スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際中の連絡頻度はどうすべき?相手のことを考えてやり取りを行うようにしよう

婚活
スポンサーリンク

交際をしているならいつでも「会いたいな」と思うことがあります。

相手の連絡先を知っているなら、電話やメールをして話をしたりやりと取りをしたりして、交際相手とコミュニケーションを取りたいはずです。

しかし「交際中連絡はたくさん行っても大丈夫なの?」と疑問を感じることもあるでしょう。

お互いに好意があるとは言え、交際中の連絡頻度は多ければ良いというわけではありません。

相手との連絡の取り合いはどうすればいいのか解説していきましょう。

交際中の連絡頻度は多い方が良い?少ない方が良い?

交際中の連絡頻度が多い方が良いのか少ない方が良いのか迷ってしまう人もいるでしょう。

交際中の連絡頻度は以下の点を重視することが大事です。

  • 連絡が多いと相手はストレスを感じる
  • 連絡が少ないと不安を感じる

それぞれの内容を解説していきましょう。

連絡が多いと相手はストレスを感じる

交際しているなら、相手とたくさん連絡をしてコミュニケーションを取りたい人もいるでしょう。

しかし、過剰に連絡を多く入れると相手はストレスを感じてしまい、自分と付き合うことに対して大きな負担を抱きます。

交際しているときに連絡が多いと、その都度相手に返信しなくてはいけないので自分の時間が削られてしまうからです。

交際している時の時間は大事ですが、それ以外にも自分のプライベートな時間や仕事、勉強など、他にも必要な時間はたくさんあります。

そのため、交際している時に連絡頻度が多いと、相手にとっては交際を続ける自信がなくなることもあります。

連絡が少ないと不安を感じる

交際を始めたときに連絡が少ないのも問題があります。

交際を始めてメールや電話の連絡頻度が少ないなら、相手は「私のこと本当に好きなの?」と不安を感じてしまうからです。

特に交際を始めた当初は相手も連絡をして「コミュニケーションを取りたい」と思っています。

その状況で自分が連絡をあまりしないなら相手との温度差が大きくなり、関係性が悪くなってしまうこともあります。

そのため、連絡が少ないなら相手は不安を感じてしまい、お付き合いに支障が出ることもあるため注意しておきましょう。

交際中の相手と連絡するときのポイント

交際をしているときは連絡をすることは大事なポイントです。

ただ、適当に連絡をしていては相手に自分の気持ちを伝えられず、好印象も与えられません。

そのため以下のポイントを押さえておくことがおすすめです。

  • お礼や感謝を伝える
  • 1日に1回は連絡をしておく
  • 自分だけでなく相手にも質問する
  • 気遣いも示す

それぞれ解説していきましょう。

お礼や感謝を伝える

恋際相手に連絡をするときはお礼や感謝を伝えることを意識すべきです。

例えば、デートをしたときに食事を奢ってもらったりプレゼントをもらったりしたなら、その事について電話やメールで連絡することができます。

電話やメールでお礼を伝えるなら相手も自分にとって好印象を抱き、次回のデートの約束も行いやすいです。

普通の会話をすることも大事ですが、何でも自分にしてくれたことへのお礼を伝えるなら、悪い気分になることはありません。

直接お礼を伝えることが難しい人でも、メールやLINEであればお礼を伝えることができるので活用しましょう。

1日に1回は連絡をしておく

交際しているなら1日に1回は連絡をすることも大事です。

仕事をしているなら、忙しくて連絡することを忘れてしま人もいるかもしれません。

しかし、連絡をしない日があると相手も不安を感じて、ケンカの原因やすれ違いの発端になることもあります。

そのため、忙しいときはメールやLINEでもいいので、相手に何か連絡を入れておくことがおすすめです。

何か連絡や用事を伝えるのではなく、自分が少し思ったことや感じたことを文章で伝えるだけで十分な効果があります。

少し時間が空いたなら、その数分の時間に電話するだけでも相手は嬉しく感じます。

連絡は絶やさないように心がけておきましょう。

自分だけでなく相手にも質問する

相手に連絡をするときは自分だけでなく相手にも質問することが大事です。

自分の要件や1日の内容を一方的に話しているだけなら、相手は電話でもメールでもしんどくなってしまいます。

毎日相手の話を聞くだけなら、相手も電話やメールに出なくなってしまい、コミュニケーシを取ることが難しくなります。

そのため、自分だけでなく相手のことも「今日何があったの?」など質問することが大事です。

お互いに話をすることができれば、電話やメールをしている時間はお互いに楽しい時間となり、関係性を深めていくことが可能です。

自分だけが満足するような連絡方法ではなく、お互いが楽しめる時間となるように考えましょう。

気遣いも示す

電話やメールでも相手に気遣いを示すことを忘れないようにしましょう。

電話やメールをしているときに、もし交際相手が悩んでいるようなら「何かあったの?」と聞いてみることができます。

電話やメールでも少しの気遣いを示すことで相手は自分への印象が変わり、一気に良い関係生に深まることもあります。

自分だけではなく相手のをことを気遣うことができれば、お互いに連絡を取り合うことは安らぎの時間となり、交際を持続させやすくなります。

少しの変化に気付いたなら、何か質問をして気にかけるようにしてみましょう。

婚活の真剣度を伝えるためには?自分を理解してもらえるように頑張ってステップを繋げよう
婚活で相手に真剣度を伝えるためにはポイントを押さえておく必要があります、また、自分が婚活を真剣にしている人に出会うことも大事です。婚活で真剣度を相手に伝えるポイント、また真剣に婚活するために結婚相談所を利用した方がいい理由などについて徹底的に紹介しましょう。

交際中の連絡で注意しておきたい点

交際中の連絡で注意しておきたい点について確認しておくことも大事です。

どのような点に注意することができるのか以下の点を確認できます。

  • 数分に1回メールやLINEなどで連絡する
  • 長文や長電話が多くなってしまう
  • 言葉使いは丁寧に

それぞれ解説していきましょう。

数分に1回メールやLINEなどで連絡する

数分に1回メールやLINEなどで連絡するのはやめておいた方がいいです。

それは、連絡を入れると、相手はその都度「返信をしなくてはいけない」という思いを持つからです。

返信をする回数が多くなるほど、それだけスマホや携帯に気を取られてしまい、やり取りが面倒に感じてしまいます。

特に数分に1回メールやLINEが来るなら「返信がめんどう」と感じて、交際することへの負担を大きく感じてしまい、関係性が悪くなることもあります。

自分はコミュニケーションのつもりでも、相手が負担に感じると交際の継続は難しくなるので、1日2回など回数は交際相手の負担がかからない程度にしましょう。

長文や長電話が多くなってしまう

長文や長電話となってしまうなら注意しておくことが大事です。

長文のメールやLINEでの連絡は、読むだけでかなりの時間を取られてしまうので、長文メールが続くと負担を感じることもあります。

何か用事があって長文になるのは仕方ありませんが、できるだけ短文にしてメールでのやり取りを行うのがおすすめです。

長電話を行うと交際相手との会話の時間が取れるので意味がありますが、状況によっては負担をかけることになります。

例えば、デートを終えた後に帰宅して長電話をするなら、交際相手は自分の時間を過ごすことができずにストレスとなることもあります。

ずっと仕事などで相手と会うことができていない場合は、長電話をしても問題はないでしょう。

ただ、定期的に会っていて長電話となると、交際合いする相手によっては耐えられない人もいます。

この点は注意して行うようにしましょう。

言葉使いは丁寧に

電話やメールで連絡するときは言葉使いを丁寧にすることも大事です。

ある程度の関係性ができているならフランクな言葉使いでも問題ないですが、交際期間が短いなら丁寧な言葉使いをした方が無難です。

もし、関係性が浅いままでフランクな言葉使いすると、相手は「失礼だな」と自分の印象を悪くしてしまうこともあります。

また、メールやLINEで罵るような言葉や軽い感じに聞こえる言葉使いも、できるだけやめておくのがいいです。

電話やメールは相手の表情が見えず、言葉や文字のみで気持ちを伝えるので、誤解を与えないようにすることが大事です。

言葉使いを注意しておくようにしましょう。

交際中の連絡で相手へ好意を伝えよう

交際中は連絡をして相手へ好意を伝えることが大事です。

ただ、連絡の仕方によって相手は自分への気持ちがプラスになることもあれば、マイナスになることもあります。

そのため、交際中の連絡方法のポイントをしっかり確認して、正しく自分の好意を伝えるようにしましょう。

もし、連絡方法を知りながら婚活をしていきたいなら結婚相談所の利用も検討できます。

交際中の連絡方法で相手も負担やストレスを感じないなら、良い関係性を築いていくことができます。

良い関係を築いていくことができるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました