スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚相談所の費用を抑えたい!安いおすすめの結婚相談所とは?

婚活
スポンサーリンク

結婚を考えている人であれば真剣に婚活をして、理想の相手と結婚したいですね。真剣に婚活を行うなら数ある婚活方法の中でも結婚相談所を利用することがおすすです。

結婚相談所であれば、スタッフのサポートを得て自分の条件や価値観が合う相手を見つけてもらい、成婚へのアドバイスをもらうこともできます。

短期間で結婚することも可能なのでメリットは多いですが、結婚相談所は料金が高いのデメリットです。そのため、結婚相談所を利用するときは費用を抑えるため費用や価格を確認する必要があります。

内容を紹介していきましょう。

結婚相談所の費用が高いデメリットとは

結婚相談所の費用が高いなら婚活の際に生じるデメリットがあります。どのようなデメリットがあるのか3つの点を紹介しましょう。

資金準備が大変

結婚相談所を利用するための資金の準備が大変です。結婚相談所を利用するときには以下のような費用が生じます。

  • 入会金
  • 月会費
  • お見合い費やサポート費
  • 成婚料金

結婚相談所で高い費用は特に入会金と成婚料金であり、入会金は3〜20万円、成婚料金は5〜30万円ほど支払います。

それらに加えて月会費やサポート費なども支払う必要があるので、結婚相談所を利用するなら大きな資金がないと難しいです。

もし、資金があまり無ければ、結婚相談所の婚活サポートが良くても利用ができずに他の婚活方法を利用してしまいますね。

失敗のリスクが怖い

結婚相談所の費用が高いなら、失敗してしまったときのリスクが怖いです。

結婚相談所で何十万円も支払って婚活を始めてみても、条件に合う人を見つけられない、または交際がうまくいかずに成婚できない状況が長く続くなら「失敗した」と思うかもしれません。

結婚相談所ではサポート内容や会員の質などは高いですが、それでも婚活が上手くいくかは自分次第の部分もあります。

高い費用を支払っても結婚相談所で思うように婚活が進まないなら、高い出費を支払っただけになります。

そのため、結婚相談所で成婚できない失敗のリスクを考えてしまうと、結婚相談所の利用を難しく感じることがあります。

他の婚活方法で妥協してしまう

婚活するときは結婚相談所だけではなく、マッチングアプリや婚活サイト、婚活パーティーなど、いろいろな方法で婚活を行うことができます。

マッチングアプリや婚活サイトで活動をするときも費用は生じます。しかし、月会費1,000〜1万円ほどの出費だけで抑えることができ、女性は無料で利用できることが多いので、結婚相談所に比べるとかなり低価格で利用ができます。

結婚相談所のサポート内容などが良くてもマッチングアプリや婚活サイトは費用を抑えて婚活できるので、気軽に行うことができます。

費用が安い分、失敗したときのリスクも低いので、他の婚活方法に妥協してしまう人は多いです。

費用の安いおすすめ結婚相談所

「結婚相談所は費用が高い」と思われている人もいますが、結婚相談所の中にも安い価格設定をしているところがあります。価格が安くなっていれば結婚相談所の利用も前向きに考えることができ、婚活として利用しやすくなります。

費用の安い結婚相談所には何があるのか紹介しましょう。

naco-do

結婚相談所の費用を抑えるならnaco-doを利用することができます。naco-doは業界最安値の月額4,000円のみの月会費だけの出費となっており、入会金や成婚料金が発生しません。

naco-doはスマホから婚活をサポートしてくれるため、結婚相談所に来店する必要もなく、どこでも利用することができます。

「スマホの結婚相談所はマッチンアプリと同じでは?」と思われるかもしれませんが、naco-doはスマホからスタッフがオンライン面談で婚活の悩みを相談することができ、アドバイスをもらうこともできます。

しかも、91.7%の人が1年以内に交際が実現しており、会員登録をするときは独身証明書も提出してもらうため、実績と会員の質向上も徹底しています。

もし、3ヶ月以内に出会いがないなら全額返金制度もあるため、スマホによるオンラインの結婚相談所ですがシステムは他の結婚相談所と変わりません。

そのため、結婚相談所の費用を節約したいならnaco-doを選ぶこともできます。

ブライダルシップ

ブライダルシップは入会金や登録料、成婚料が0円であり、出費は月会費の3,300円とマッチング成立費用のみです。

ブライダルシップは相性度が80%以上の人と出会うことができるようにスタッフがサポートしてくれたり、アウトドアやスポーツなどのイベントを通して出会い提供しています。

ブライダルシップのスタッフは資格を取得している人が婚活をサポートしてくれるので、自分と相性の良い相手をしっかり紹介して成婚までの的確なアドバイスを期待できます。

会員は面談で人柄や相性のバランスを確認して、通過できた人のみを入会するシステムなので会員の質にもこだわっています。

ブライダルシップに興味があれば、まずは無料説明会を聞いてみることができます。

パートナーエージェント

パートナーエージェントはコースによって料金に違いがありますが、コンシェルジュライトコースで初期費用3万円、月11,000円〜13,000円、登録料3万円、成婚料5万円となっています。

初期費用や成婚料、月会費など出費はかかりますが、成婚料金は相場よりも低い5万円であり、全体的に料金設定は安く設定されています。

パートナーエージェントでは、希望に合った人に出会うことができるように、婚活のサイクルを徹底しており、婚活のサポーターもコンシェルジュ以外にカメラマンやコーディネーターサービスデスクなど細かく分けられています。

パートナーエージェントの成婚率は27%となっており、もし3ヶ月以内に出会いがないなら全額返金制度もあるため、出会いなくお金のみが消えてしまうこともありません。

2019年には3,000人以上が成婚するなど実績もあるため、結婚相談所として利用を検討できます。

出費を抑えて結婚相談所を利用しよう

結婚相談所の料金は高いと思われるかもしれませんが、安い料金設定を提示している結婚相談所もあるため、自分の資金と相談して利用を考えることができます。

結婚相談所であればサポートを受けることができ、制度もしっかりしているのでマッチングアプリや婚活サイトよりも安心と信頼感は高いです。

本気で婚活を行うなら結婚相談所を利用した方がいいので検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました