スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンジニアの方と婚活するのはどうなの?メリットや傾向を把握して考えてみよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

婚活して結婚相手を探すために相手の仕事を確認することもあるでしょう。

結婚した後は生活の維持のために金銭が必要です。相手の仕事によって結婚生活も変わってくるため、しっかり見極め得る必要があるでしょう。

いろいろな職業がある中でも、エンジニアの方と結婚したい人もいるでしょう。

エンジニアの方と結婚する際のメリットや傾向について内容を紹介しましょう。

エンジニア系の方と付き合うメリット

エンジニア系の方と付き合うなら、どのような人物像なのかある程度予想することができます。

もちろん、人によって性格は違うので最終的には自分で見極める必要がありますが、以下のような傾向があると認識しておきましょう。

  • 思考が論理的
  • コミュニケーションがしっかり行える
  • 収入が安定している

それぞれ解説しましょう。

思考が論理的

エンジニアの方はIT関係の仕事をしているため、思考が論理的です。

思考が論理的ということは,物事について感情的ではなく理論に基づいて行動するため、頼りがいを感じることが可能です。

感情的になってしまう人だと、自分の意見を言っても聞いてくれなかったり、うまくコミュニケーションを取れずストレスを感じてしまうことになります。

しかし,思考が論理的だとどんな行動もしっかり理由を述べてくれるため、安心できますし、自分も納得することができるでしょう。

コミュニケーション能力も期待できる

エンジニアの方はコミュニケーション能力においても期待するこができます。

相手と婚活をするときに会話が止まってしまうなら気まずい思いをすることになります。

特に、男性の場合は初対面の方やあまり知らない人と会話することは難しく感じるため、沈黙が続いてしまうこともあるでしょう。

しかし、エンジニアの方はチームを組んで仕事をするため、普段から会話することに慣れています。

そのため、デートのときなども会話に困ることはなく、お互いの意思疎通を行いやすいです。

もちろん、人によって差は生じるはずですが、基本的な会話のキャッチボールやあいさつなどはしっかり行えるはずです。

交際のときに重い行動は避けておくべき!どのような行動は回避べきか考えよう
交際中に重い行動を取るなら相手に悪い影響を与えてしまい、良い関係性を持続することができません。そのため、重い行動を自分がしていないか常に分析して、相手の負担になっていないか確認することが大事です。重い行動や改善策について紹介します。

収入も安定している

エンジニアの方は収入においても安定していることが期待できます。

エンジニアの年収は大体500〜600万円ほどであり、平均収入以上となっています。

結婚したなら相手の性格や価値観も大事ですが、収入も大きな問題です。

収入が少ないなら結婚後の生活が厳しくなってしまい、結婚を後悔してしまうこともあります。

今後の家族計画なども考えると収入が比較的安定していること、年収が高いことは結婚生活の大きなポイントになります。

収入にこだわる人ならエンジニアの方と婚活するのもいいでしょう。

エンジニア系の方と婚活するデメリット

エンジニアの方と婚活するならデメリットになるポイントも考えておきましょう。

人によって性格は違うので、全ての人に当てはまるわけではありませんが、傾向として覚えておくことができるでしょう。

デメリットは以下の通りです。

  • 異性への免疫がない
  • 仕事に夢中になることがある
  • 全て論理的に話されてイラっとする

それぞれ解説しましょう。

異性への免疫がない

エンジニアの方は異性への免疫が無い方もいるため、会話などがうまくできないことも考えられます。

エンジニアの方は学習意欲がある人が多く、恋愛よりも勉強することが好きな人が多いです。

つまり、異性と接する機会があまり無いなら、いざ婚活で異性と会話すること、また交際するとしても、どうすれば良いのか分かりません。

そのため、デートをしていても会話があまり発展しなかったり、悪気はなくても失礼な対応をすることも考えられます。

交際が長くなれば付き合うことに慣れてきて免疫ができるはずですが、それまでは我慢が必要になることもあるでしょう。

仕事に夢中になることがある

エンジニアの方は仕事に夢中になることも考えられます。

エンジニアの方はIT関連の仕事が好きで働いている人が多いです。

そのため、婚活をしていても自分よりも仕事を優先してしまう傾向も考えられます。

エンジニアの方は仕事が忙しい時期になれば休日出勤や残業なども増えるため、デートをする時間を取ることが難しいことがあります。

結婚のために一緒に過ごす時間を増やしたくても、仕事が忙しいと合う時間を取ることができず、不満を抱いてしまうこともあるでしょう。

そのため、エンジニアの方と婚活する際は相手の仕事も考慮に入れて付き合う必要があります。

全て論理的に話されてイラっとする

エンジニアの方の場合は思考が論理的なので、話し方も論理的なる傾向があります。

論理的な話し方は納得することができますが、一方でイラッとすることもあるでしょう。

例えば、自分の気持ちを分かって欲しいだけなのに、解決策や自分の悪いことを指摘されるときです。

論理的で正論なことに間違いはなくても、批判されているように感じて気分が悪くなることもあります。

状況によって会話の仕方を変えてくれる人もいますが、傾向として論理的に話される可能性が高いことは注意しておきましょう。

エンジニア系の方と婚活する際のポイント

エンジニアの方と婚活するときはポイントを押さえておくことが大事です。

特に、以下のようなポイントを押さえておくべきです。

  • 会話をして意思疎通を図る
  • エンジニアの仕事を理解しておく

それぞれ解説しましょう。

会話をして意思疎通を図る

会話をして意思疎通するようにしましょう。

エンジニアに限らずどんな方も同じですが、会話をして相手のことを知るようにしなければ誤解が生じてしまうことがあります。

少しの誤解で関係性が悪くなり、別れてしまうことになるため、普段からコミュニケーションは大事にすべきです。

エンジニアの方だと仕事で忙しく会う機会が作れないこともあるため、電話やメールなどで連絡して、いつでもお互いのことを分かり合えるようにしておきましょう。

エンジニアの仕事を理解しておく

エンジニアの仕事を理解して付き合うことも必要です。

エンジニアは上記でも紹介したように、仕事の都合によって休日を取ることが難しくなり、思うようにデートできないことがあります。

また、エンジニアの仕事は守秘義務も発生する案件があるので、仕事の話も全て行えるわけではありません。

エンジニアの方とお付き合いして結婚を考えるなら、仕事を理解しておかないと不満が溜まってしまうことが考えられるため、相手のことを尊重するようにしてください。

エンジニアの方との婚活を考えよう

エンジニアの方と婚活をする際の傾向について紹介しました。

エンジニアの方なら自分の条件に合った人であり、婚活をスムーズに進めて結婚できる可能性もあるでしょう。

ただ、エンジニアの仕事をしていても、いろいろな性格の方がいるので、ある程度の傾向として受け止めておきましょう。

自分に合う人なのかどうか会話やデートを行って見極めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました