スポンサーリンク

スポンサーリンク

カフェやレストランのデートで知っておきたいテクニックとは?好印象を残そう!

婚活
スポンサーリンク

婚活で交際をすることができるようになれば、1回目のデートなどはカフェやレストランでデートすることを計画するかもしれません。カフェやレストランのデートであれば雰囲気から相手も落ち着いてデートに集中することができるからです。

ただ、カフェやレストランでデートするときは、相手の高感度を上げることができるように接する必要があります。どのようなテクニックで相手の高感度を上げて婚活がスムーズに行きやすくなるのか内容を紹介しましょう。

男性がカフェやレストランデートで知っておきたいテクニック

男性がカフェやれレストランで食事デートを行うなら知っておくべきテクニックがあります。

テクニックを知っておくなら相手に好印象となり交際を続けていくことができます。

以下の内容を確認しておきましょう。

予約をしておく

レストランやカフェでデートをするときは予約をしておくようにしましょう。レストランでデートをするときに混雑していて時間がかかってしまうと、待つ時間が長くなり女性はテンションが下がってしまうことになります。

デートの雰囲気を悪くしないように、前もって食事することを計画しているなら予約しておくことがおすすめです。

また、お店を予約しておくなら女性は男性に頼もしさを感じることにもなるので、自分の高感度も上がります。

自分が行きつけのお店でデートするなら、空いている時間なども理解してるので予約をせずに行くかもしれません。

しかし、1〜2回目などのデートの場合は、予約をしておくと相手も自分に好印象を与えられるので、どんなお店も予約を忘れないようにしましょう。

女性のエスコートを心がける

レストランの食事デートをするときは女性に気遣いを行うことも心がけておきましょう。レストランで食事をするときに、例えば相手の食事も一緒に注文してあげる、コートなどをかけてあげることなどができます。

レストランデートするときに女性に気遣いを表してエスコートすることを心がけるなら、女性は好印象となるので、高感度が上がります。

レストランやカフェでデートするときは、自分も緊張して気持ちに余裕を持てないこともあるかもしれません。

しかし、できるだけ女性のことも気にかけて気遣いを行動で表せるようにすると良いデートにすることができるでしょう。

最低限のテーブルマナーを意識しておく

男性はレストランやカフェで食事デートをするときはテーブルマナーに注意しておきましょう。テーブルマナーを含めて食事のマナーが悪いと女性は嫌悪感を抱き、評価が大きく下がってしまうからです。

例えば、口でくちゃくちゃと音を立てて食事をすること、食べ物をこぼしながら食事をすることなどです。

最初の食事デートでマナーが悪いと、次回のデートに繋がらず、そのまま別れてしまう可能性もあるので、会話なども大事ですが、食事の仕方も少し気を付けておくようにしましょう。

女性がカフェやレストランデートで知っておきたいテクニック

女性がカフェやレストランデートを行うときに、少しの行動で男性に高感度を持ってもらうことができます。

どのような行動をすることができるのか紹介します。

予約など準備をしてくれているなら感謝を伝える

食事デートをするときは男性側はレストランの予約などをしてくれることもあります。もし、予約をしてくれていれば「ありがとう」などお礼を言うことを忘れないようにしましょう。

「予約やデートの準備することは男性として当然」と言う態度を取っていると、男性は高飛車な雰囲気を感じて評価が下がってしまいます。

逆にデートのために準備してくれたことを感謝するなら、男性は「次回もデートの準備を頑張ろう」という気持ちになりますし高感度も上がります。

少しの些細なことでも感謝を伝えると喜んでくれて、以降のデートの雰囲気も良くなるので心がけておきましょう。

食事など褒める

レストランやカフェデートをしたなら食事を褒めるように心がけましょう。レストランを男性が予約していた場合はしっかりリサーチして選んでくれた可能性があります。

食事をして無言や無表情で食べるよりも「おいしいですね」など食事を褒めるなら男性も嬉しく感じます。

また、レストランで食事や雰囲気を褒めるなら男性も好印象に写るので、デートの雰囲気も良くなり楽しく過ごすことができます。

逆に、レストランの食事に納得がいかずに苦言を述べるなら、男性もがっかりしてしまうことになります。

食事で自分が「良い」と思った点は黙っておかずにしっかりと相手に伝えるようにしましょう。

奢ってもらおうという態度を出さない

食事デートにいくなら男性が食事代を奢ってくれることがあります。ただ、「食事代を必ず男性が奢ってくれる」という態度を出さないことは大事なポイントです。

「男性が奢ってくれる」と思い、財布などを一切出さずに奢ってもらおうという態度を出すなら、男性側からすれば良い印象としては映りません。

レストランの食事で男性が奢ってくれる場合でも、「いくらでしたか?」など支払いをする意思を見せておくと男性は「律儀な人」という好印象を感じてくれます。

相手に良い印象を感じてもらうために、態度には注意しておきましょう。

レストランやカフェのデートで心がけておくこと

レストランやカフェのデートを成功させるためにも心がけておくことがあります。どのようなことを心がけておけば良いのか紹介します。

会話を楽しむ

レストランやカフェでは食事が気になるかもしれませんが、1番は会話を楽しむようにすることです。レストランはおいしい食事や雰囲気から会話を楽しめるようになっています。

会話の切り口も「この料理おいしいですね」など会話の糸口になるものは豊富にあるので、デートで1〜2回目など少ない回数の場合はうってつけの場所です。

食事に気を取られで会話が少なくなってしまうと「デートが楽しい」という印象はなく、ただ食べて終わっただけになるので損になってしまいます。

会話をして少しでもお互いを知り合う、関係が深まるようにしていきましょう。

お互いに無理のないお店を選ぶ

レストランやカフェデートをするときは無理のないお店を選ぶようにしましょう。

レストランのデートだと男性の場合は見栄をはって高いお店を予約すること、女性も高級なお店や静かな雰囲気のあるお店を選ぶことがあります。

しかし、自分の相性に合わないお店を選ぶなら、会話をしにくく感じたり金銭的な余裕を持てなかったりしてデートで楽しい印象は残りません。

そのため、レストランやカフェデートではお互いが会話しやすく、楽しい雰囲気を味わえる場所を選ぶようにしましょう。

その場所であればデートを負担に感じることがないので、事前にお互いでどんな場所が好きなのか確認しておくのもいいでしょう。

婚活しても振られてしまう!自己分析をして振られずに成婚へ向けての活路を開こう
婚活を行なっても振られてしまい、結婚することができずに悩んでいる人もおられるでしょう。婚活で振られてしまう人は原因があるので、その原因の改善を行うことが大事です。また、振られてしまうことが多いなら結婚相談所を利用することもおすすめです。内容を紹介していきます。

婚活でデートを成功させたいなら結婚相談所を利用しよう

婚活でデートを失敗したくないなら結婚相談所を利用することがおすすめです。

結婚相談所を利用するなら成功できるようにアドバイザーがサポートをしてくれます。デートに関してどのようなサポートが期待できるのか確認しましょう。

デートプランを練ってくれる

結婚相談所のアドバイザーは、お見合い相手とデートが決まったときにデートプランを練ってくれます。

デートをあまりしたことがない人やデータプランが得意ではない人なら、アドバイザーに相談してデートでどこの場所がいいのかアドバイスしてもらうことができます。

お見合い後のデートは交際に発展するための重要なプロセスなので、できるだけ好印象につながるプランづくりを行うことが大事です。

レストランの情報もアドバイザーは熟知しているため、良いレストランがどこにあるのか質問してみるのもおすすめです。

相談からデートの改善点などをサポート

アドバイザーに相談することでデートの改善点を指摘してもらうことも期待できます。自分が「良い」と思っているデートの内容相手から見たらそうではないこともあります。

特に、異性であればデートに行きたい場所に違いが生じやすいので、アドバイザーから問題点がないのか確認しておくのが安全です。

デートは場所だけでなく服装や振る舞い方などもポイントになってっきます。

デートに慣れていない人であれば、アドバイザーから改善点、やっておいた方がいいことを教えてもらうことができ準備がでます。

結婚相談所のサポートを利用してデートの成功率を上げるようにしましょう。

結婚相談所はパートナーエージェントがおすすめ

どこの結婚相談所を利用するのか迷っているなら、パートナーエージェントを利用することがおすすめです。

パートナーエージェントは価値観診断に基づいて相手とマッチングすることができ、自分と相性の良い方に出会えるチャンスが高いです。

また、婚活のアドバイザーも親身に相談にのってくれて婚活のアドバイスをしてくれます。デートプランなども一緒に考えてくれて婚活の計画もしてくれるので、婚活がズルズルと先延ばしになることもありません。

婚活をスムーズに進めたい人はパートナーエージェントの利用を考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました