スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際中に「寂しい」と感じた場合はどうすべき?対処法を考えてみよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

恋人がいて交際をしているなら「楽しい」と思える時間が増えるでしょう。自分1人ではなく交際しているなら2人の時間は特別となり、趣味をしている時や友達といるときとは違う気持ちが出てきます。

交際は自分にとって楽しい時間となりますが、恋人がいることで「寂しい」という気持ちが出てくることもあります。「寂しい」という気持ちになると気持ちが沈んでしまいネガティブな傾向になってしまうので、早めに対処することが大事です。

交際のときに「寂しい」と思う原因や対処法について紹介していきましょう。

交際中に「寂しい」と感じる原因とは

交際中でも「寂しい」と感じてしまうときがありますが、どのようなときに「寂しい」と感じてしまうのでしょうか?以下のようなことが原因で「寂しい」と思うことがあります。

恋人に会う時間が少ない

「寂しい」と思ってしまう瞬間は恋人に会う時間が少ないことがあります。恋人と一緒にデートする時間が少なかったり連絡することがあまりできなかったりするなら、接する時間が少ないので気持ち的に寂しさを感じやすくなります。

交際をしても相手の都合もあり、自分も仕事や用事があれば時間が合わなくて1週間以上会えなくなることもあります。交際を始めて「毎日恋人と会える」と期待していた人ほど何日も会えないと予想と違うことから寂しさが大きくなることもあります。

連絡頻度が少ない

相手から連絡頻度が少なくて「寂しい」と感じてしまうこともあります。恋人同士になれば連絡先が分かるので、会えないときでも電話やメールで近況報告を行うことができます。しかし、恋人の相手が連絡をまめにしてくれる人でないなら、会話もうまく行えず気持ちがヤキモキするかもしれません。

メールやLINEなどで一言文章を送って会話を始めようとしても、相手が直ぐに送信してくれない、または既読スルーなどをされると気持ち的に寂し感じてしまうでしょう。交際していても連絡が少なく返信もされない場合は付き合っていることに不安を感じることが多いです。

デート中も気にかけてくれないことが多い

デートをしていても相手が自分にあまり気にかけてくれないなら「寂しい」という気持ちを感じやすくなります。デートをしていても例えば、話をあまり聞いてくれなかったり、ずっとスマホをいじっていたいるするなら、一緒にデートをしていても楽しい気持ちにはなりません。

デートをしていても以前より気遣いや会話をする機会がなくなっているなら、気持ち的にもネガティブな思考になるので、関係性が悪くなることもあります

言い方がきつい

会話をしているときに、相手の言い方がきつく高圧的になってくるなら「寂しい」という気持ちになることもあります。言い方がきつくなるということは、「自分に対しての愛情が冷えている」という思考になるからです。

以前のときは優しい口調や穏やかな言い方だったなら、言い方が突然きつくなればびっくりもして不安を感じてしまいます。言い方1つで自分への関心事や愛情度が分かってしまうこともあるので、悪いイメージで捉えてしまうと寂しさがどんどん増すことになります。

交際中で「寂しい」と感じたときの対処法とは

交際をしていても相手の行動や態度により「寂しい」と感じてしまうこともあります。もし「寂しい」と感じてしまったなら対処法を知っておくことがいいです。対処法は以下のようにすることができるでしょう。

趣味を探して気を紛らわす

交際していても相手となかなか会うことができない状況であるなら、寂しさを解消することは難しくなります。そのため、気を紛らわすための趣味を見つけることがおすすめです。

趣味を行うなら、恋人に会えない時間を気にすることが少なくなり「寂しい」という気持ちを感じにくくなります。

1人でいる時間が多くなると恋人を思い出す時間が増えてしまいますが、集中して没頭できる趣味を見つけるなら自分の精神面は安定させることができるでしょう。

恋人と話し合いをしてみる

「恋人がかまってくれることが少なくなった」「自分への態度が冷たくなった」など相手の行動面で「寂しい」という気持ちが強くなったなら話し合いをしてみることもおすすめです。

話し合いをすることで相手の気持ちを知ることができ、自分に問題があったときは改善点を考えることができます。

また、話し合いをする時間を作り自分の本音を相手に伝えることで、相手も考え方が変わり寂しさを感じさせないように努力してくれる可能性もあります。

「寂しい」という思いを心に留めたまま話し合いをしてもあまり意味はないので、自分の心の内を話すようにすることを決意しましょう。

友達と遊ぶ時間を作ってみる

交際していても相手に会うことが難しい状況が続き「寂しい」と思うなら、友達と遊ぶ時間を作ってみることができます。自分1人でいる時間が長くなってしまうと「寂しい」という思いが強くなり、考え方がネガティブな思考になってしまいます。

しかし友達と遊ぶ時間を作るなら、自分の思いやストレスを聞いてもらうことができ、恋人に会えなくても良い気分転換とすることができます。恋人に会えずに1人でいることが寂しくて辛く感じるなら、友達と遊んで精神的に安定できるようにするのがおすすめです。

遠距離恋愛で婚活は難し過ぎるのか?難しいポイントを確認して成功させよう
遠距離恋愛で交際をするなら、近距離で交際をするよりも難しい場合があります。遠距離で交際を成功させて結婚するのは、いろいろなハードルがあるため、しっかり対策を練っておく必要があります。遠距離恋愛で婚活を成功させる方法について紹介します。

「寂しい」と思う交際をしたくないなら結婚相談所の利用がおすすめ

「寂しい」という思いは交際をしているなら多少は感じることがあります。しかし、「寂しい」という思いを軽減させて交際相手を選ぶなら結婚相談所を利用するのがおすすめです。その理由は以下の2つがあります。

アドバイザーに相談できる

結婚相談所を利用して交際に発展しても、相手の都合により会う時間が少ないこともあります。しかし、そのような状況でも結婚相談所を通して出会っているなら、悩みをアドバイザーに話すことができるので、「寂しい」という思いをアドバイザーに相談することができます。

アドバイザーに話すことで自分の気持ち的に楽になれることもあれば、アドバイザーが良い提案をしてくれることもあるので、現状の「寂しい」という気持ちを解決することも可能です。

結婚相談所のアドバイザーは婚活のプロでもあるので、自分の考えている提案よりも良い提案を進めてくれる可能性も高いです。「寂しい」という感情が強い人は特にアドバイザーのサポートが良い支えになることもあります。

自分の寂しさを分かってもらえる人に出会える

結婚相談所ではカウンセリングをしてから、自分に合う人を探すことができます。もし、自分の結婚相手の性格の条件を相談しておくなら、自分と相性の良い人を紹介してもらうことができます。

自分と相性の良い人や考え方が似ている人であれば、交際に発展した後も自分が「寂しい」と思う感情を理解してケアして付き合ってもらえる可能性が高くなります。自分が寂しがりやな性格をしているなら、その感情を理解してもらえなければ交際がうまくいかないことが多いです。

自分の寂しさを分かってもらえる人に短期間で出会うためにも結婚相談所を利用するのがおすすめです。

おすすめはパートナーエージェント

「寂しい」と思う自分の感情を理解してもらうために結婚相談所を利用することができますが、その中でおすすめできるのはパートナーエージェントです。パートナーエージェントは価値観診断により、自分と似た価値観を持っている人に出会うことができます。

自分と似た価値観を持っている人に出会うなら、自分が寂しい思いをする機会極力減らすことができるでしょう。婚活の交際で「寂しい」という思いを感じて交際関係が難しくなってしまうことがあります。そのような事態にならないように自分の気持ちを理解してもらえる人に出会うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました