スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際のときに重い行動は避けておくべき!どのような行動は回避べきか考えよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

交際をしていると相手のことが気になることもあるでしょう。

自分と一緒にいないときは相手がどんな行動をしているのか、誰といるのか気になり、把握しておきたい気持ちが出てきます。

相手のことが好きで交際しているので、相手のことが気になるのは仕方がない部分ですが、交際するときに行き過ぎた行動をしてしまうと、相手から「重い」と見られて関係性が悪くなることもあります。

どのようなことは重い行動になってしまうのか内容を解説していきましょう。

「重い」と捉えられる行動とは

相手に「重い人」と思われるなら結婚を前提に交際をしたとしても、良い関係性を持続できないことがあります。

どのような行動が「重い」と捉えられるのか以下の点を考慮しておきましょう。

  • プレゼントを毎回準備する
  • 電話をかけてくる頻度が多い
  • 自分のスケジュールを把握しようとしてくる
  • 過去の恋愛について聞いてくる

それぞれ解説します。

プレゼントを毎回準備する

毎回デートなどで会うたびにプレゼントを準備して渡す行動は、相手に「重い」と捉えられることもあります。

自分としては相手に好意をアピールするために準備しているはずですが、相手は毎回プレゼントをもらうと「何だか悪い」と感じて気持ちが引いてしまいます。

自分の好意が伝わらずに、相手は申し訳ない気持ちが出てくるので関係性がギクシャクしてすれ違い状態になる可能性があります。

時々相手にプレゼントをあげることは喜ばれますが、毎回のプレゼントは「気持ちが重い」と感じられてしまうため、注意するようにしてください。

電話をかけてくる頻度が多い

電話をかける頻度が多いと相手に「重い」と捉えられることもあります。

電話をかけて連絡を取り合いコミュニケーションを取ることは大事ですが、1日に何回も電話をかけたり、メールを何十通も送ったりするなら気持ちが重くなることがあるからです。

電話をして会話をしている時間は、自分のプライベートの時間が無くなり自分のやりたいことができません。

数分で終わる電話ならいいですが、長電話になると時間は削られていき、頻度が多いと電話に出ることが多くなり自分の趣味に集中することもできません。

電話を1日に何十回もかける人は、相手にとっては面倒がられ「重い」と感じられるので、電話の頻度に注意するようにしましょう。

自分のスケジュールを把握しようとしてくる

交際していると相手の行動について把握しておきたい気持ちが強くなります。

しかし、自分の気持ちを優先して相手のスケジュールを根掘り葉掘り聞くと、相手は「重い」と感じることもあります。

自分のプライベートのことについて把握しようとすると、相手は「束縛されているのでは?」と不安を感じることがあるからです。

もし、連絡先の共有や日時について細かい部分を聞くようなら、相手は束縛を感じて交際を続けることに自信が持てなくなることもあります。

好きな人について知っておきたいという気持ちも、暴走させないようにする必要があります。

過去の恋愛について聞いてくる

過去の恋愛について聞くのも相手にとっては「重い」と感じてしまうこともあります。

交際を始めると相手の過去の恋愛に関心を持ってしまうかもしれませんが、過去の恋愛について深く話したい人はいません。

逆に過去の恋愛に関しては思い出したくない人もいるので、追求するような言い方をすると相手に不快感を抱かせることもあります。

話の流れで過去の恋愛話になり、少し話を聞く程度であれば問題ないときもあります。

しかし、過去の恋愛話のときに相手が嫌な顔をしたなら、そこで話しを止めることがいいです。

「重い」と感じられないようにしましょう。

重いと交際が難しくなるのはなぜか?

「重い」と感じられたなら交際が難しくなることもあります。

なぜ、「重い」と感じると交際が難しくなるのかは以下の理由があります。

  • 相手に合わせることへのストレスが大きくなる
  • 面倒くさくなり愛想が尽きてしまう

それぞれ解説していきましょう。

相手に合わせることへのストレスが大きくなる

交際相手を「重い」と感じてしまうと、相手に合わせることへのストレスが大きくなります。

「重い」と感じることはすでに相手に合わせるために、自分が無理をしていることになるからです。

相手に合わせるために「重い」と感じながら接しているなら、どこかで耐えきれなくなり、大きなケンカや極端に避けるなど、関係性が急に悪化してしまうことがあります。

そのため、自分の行動が相手にとって「重い」と思われていないか、しっかり確認することも大事です。

相手の表情や口調などを確認することで、ストレスによる負担が増していないか見極めることもできます。

面倒くさくなり愛想が尽きてしまう

自分の行動によって相手が「重い」と感じるなら、交際関係が解消されてしまうこともあります。

「重い」行動は負担となり精神的にも苦痛を感じます。

そのため、重い行動を何度も受けてしまうと「交際している意味があるのかな?」と感じてしまい、面倒になってしまって「別れたい」と感じるようになります。

重い行動により相手の愛想が尽きてしまうと、関係性を修復するのは難しくなり、そのまま交際解消となる可能性が高いです。

重い行動は交際関係を続けることへの重い足かせとなるため、注意しておくことが大事です。

交際相手にわがままに思われることとは?自分の行動や態度を考えてみよう
交際しているなら「わがまま」と思われていないか確認することが大事です。わがままな印象を相手に与えてしまうと交際が難しくなり関係性が悪くなってしまうことがあるからです。どのような言動はわがままと言われるのか内容を解説していきましょう。

重い人にならないための対策

重い人になってしまうと相手は交際を続けることを難しく感じてしまいます。

そのため、重い人にならないように考えることも大事です。

重い人にならないための対策として以下の点を考慮することができます。

  • 相手の考えを尊重する
  • 相手を信用するように自分を改善
  • 自分の行動を振り返ってみる

それぞれ解説していきましょう。

相手の考えを尊重する

交際をするときに相手のことを考えることは大事です。

相手のことを考えず自分の考えを優先してしまうようであれば、相手は不満を抱きますし、「重い」と思われてしまうことも多いです。

そのため、相手の考えを尊重するように心がけること大事です。

「自分の要求通りにならないなら相手を批判していないか?」「自分の考えを押しつけていないか?」という点を分析してみてください。

もし、相手の意見を聞いていないことが多く、自分の意見を押し通そうとしているなら、「重い」と思われる行動をしている可能性も高いです。

自分の考えも大事にしながら、相手の意見も聞いてバランスを取るようにしてください。

相手を信用するように自分を改善

相手を信用するように自分を改善することも大事です。

自分が「重い」と思われる行動をするのは、「相手に嫌われないように」「自分だけを見つめて欲しい」という感情からきます。

ただ、その感情は相手の自分への好意に対して信頼をしていないことになるので、常に相手を疑っている状態と言えます。

相手の気持ちを疑っている状態で接するなら、自分の考えや行動は常に相手にストレスを与えて交際関係にヒビが入ることになります。

自分のことが好きであると確信できれば会えていなくても、相手を信頼でき過度に負担をかけることはありません。

デートや会話の際に回数ではなく、相手の行動や思いから自分に対しての気持ちを確認して信頼できるようにしてください。

自分の行動を振り返ってみる

自分の行動を振り返ることも大事です。

相手に「重い」と捉えられる行動をしていないか確認することで、相手のに負担をかけないようにすることができるからです。

自分の行動を振り返る際は客観的に見ることが大事なので、友人などに自分の交際の行動を話してみてアドバイスを聞いてみることができます。

もし、重い行動を指摘されたなら、その部分を改善することで交際を続けやすくできます。

自分の行動をときどき振り返るようにしていきましょう。

重い行動はできるだけ控えるようにする

重い行動はできるだけ控えることが大事です。

交際中に重い行動を取るなら相手はストレス負担が大きくなり、交際を続けることが難しく感じます。

別れてしまう原因にもなるため、自分の行動を常に分析することも大事です。

自分を客観的に見るためには、誰かのアドバイスがあることでより正確に分析することができます。

結婚相談所のアドバイザーは婚活のプロであり、交際に関しても重い行動を取らないようにアドバイスしてくれます。

もし、重い行動で交際がうまくいかなかった人は結婚相談所で相手を見つけてアドバイスを得ることも検討できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました