少しプライベートな質問をしたときに相手が笑顔で話してくれるなら、特に嫌悪感を抱かずに会話してくれているので、さらに会話を広げて話すことができると判断できます。

しかし、相手が嫌そうな表情を見せたときは、会話を止めて違う話題に変えることも大事です。

その時に踏み込んで会話すると、相手は自分に対して不快な印象が根付いてしまい、お見合いは失敗に終わる可能性が高くなります。

自分と相性がいいのか判断できる

相手の表情をみることで自分と相性が良いのか確認することも可能です。

お見合いの際に自分が楽しく話しているときに相手も笑顔で楽しそうであり、相手が楽しく話しているときに自分も笑顔であるなら、話が合うので相性が良いことが分かります。

もし、自分が話しているときに相手がつまらなそうな表情をしていることが多いなら、相性が合わない可能性もあります。

婚活でお見合いしているなら、自分と相性が良いのか確認することは大事であり、相手の表情を見ることである程度判断することが可能です。

相性が悪いようだと、たとえお付き合いすることになっても関係性がうまくいかずに、別れてしまうこともあります。

お見合いの際は自分のポイントとずれていないか確認しながら、相性を見極めるようにしましょう。

お見合いの際はどんな表情がいいのか

お見合いの際は相手の表情を確認することも大事ですが、同時に自分の表情にも注意しておく必要があります。

お見合いの際は以下の表情を心がけておくことが大事です。

  • 笑顔を心がける
  • 真剣な表情も大事

それぞれ解説していきましょう。

笑顔を心がける

お見合いのときには笑顔を心がける必要があります。

自分が話をしている時に相手が笑顔で聞いてくれているなら安心感を感じるはずです。

もし、表情に変化がなく真顔でいることが多いなら、相手は会話終わり続ける自信がなくなってきて、口数が減ってしまうことになります。

お見合いで会話が無くなってしまうと、相手のことをとを理解することができないので、お付き合いに発展することは限りなく0%に近いです。

そのため、相手が気持ちよく会話してもらうようにするため、できるだけ笑顔で接することが大事です。

笑顔で相手の話や自分の話をするなら、相手も変なプレッシャーを感じることなく、会話を続けることができるでしょう。

婚活の際の身だしなみのポイントとは?服装などは印象に関わるのでポイントを押さえよう
婚活をするときには身だしなみを整えておくことも大事です。身だしなみを整えることで相手に良い印象を抱いてもらうことができ、婚活が成功しやすくなります。婚活の際の見だしなみのポイントには何があるのか内容を紹介していきましょう。

真剣な表情も大事

お見合いの表情は笑顔だけではなく真剣な表情をすることも大事です。

相手が真剣な質問や会話をしているときに、自分が笑顔で聞いているなら相手は「真剣にお見合いをしていないのか?」と疑問を感じます。

お見合いのときは確かに笑顔で接することは大事ですが、相手が「どんな結婚生活を望んでいますか?」など、真剣な表情で質問してくるなら、自分の表情を引き締めることは大事です。

真剣な質問に表情も引き締めて応答するなら、相手も好印象を抱いてくれます。

会話の内容を確認しながら自分が笑顔でいるべきか真剣な表情とすべきか、しっかり見極めるようにしましょう。

お見合いNGの表情に注意しよう

お見合いの際にはNGとなる表情に注意する必要があります。

お見合いのときに相手に不快となる表情を行うなら、お見合いが成功する確率はかなり低くなります。

お見合いのときには以下のような表情に注意しておきましょう。

  • 無表情で会話する
  • 怒ったような表情をする
  • 不自然な笑顔

それぞれ解説していきます。

無表情で会話する

無表情で会話をすることはやめておくようにすべきです。

無表情で会話をすると相手は「会話が良くないのかな?」と会話をすることに不安を感じてしまうからです。

無表情のままだと相手も会話をする自信が無くなってくるので、何か反応を示した表情を行うことが大事です。

表情を変えることが難しく、真顔で会話をすることが普通になっている人もいるかもしれません。

もちろん、無理に笑顔などの表情を作る必要はありませんが、無表情だと相手に無言のプレッシャーを与えることになるため、できるだけ変化を付けるように心がけてください。

怒ったような表情をする

お見合いのときに怒ったような表情をすることも避けておきましょう。

会話をしている際に相手から少し気に触る言葉や失礼な言い方をされたとします。

相手が悪意を持って気に触る言い方をしているなら怒ることも大事ですが、悪気なく出てしまった場合に過度に反応して怒ってしまうと、相手は萎縮してしまいます。

お見合いで怒ってしまうと会話を続けることは難しく、気まずい空気になりお見合いどころでは無くなることもあります。

男女間では価値観の違いもあるので、少し気になる言い方やイラっとする言葉を聞くこともあるかもしれません。

しかし、悪気が無いなら聞き流して、相手のことを知るために会話を続けられる雰囲気にすることが大事です。

怒った表情を作らないように注意しましょう。

不自然な笑顔

お見合いでは笑顔を作ることが大事ですが、不自然な笑顔は避けることが大事です。

笑顔が不自然になってしまうと相手は「無理をしてくれているのかな?」と思い、会話をすることが消極的になってしまうこともあります。

笑顔を見せることは、相手にとってリラックスさせることや会話を続けられるきっかけになりますが、不自然だと逆効果になってしまいます。

笑顔は嬉しいときやおもしろいときに、少しニコッと自然に出るような表情が最適です。

もし、あまり表情が出ず普段から笑顔があまりできない人は、自分が嬉しいときに口元を広げるようにして笑顔が出せるように練習しておくのもおすすめです。

お見合いは良い表情を心がけよう

お見合いをする際は良い表情を心がけることが大事です。

表情1つで相手とのコミュニケーションがスムーズになったり、良い雰囲気を作り出すことができたりするので、表情には気を配っておきましょう。

もし、笑顔などの表情が気になるようなら結婚相談所のアドバイザーを頼るのも良い方法です。

アドバイザーはどのように自然な笑顔を行えるのかアドバイスをしてくれます。

表情に自信がない人は良い表情が作れるように努力しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました