スポンサーリンク

スポンサーリンク

年の差があっても大丈夫?男性が年上の女性と結婚するときのメリットやデメリットとは?

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

結婚したいなら相手を探す必要があり、もし良い人に出会えたなら結婚することを前向きに考えられます。

ただ、結婚するときに相手の年齢が自分よりも差があり10歳以上も上であれば、少し不安を感じる部分もあるかもしれません。

特に男性であれば女性が10歳も上の年の差婚の場合、結婚するときは慎重にるはずです。

男性が年上の女性と年の差婚をするときのメリットやデメリットを紹介していきましょう。

男性が年上の女性と年の差婚のメリット

男性が年上の女性と年の差婚をするならメリットがあります。

年の差婚を行うメリットとして以下のようなポイントがあります。

  • 余裕を持つことができる
  • 優しさが期待できる
  • 自立していて頼りがいもある

それぞれ解説しましょう。

余裕を持つことができる

年上の女性と結婚するなら余裕を持つことができます。

男性であれば結婚したなら生活費を稼ぐことなど「しっかりしなくてはいけない」と考えるでしょう。

特に年下の女性と結婚したなら、より頼りにされるので責任感が芽生えます。

ただ、責任を持つように強く感じるなら、自分でプレッシャーをかけてしまうことになります。

プレッシャーが大きくなるほど、結婚生活で心の余裕が無くなってしまい疲れてしまうことがあります。

しかし、年上の女性であれば、男性に頼らなくても自分でできることは自分で行えます。

さらに、年の差があれば経験もあるので逆にサポートもしっかり行ってくれる期待が持てます。

責任感を感じることを少しでも軽減できるなら、生活もリラックスすることができるでしょう。

優しさが期待できる

年上の女性と結婚するなら優しさを期待することもできます。

包容力があるなら、例えば仕事で何かミスをしたときも「大丈夫じゃない」「次頑張れば良いよ」など前向きな言葉で励ましてくれることが期待できます。

特に、何かミスをすると直ぐに落ち込んでしまう人であれば、包容力があることでポジティブな考え方とでき、いつまでも気分が落ち込むことがありません。

年の差婚で年上の女性なら男性の励ました方も知っているので、上手く気分を前向きにしてくれるはずです。

気分を落ち着けたい人はメリットとして期待できるでしょう。

自立していて頼りがいもある

年上の女性であれば自立していて頼りがいを感じることができます。

年の差婚ともなれば10歳以上は歳が離れているため、すでにいろいろな経験をして自立していることが理解できます。

自立できているなら自分のことは自分で行うことができ、依存されることもありません。

さらに、自立して生活能力があるなら、家事や金銭の管理なども安心することができるので、細かい部分まで気を使うこともありません。

年下の女性であれば自分が世話をしなくてはいけない部分も出てきて、気にし過ぎて疲れてしまうこともあります。

しかし、年の差婚による年上女性であれば、その点は気を揉まなくて済みます。

女性が上の年の差婚のデメリットとは

女性年上の年の差婚であれば、どのようなデメリットがあるのか知っておきたい人もいるでしょう。

年の差婚のデメリットは以下のようになっています。

  • 年齢によるギャップがある
  • 健康に注意が必要
  • 関係性が釣り合わないことも

それぞれ解説しましょう。

年齢によるギャップがある

年の差婚となれば年齢によるギャップが生じることもあります。

年の差婚となれば年齢差が10以上もあるので、話の内容が噛み合わないジェネレーションギャップが生じることもあります。

また、年齢差が10以上も変わってくるなら体力面や考え方にも大きく違いが生じることもあります。

そのため、自分のやりたいことについて同意を得られなかったり、できなかったりすることもあります。

年の差婚の際はお互いに価値観が合っていることを確認しないと結婚生活が難しい場合もあるため、急いで結婚しないようにしましょう。

健康に注意が必要

年の差婚となれば相手と大きく年齢が違うため体調変化も大きく変わってきます。

年齢は30歳、40歳、50歳で老化に違いがあり、年齢が高くなるにつれて足腰が弱まってきたり老眼になったりなど、健康に問題が生じてきます。

ただ、自分が健康体で相手が早く老化によって健康問題が生じるなら、一緒にやりたいこともできなくなる可能性があります。

また、相手の健康問題の辛さなどを分かち合うことができず、意見に食い違いなどが生じることもあります。

年の差婚になれば健康問題による違いも生じるためデメリットと言えます。

関係性が釣り合わないことも

年の差婚となれば関係性が他の人に理解されにくいこともあります。

年の差婚で10以上離れているなら夫婦とは見られず兄妹と見られることもあり、年の差が離れているなら親子と間違わられることもあります。

お互いに周りの目を気にせずに生活できるなら、特に問題ではありません。

しかし、周りからの言葉が気になってしまうようであれば、神経を使うので疲れ切ってしまうことも考えられます。

その点も考慮して年の差婚を考えましょう。

年の差婚がおすすめな男性

年の差婚がおすすめな男性はどんな人なのか知っておくこともおすすめです。

年の差婚がおすすめなのか以下のような男性です。

  • プレッシャーに弱い人
  • 家事などのサポートが必要な人
  • 女性慣れしていない人

それぞれ解説します。

プレッシャーに弱い人

年の差婚がおすすめな人はプレッシャーに弱い人です。

周りから期待されたり頼りにされたりしたときに、自分でプレッシャーを与えてしまう人は結婚生活でも支障が出てしまうこともあります。

奥さんから仕事や夫婦生活の時間に関して大きく期待されるなら、プレッシャーから精神的に疲れてしまうこともあります。

しかし、年の差婚で奥さんが年上なら、大きな期待を受けることもなく、ある程度自由にさせてもらえる可能性が高いです。

年上の女性であれば包容力も期待できるため、プレッシャーを感じず気楽に結婚生活を送ることができるはずなので、生活に自由を求めるなら年の差婚がおすすめです。

婚活の相手の性格はどんな人がいいの?自分に合う性格なのか考えよう!
婚活で相手を探すなら条件が重要です。いろいろな条件がある中でも性格が合う人はポイントになります。性格が合わなければ結婚生活を維持するのが難しいからです。どのような性格の人が結婚生活に向いているのか知りたい人もいるでしょう。ポイントについて紹介していきます。

家事などのサポートが必要な人

家事などでサポートが必要な人も年の差婚による結婚がおすすめです。

年上の女性であれば一人暮らしの経験もあるはずなので、家事全般を一通り行える期待を持つことができます。

もし、自分よりも年下の女性であれば家事に関して知識や経験が無いこともあり得るので、結婚した後の生活も家事に苦労してしまう可能性があります。

自分が家事を全くできないようであれば、家事が行える人が良いですね。

年の差のある女性であれば家事ができることを期待できるので、良い相手と言えるでしょう。

女性慣れしていない人

女性慣れしていない人も年上の女性と結婚することがおすすめです。

女性慣れしていない人だと女心や女性が「やって欲しい」と思うことが分からないので、結婚後に文句を言われることも多いです。

もし、結婚生活で事あるごとに文句を言われるならストレスになりますし、ケンカの頻度が多くなることも予想できます。

しかし、年上で年齢に差がある女性であれば、女性慣れしていない男性に合わせてあげることが予想できます。

年上なので「自分が男性に合わさなければ」という心理が働きやすいためです

女性慣れしていなくても小言を言われることや批判は少ないはずなので、精神的に楽に生活できるはずです。

良い人を見つけたいなら結婚相談所を利用

良い相手と出会いたいなら結婚相談所を利用するのがおすすめです。

結婚相談所であればアドバイザーが自分に合う人を紹介してくれたり、アドバイスでサポートしてくれたりします。

結婚相談所を利用するなら自分と相性の良い相手に出会って結婚が期待できるので考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました