スポンサーリンク

スポンサーリンク

年齢が同じ人はあり?同い年の相手と結婚するメリットとデメリットとは?

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

結婚を考えているなら「自分に合う人を相手に選びたい」と思うでしょう。

自分に合う人を選ぶなら価値観などが大事になり、自分と年齢の近い人を選ぶかもしれません。

年齢が同じくらいであればジェネレーションギャップなどがなく、会話も共通点が多いので楽しい生活となる期待感も抱けます。

年齢が婚活の際に大事になる部分ですが「同い年の方と結婚しても大丈夫?」と思うかもしれません。

同い年の方との結婚について内容を紹介しましょう。

同い年の方との結婚のメリットとは?

年齢が同い年の方と結婚するなら「どんなメリットがあるの?」と疑問を感じることもあるでしょう。

年齢が同じ人と結婚するなら以下のようなメリットがあります。

  • 同じ立場で生活ができる
  • 共通の話題がある
  • 遠慮なく話すことができる
  • 一緒に歳を重ねて共有できる

それぞれ解説しましょう。

同じ立場で生活ができる

同い年の方と結婚するなら、同じ立場で生活をすることが可能です。

年齢が自分より上だと相手の言うことに自分が合わせることが多く、自分より年齢が下だと自分が決定することが多くなり負担を感じることもあります。

しかし、年齢が同じであれば、お互いに対等な関係となるので、自分の生活スタイルの意見を言うことも可能です。

また、お互いに年齢の上下を意識しなくて済むので、精神的にも縛られることは少なくストレスのない生活を送りやすいです。

生活スタイルで対等な関係を築きたいなら、同い年はとても良い結婚となるでしょう。

共通の話題がある

同い年の結婚には共通の話題があることを期待できます。

同い年であれば年齢差が変わらず、当時流行っていたものや今人気の話題についてギャップが生じることがはありません。

もし、年齢が離れているなら、自分と話題が噛み合わずに話が楽しくできないことも予想できます。

会話をするときに同じ目線で噛み合うなら良い関係も築きやすく「コミュニケーシをもっと行いたい」という意識も芽生えやすくなるため、良い結婚生活となる期待が高くなります。

遠慮なく話すことができる

同い年であれば遠慮なく話し合うことも可能です。

結婚相手の年齢が自分よりも上や下だと、気を使って話すことができなくなることもあります。

ただ、相手に気を使って話をするようなら、関係性がギクシャクしてしまうこともあり、良い結婚生活にならないことも考えられます。

ただ、同い年であれば、年齢的な上下関係はないので、相手に話したいことや言いたいことも遠慮を感じません。

何でも言い合える関係を作りたいなら同い年がおすすめです。

一緒に歳を重ねて共有できる

同い年であれば一緒に歳を重ねて共有できることが増えてきます。

結婚すれば同じ時間を共有することができますが、年の差があれば共有した時間も考え方が異なることもあります。

年齢が違うことで共有した時間は同じでも見方や感じ方が違うと、少し残念に思えることもあるかもしれません。

しかし、同い年であれば価値観なども似ている部分があるので、共有したことは同じ思いを持てていることが多いです。

また、年を取るスピードも同じなので、年齢に合った考え方を結婚生活で確認しやすいです。

一緒に歳を重ねられるのは、結婚生活でも良いことが多いはずです。

同い年での結婚のデメリット

同い年での結婚はメリットだけでなくデメリットもあります。

同い年での結婚のデメリットは以下の通りです。

  • 意見が衝突しやすい
  • 頼りにならないことも
  • 経済的に不安を感じることも

それぞれ解説します。

意見が衝突しやすい

同い年だと年齢が同じなので、意見の共有ができなければ衝突しやすい部分があります。

年齢が離れていると、相手の言うことを素直に受け止められることもありますが、同い年だと自分の意見を曲げにくく、押し通そうとして衝突してしまうことがあります。

同い年なので年齢による優劣を感じにくいため、両方が自分の意見に自信を持ち譲れないなら結婚生活はケンカばかりになってしまうことがあります。

普段から意見を曲げることがない人であれば、同い年の結婚はストレスが溜まってしまいやすくなるかもあしれません。

頼りにならないことも

同い年だと頼りなさを感じることもあります。

年上だと自分よりも経験も知識もあるので、何かトラブルなどいざというときに頼りにすることができます。

しかし、同い年だと自分と経験も知識も変わらず、何かあったとき相手が頼りにならないこともあります。

結婚生活はお互いの協力があるため、相手が頼りにならず自分ばかりが頑張っているように感じるならストレスが溜まってしまい、ケンカに発展してしまう可能性があります。

誰かに頼りたい人は同い年だと精神面の不安が大きくなるかもしれません。

経済的に不安を感じることもある

同い年だと経済的に不安を感じることもあります。

年齢によりますが、若くて同い年だと仕事が安定しておらず生活の収入を確保することが難しいことがあります。

また、若いならいろいろな物にお金を使いたいので、自分で得た収入は自分のために使用したい人もいます。

自分よりも年齢が高い人であれば仕事も安定して、生活に必要な収入も確保できる可能性は高いですが、同い年だと収入は共働きで一緒に確保する必要があるでしょう。

もし、安定した生活を望むなら同い年で結婚は難しいかもしれません。

同い年で結婚を成功させるポイント

同い年で結婚を成功させるにはポイントがあります。

どのようなポイントがあるかというと以下のようになっています。

  • 相手のことを思いやる
  • 相手に期待し過ぎない
  • 何でも話せる雰囲気を作っておく

それぞれ解説しましょう。

相手のことを思いやる

同い年の結婚を順調に行うためには思いやりを示すことが大事です。

同い年の結婚で相手に「頼りない」「もう少し気遣って欲しい」と思うこともあるでしょう。

ただ、相手の悪い部分ばかり見てしまうなら、不満が溜まってケンカに発展してしまうこともあります。

そのため、相手の悪いところばかり見て批判するのではなく、思いやりを示して優しさを示すことが大事です。

優しさを示すなら、相手とも冷静に話し合うことができ、良い関係を継続しやすくなります。

思いやりを示すことを忘れないようにしましょう。

相手に期待し過ぎない

相手に期待し過ぎないことも大事です。

結婚すれば「家事をしてくれる」「お金を稼いでいくれる」など期待を持つかもしれません。

しかし、相手に期待をし過ぎてしまい、自分の期待通りでないならがっかりしてしまい、相手に文句を言うことも多くなってしまいます。

そのため、相手に期待し過ぎないようにして、相手のハードルを上げないようにするのが大事です。

期待し過ぎないなら、相手のしてくれることに対して素直に感謝の気持ちも芽生えるので、結婚生活もストレスなく順調にできるでしょう。

婚活の交際中にケンカしてしまったならどうすべき?円満な関係を持続させよう
ケンカをしたときに「どのように仲直りすればいいの?」と悩む人もいるでしょう。もし、ケンカをしたなら、仲直りをする方法やケンカの原因になることを知っておく必要があります。交際で良い関係を続けるためにもケンカの後の行動が大事です。

何でも話せる雰囲気を作っておく

何でも話せる雰囲気作りをしておくことも大事です。

同い年の結婚でどちらかが威圧感を与えるようになってしまうと、コミュニケーションが取りにくくなり、相手の気持ちを理解しにくく感じます。

コミュニケーションがうまく取れないと相手の気持ちを理解することが難しくなり、ストレスが溜まってケンカに発展しやすくなります。

そのため、何でも話せる雰囲気を作っておき、ストレスを相手に与えないようにする努力は必要です。

笑顔で接することや柔らかい話し方なら話しやすい雰囲気作りができるので意識しておきましょう。

同い年の結婚も考えてみよう

同い年の結婚にはメリットやデメリットがあります。

ただ、同い年で結婚するときに相手を思いやる気持ちを持っているなら、良い結婚生活を送ることができるはずです。

もし、同い年の方と出会いたいなら結婚相談所を利用することも可能です。

良い人に出会って結婚できるように結婚相談所の利用も検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました