スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際相手にわがままに思われることとは?自分の行動や態度を考えてみよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

交際している相手に、自分がどんなイメージを持ってもらえているのか気になる人もいるでしょう。

交際相手に「良いイメージを持ってもらいたい」と思うはずですが、自分の言動によっては悪いイメージを持たれてしまっている場合もあります。

悪いイメージの中でも「自分がわがままに思われていたらどうしよう」と心配になる人もいるでしょう。

自分の言動を確認してわがままなイメージを持たれていないのか確認してみましょう。

わがままに思われてしまう言動とは

交際しているならときに自分で注意していても、わがままに思われてしまうこともあります。

特に以下のような行動をするとわがままに思われてしまう言動となることがあります。

  • いつでもメールの返信が遅いと怒ってしまう
  • 食事やデート場所で文句を言ってしまう
  • 意見を否定してしまう
  • 直ぐに物をねだってしまう
  • 黙りこんでしまう

それぞれの内容を紹介していきましょう。

いつでもメールの返信が遅いと怒ってしまう

交際相手にメールを送信するときは「できるだけ早く返信を送って欲しい」と思う人もいるでしょう。

ただ、自分が思った以上にメールの返信が遅いと「何で直ぐに返信をくれないの?」と相手に不満を漏らしてしまうこともあるでしょう。

もちろん、相手のメールが明らかに遅く1日以上経っても返信しない、または既読スルーなどになるなら、その理由を尋ねるのは適切と言えます。

ただ、メールを送信して数分で返信が返ってこないときに、相手に対して怒るなら「わがまま」と思われてしまうこともあります。

メールの返信も早い返信を要求するなら相手はストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

食事やデート場所で文句を言ってしまう

食事やデート場所で文句を言ってしまうなら、わがままに思われてしまうこともあります。

交際相手が選んだデート場所で「自分の好みではない」と感じて、批判的な言葉を言ってしまうと相手としては良い気分にはならないでしょう。

食事やデート場所でいつも文句や批判をするなら、相手としても「わがままで付き合ってられない」と嫌気が出てきてしまいます。

相手にデートの計画を任せているなら、相手が選んだ場所に関しては文句を言わない方がいいです。

もし、何か意見があるなら、「次は〜に行きたい」とさりげなく言うのに留めておくのがいいでしょう。

意見を否定してしまう

交際している相手の意見をいつも、またはすぐに否定してしまうなら、わがままに思われてしまうこともあります。

相手も「楽しませたい」「喜んで欲しい」という思いを込めて意見してくれているので、その意見を直ぐに否定してしまうと落ち込んでしまうことでしょう。

自分の意見を通したいという気持ちが強くて何でも相手の意見を否定してしまうと、交際相手としては付き合いにくく感じでしまいます。

意見を何でも否定するのではなく、「自分はこうしたいけど、どう?」と相手に聞いてみることが大事です。

コミュニケーションを取って意見を交換するなら相手から「わがまま」と思われることはないでしょう。

一方的に否定してしまうことに注意しましょう。

直ぐに物をねだってしまう

欲しい物があるなら、交際相手の方にねだってしまうことがあるでしょう。

もちろん、物をねだることは相手への意思表示を示しており、相手も「何かしてあげたい」と思っているなら、自分の欲しい物を伝えることはいいことです。

ただ、頻繁に物をねだることは自分の印象を下げてしまうこともあります

何でも「〜が欲しいな」と、相手にねだるならプレッシャーや金銭的負担がかかってしまうので、付き合うこと自体が重く感じてしまいます。

もし、最近プレゼントしたのに再度おねだりされると「わがまま」とも感じてしまいやすく、愛想がつかれてしまうこともあるでしょう。

そのため、何度も物をおねだりするのは好印象とはなりません。

黙り込んでしまう

何か不機嫌なことや納得がいかないことがあれば、黙り込んでしまうこともあるかもしれません。

ただ、何でも不機嫌になって黙り込んでしまうことになれば、相手から「わがまま」と思われてしまうこともあります。

少し嫌な思いをしたなら、何か批判したような口調で相手を責めるよりは黙っていた方がいい時もあります。

しかし、何でも黙り込んでしまって何も喋ってくれないなら、相手としてもどうすればいいのか分からなくなってしまい、付き合うことが重くなるでしょう。

ケースバイケースになりますが、黙っておかずに何か言っておいた方がいいときに黙ってしまうと、わがままに見られてしまいます。

わがままに思われると交際は大丈夫?

わがままに思われてしまうなら交際について少なからず支障が出てしまいます。

わがままが原因となって以下のような事態に発展することもあるので注意しておきましょう。

  • 連絡や会う頻度が少なくなる
  • いつもケンカしてしまう
  • 別れを切り出されることも

それぞれについて解説していきましょう。

連絡や会う頻度が少なくなる

自分がわがままに思われてしまうなら、連絡や頻度が少なくなってしまう可能性があります。

「わがまま」と思われているので、連絡をするとまた何か要望や批判を受けると相手は怖く感じてしまい、連絡をすることを極力控えてしまうためです。

自分のわがままに付き合うことになるなら、相手もストレスが溜まることになるので相手は会うこと自体を控えようと、デートのキャンセルやメールの返信が来ないなどの行動をします。

自分のわがままにより知らないうちに相手と疎遠な状態になってしまうなら、そのまま交際も自然消滅してしまうこともあります。

交際中に「避けられている?」と感じる行動とは?修復する秘訣とは何か?
交際相手から避けられているように感じるなら「どうすればいいの?」と悩んでしまう人もいるでしょう。交際相手に避けられてしまうのは原因があり、必要な対処をすることで解消することが可能です。どのように行動すべきなのか内容を紹介しましょう。

いつもケンカしてしまう

交際相手からわがままに思われてしまうと、ケンカをする頻度が多くなることも予想できます。

わがままは自分の主張のみを伝えて、相手の主張を受け入れることがありません。

そのため、相手側からすれば自分の主張は通らないので、モヤモヤしてしまい言い合いのケンカになってしまうことがあります。

いつも自分が何かを言うたびに相手がイライラしていたり口論になったりしているなら、自分のわがままが原因になっていることもあります。

ケンカしてしまって相手と口論することが多くなっているのなら、自分がわがままを言っていないか1度自己分析をした方がいいでしょう。

別れを切り出されることも

わがままの度が過ぎてしまうと別れを切り出されてしまうこともあります。

わがままをいつも相手に対して言ってしまうと、一緒にいても楽しくないので付き合っている意味が分からなくなってしまうことがあります。

もし、わがままばかり言って相手が交際していることに負担を感じていそうであれば、別れを告げられてしまうこともあります。

交際しているときはお互いに譲歩しなくてはいけない部分もあるので、わがままによって一方の主張のみになってしまうと関係性は悪くなってしまいます。

わがままの度が過ぎてしまわないように注意しておくことが大事です。

自分がわがままだと感じたならどう改善できる?

わがままな言動をしていると交際がうまくいかず関係性が悪くなってしまうことがあります。

そのため、自分のわがままが原因で関係性が悪くなっているなら改善するように努力することが大事です。

以下のような方法で改善することができます。

  • 相手の意見を聞いて尊重する
  • 相手にどの部分がわがままなのか聞いてみる
  • 自分の気持ちを抑えるように努力する

それぞれ紹介していきましょう。

相手の意見を聞いて尊重する

相手に意見を聞いて尊重するようにすることが大事です。

自分の意見ばかり相手に伝えるようなら、相手は自分の意見は聞いてくれないのでストレスが溜まってきます。

対等な関係とはならず、交際していることが負担になってしまうので、自分の意見ばかりではなく相手の意見も聞いてあげるようにしましょう。

そして、相手の意見を聞いてあげるだけでなく尊重するようにしましょう。

相手の意見を聞いただけで結局何も変化しないなら、交際相手は不満を感じます

しかし、相手の意見を尊重して受け入れてあげるようにするなら、交際関係も良くなっていきます。

自分の要求をいう代わりに、相手の意見も難しい要求でないなら受け入れてあげるようにしましょう。

相手にどの部分がわがままなのか聞いてみる

相手にどんな部分がわがままなのかを聞いてみることも可能です。

自分の中では「わがままではない」と思っていても、相手からすればわがままと思われてしまうこともあります。

そのため、自分がわがままなのかそうではないのか、相手に尋ねてみて無理をしていないか確認することが大事です。

もし、自分は何とも思っていなくても相手が「わがまま」と感じているなら、すれ違いから関係性が悪くなってしまうこともあります。

そのため、相手にどんな部分がわがままなのか聞いてみることが大事です

わがままな部分が分かれば、自分がどこを改善する必要があるのか分かり、相手との良好な関係を築いていくことができるでしょう。

自分の気持ちを抑えるように努力する

自分の気持ちを抑えるように努力することも大事です。

わがままな気持ちというのは、自分の気持ちを優先してしまうことで出てしまうことが多いです。

「〜して欲しい」「〜は嫌」という気持ちを優先してしまい、相手や場の空気よりも優先してしまうので、「わがまま」という印象を与えてしまいます。

そのため、自分の気持ちを抑えるように努力するならわがままな印象は無くなる可能性が高いでしょう。

自分の気持ちを少しでも抑えて相手の気持ちを考えるようにするなら、交際している相手も好印象を抱きやすくなります。

自分の感情を優先してしまう人は気持ちを抑ることができるようにしましょう。

わがままを改善することは婚活で大事

交際しているならわがままを改善することも重視しておきましょう。

交際しているときにわがままに自分の意思を貫こうとするなら、相手は交際することが大きな負担となってしまいます。

わがままで自分の要求ばかりを通そうとすることを続けるなら、交際は長く続くことはなく婚活をしているなら結婚までいくのは難しいです。

そのため、わがままを改善するようにすることが婚活の成功には必要です。

自分の行動を分析してわがままを改善できるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました