スポンサーリンク

スポンサーリンク

介護士の婚活を成功させるための秘訣とは?上手くアピールして結婚に繋げよう!

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

介護士の方で結婚を考えている方は、婚活することを考えるかもしれません。

年齢も適齢期になれば結婚することを考えますが、自分のタイミングで結婚できるわけではありません。

相手がいない場合は婚活をして相応しい人を探す必要があり、時間がかかってしまうことも考えられます。

特に、職業は婚活するときに相手から確認される事項であり、介護士という仕事によって相手の関心度やアプローチの方法も変わってきます。

介護士が婚活を成功させるためには、どのように行動する必要があるのか紹介しましょう。

介護士の婚活は難しい理由とは?

介護士の婚活は難しいと言われています。

なぜ、介護士の婚活が難しいと言われているのかは、以下のような理由があります。

  • 収入が低い
  • 時間が不規則で決まった時間を確保できない
  • 異性との出会いが難しい

それぞれ紹介しましょう。

収入が低い

介護士の婚活が難しい理由に収入の低さがあります。介護士は収入が低いと言われており、大体300万円ほどと言われています。

年収としては低いという印象は無くても「結婚する際に年収は400万円ほど欲しい」という条件にしている女性が多いので、男性介護士の場合は収入面から交際を断られる可能性があります。

また、介護士の場合は非正規雇用となっている人も多く、正社員では無いので将来的な収入を不安視されることもあるでしょう。

結婚後は生活費用を工面することは重要なので、収入の低さによりマッチングや結婚ができない可能性もあります。

時間が不規則で決まった時間を確保できない

介護士は時間が不規則で決まった時間を確保できないことがあります。

介護士はシフト制になっていたり、急に仕事をしてもらえないかお願いされたりするため、仕事と休みの予定を確定させるのが難しいです。

仕事が不規則であれば相手と交際をしているときもでデートの予定が組めず、すれ違いになってしまう可能性があります。

介護の仕事を相手が理解してくれないなら、うまく付き合っていくことが難しく感じるため、婚活の成功率も下がります。

異性との出会いが難しい

介護士は異性との出会いが難しいです。

介護士は仕事上で接する相手が高齢者の方が多く、20代30代の方と接する機会が少ないです。

また、訪問介護の場合は1人で対応することも多いので、誰かと接する機会があまり無いこともあるでしょう。

婚活を成功させるためには出会いの数が必要ですが、同年代との接触が少なく、高齢者の方が多いなら婚活できる相手に出会うことができません。

介護士の場合は異性との出会いが少ないので、婚活が難しいでしょう。

お見合いの際にアピールしておきたいことは?相手に好印象を抱いてもらうようにしよう
お見合いの際にアピールの仕方を知っておくことは大事です。アピールの仕方が良いなら相手に関心を持ってもらうことができ、マッチングの確率が高くなります。お見合いの際のアピールポイントにはいろいろあるので、どのように行えるのか内容を紹介しましょう。

介護士が婚活する際にアピールできる魅力

介護士の場合は職業から婚活が難しくなることが考えられます。

ただ、介護士もアピールすることにより自分の魅力を相手に伝えることが可能です。

介護士として説得力がある魅力は以下の点です。

  • 優しさや世話好きなどをアピール
  • 仕事を楽しんでいることを理解してもらう

それぞれ解説しましょう。

優しさや世話好きなどをアピール

介護士は婚活の際に優しさや世話好きなどをアピールすることができます。

介護士は高齢者や体が不自由な方のお世話をする仕事です。

そのため、普段どのように接しているのか、どのようなお世話をしているのか相手に話すことで、優しさや世話好きをアピールできるでしょう。

結婚の条件として、優しさや世話好きなどを重視している人は多くいるため、介護士としての仕事内容を話すことで、相手は関心を持ってくれる可能性が高いです。

特に女性の方は優しい人や世話好きな人に惹かれる傾向があるため、介護士の男性は話し方や表情などで好印象を抱いてもらうようにしましょう。

仕事を楽しんでいることを理解してもらう

仕事楽しんでいることをアピールすることも大事です。

介護士は仕事がきつくて休みをもらうことが難しいので「大変な仕事なのでは?」と考える人が多いです。

もし、介護士になって仕事で疲れている様子なら、婚活で会話をしているときも楽しそうに見えず、自分の印象が悪くなります。

また、介護士になってネガティブな発言ばかりしてしまうなら、相手は愚痴を聞いているみたいになり印象は悪くなるでしょう。

そのため、介護士としての仕事を楽しんでいることをアピールすることが大事です。

人に対して優しくなれるなど魅力的なことを話すなら好印象となり、婚活も成功しやすくなるでしょう。

介護士が婚活をする際の注意点とは?

介護士が婚活をする際は注意点についても確認しておくことが大事です。

注意点を確認しておくことで、婚活を成功させ確立を上げることができます。

介護士の婚活の注意点は以下の通りです。

  • 自分に自信を持って婚活する
  • 相手と連絡を取るように心がける
  • 前もって仕事のデメリットを話しておく

それぞれ解説しましょう。

自分に自信を持って婚活する

自分に自信を持って婚活することが大事です。

介護士だと「相手から良い印象を持たれないのでは?」と疑問を感じる人もいるかもしれません。

ただ、自分でネガティブな印象を持ってしまい、自信を失ってしまうなら相手は魅力を感じることはありません。

そのため、まずは自分に自信を持つことが大事です。

自分の仕事をポジティブに考えて仕事に自信を持つなら、婚活で自分の魅力を相手に知ってもらいやすくなります。

自分に自信を持って婚活を行いましょう。

相手と連絡を取るように心がける

相手と連絡を取るように心がけることが大事です。

介護士の場合は働く時間が不規則であるため、思うように相手と会えな可能性が高いです。

ただ、相手に出会えないときも、LINEや電話などで相手と連絡を取るようにするなら、自分の気持ちを伝えることができます。

婚活をして交際になれば、お互いの状況によって計画的に出会ってデートなどをすることは難しくなります。

長期的に会えないと気持ちは離れてしまうことになるため、定期的にコミュニケーションを取るように心がけましょう。

前もって仕事のデメリットを話しておく

婚活する際は前もって仕事のデメリットを話しておくことも大事です。

介護士の場合は仕事が不規則になりやすく、予定通りに会うことができないこともあります。

デートなどの約束をしていた日でも、急に仕事が入ってキャンセルしなくてはいけないこともあります。

そのため、婚活の際にどのような調整が必要なのか前もって確認して、相手に伝えておくのがおすすめです。

相手にデメリットを伝えておくなら、すでに心構えができているので、会えない時でも大きな不満やストレスを感じることを防げます。

話しておくのと話さないでおくのでは婚活のスムーズさも変わってくるため明記しておきましょう。

介護士も婚活をしてみよう

介護士の方も婚活を考えてみることができます。

ポイントを押さえておくことで婚活をスムーズに進めることができ、結婚まで行うことが期待できます。

ただ、婚活は順調にいかない場合もあるため、その点を注意して行動する必要があります。

ぜひ、結婚を考えている方は婚活をして良い出会いを見つけてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました