スポンサーリンク

スポンサーリンク

お見合いの際にアピールしておきたいことは?相手に好印象を抱いてもらうようにしよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

婚活をするなら、どのように相手に好印象を持ってもらえるのかがポイントです。

婚活で相手が自分に対して悪い印象を持つなら、自分が「この人いいな」と感じてもカップリングすることができません。

そのため、婚活で良い印象を与えることができるようにアピールの方法について知っておくことが大事です。

特にお見合いの際、どのように相手にアピールすることができるのか内容を紹介しましょう。

お見合いでアピールできること

「お見合いのときにどのようなアピールを行えばいいの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

お見合いの際には以下のような点をアピールすることができます。

  • 趣味や特技をを話す
  • 休日の過ごし方を話す
  • 笑顔で接する
  • 清潔感のある服装を選ぶ
  • 相手の話に共感する

それぞれ解説しましょう。

趣味や特技を話す

趣味や特技を話すのは良いアピールとなります。

趣味や特技を持っているということは、自分の生活を楽しんでいることが分かり、自分を魅力的に見せることができるからです。

仕事を行い高収入を得ていることもアピールとなりますが、趣味がなく仕事だけだと結婚後の生活の楽しみが薄く感じてしまい魅力的に感じない人もいます。

また、自分に何か特技があるなら相手も自分に関して興味を抱くため、関心を引くことも可能です。

趣味はどんなものでもよく、自分のマイブームなどを話すことでも相手は魅力を感じます。

そのため、自分の好きなことや特技などがあるなら積極的に話すようにしましょう。

休日の過ごし方を話す

相手にアピールをするときは休日の過ごし方を話すのも良い方法です。

相手は休日にどのようなことをして過ごすのか知ることができれば、相手に対して興味を抱くきっかけとなります。

もし、休日の過ごし方で共通点が見つかれば、会話も盛り上がりマッチングしやすくなることに期待が持てます。

仕事が忙しく、あまり休みを取れない人もたまの休みにしていることを話すので大丈夫です。

「ずっと寝ている」や「ゴロゴロしている」などは良いアピールにならないので、読者や映画鑑賞など、活動していることを相手に伝えるようにしましょう。

笑顔で接する

相手と会話しているときは笑顔で接することも大事なポイントです。

相手と会話していて無表情なままだと、相手も話のテンションが上がらず、長く話しても印象が残らないことが多いです。

しかし、笑顔で相手に接するなら相手も話しやすくなり、会話を盛り上げることができます。

そのため、会話をしているときも常に笑顔でいることを心がけましょう。

笑顔で話すだけで相手は「もっと話したい」という気持ちになり、自分をアピールする機会が増えます。

清潔感のある服装を選ぶ

お見合いの際は清潔感のある服装を選ぶことも大事です。

服装は相手の目に1番初めに映る場所であり、自分の第一印象を決定付けさせます。

もし、服装が汚れていたりヨレヨレであったりするなら「身だしなみが悪い」と思われて敬遠されてしまいます。

敬遠されてしまうなら、婚活対象として見てもらえないため、服装や身だしなみに注意しておくことが大事です。

清潔感のある服装にするために、男性であればジャケットやスーツを着ることができ、女性であればワンピースなどを着用できます。

また、髪の毛も整えておき、男性は髭を剃ってくこと、女性はメイクをしておくことがおすすめです。

清潔感のある身だしなみをして、相手に良い印象を持ってもらえるようにアピールしましょう。

婚活の際の身だしなみのポイントとは?服装などは印象に関わるのでポイントを押さえよう
婚活をするときには身だしなみを整えておくことも大事です。身だしなみを整えることで相手に良い印象を抱いてもらうことができ、婚活が成功しやすくなります。婚活の際の見だしなみのポイントには何があるのか内容を紹介していきましょう。

相手の話に共感する

良いアピールをするために相手の話に共感することも大事です。

相手と会話をするときに話を聞き流したり別の話題になったりするなら、相手は「自分の話を聞いていない」と思い、がっかりしてしまいます。

会話で悪いイメージを持たれてしまうとアピールは難しくなるため、相手の話を聞いているときは「分かります」「大変でしたね」など、共感していることを言葉に出すのがいいです。

相手は話に共感してもらえれば、会話を継続しやすく好印象を持ってもらえます。

話の内容に関係なく、常に相手の話を聞く態度を持って共感できる部分を探すようにしましょう。

お見合いの際に避けておくアピール

お見合いをするときにアピールすることは大事ですが、避けておくべきアピールもあります。

勘違いしたアピールをしてしまうと、相手は不快感を抱かれてしまい、失敗する原因となります。

避けておくアピールは以下の点を確認しましょう。

  • 自分を過大評価して会話しない
  • ネガティブなことを話す
  • 相手に対する希望が多い

それぞれ解説しましょう。

自分を過大評価して会話しない

自分の長所をアピールすることは大事ですが、過大評価して会話することは避けておくべきです。

自分を過大評価して会話するなら、自意識過剰に見られてしまい「傲慢な人」という印象を相手に与えてしまいます。

そのため、自分の長所やアピールポイントを話すときは、口調を控え目にすることや謙虚な姿勢でいることが大事です。

また、自分の長所を話した後に相手の長所について質問して褒めるなら、自分のアピールポイントが相手にとって不快感を抱くこともありません。

自分を大きく見せることに注目するのではなく、自分の良いところを正確に知ってもらうように話すことを心がけましょう。

ネガティブなことを話す

お見合いの際にネガティブなことを話すのは避けておくべきです。

相手から褒められたときは、謙遜して自分を卑下するような言い方をすることもあるかもしれません。

しかし、自分に対してネガティブな発言をすることは、相手にとって良いアピールとはなりません。

ネガティヴなことを常に発言してしまうと、相手は「この人は自分に自信がない人なのかな」「ネガティブな意見ばかりで話がしにくい」と感じてしまうからです。

ネガティブな意見をずっと聞くことは相手にとっては苦痛に感じてしまいます。

そのため、ネガティブなことを言わずに褒められたときは「ありがとうございます」など相手の意見を肯定する言い方を行うようにしましょう。

相手に対する要望が多い

相手に対する要望が多くなることも避けておくべき点です。

お見合いの際に相手に対して要望が多くなるなら、相手はプレッシャーを感じてしまい、「付き合うと面倒」と思います。

もし「面倒」と思われてしまうなら、婚活では特に悪い印象となってしまうので、注意が必要です。

婚活でお見合いをしているので、相手に対して条件を設定するのは大事なことですが、お見合いの際に要望が多いと、高確率で相手は引いてしまいます。

相手に交際や結婚生活についての見方を聞かれたときは、自分が外せない1〜2個ほどの要望を伝えるのみにしておくのがおすすめです。

アピールを効果的に行いたいなら結婚相談所の利用がおすすめ

もし、お見合いでアピールを効果的に行いたいなら、結婚相談所の利用がおすすめです。

結婚相談所を利用するなら以下のようなメリットを得ることができます。

  • アドバイザーがアピールポイントをサポート
  • 自分に自心を持つことができる

それぞれ解説しましょう。

アドバイザーがアピールポイントをサポート

結婚相談所のアドバイザーはアピールポイントをサポートしてくれます。

自分の長所や魅力を考えても、どのようにアピールすれば良いのか分からないなら、アドバイザーにサポートしてもらい、プロフィール欄を埋めていくことができます。

アドバイザーはアピールの方法を知っているので、始めてプロフィールに書く際は自分で書くよりもアドバイスを聞きながら記載した方が効果的です。

また、お見合いの際にどのように自分をアピールすれば良いのか、話し方についても教えてくれます。

相手にアピールを効果的に行うポイントを分かりやすく知ることができるので、初めての方はおすすめできます。

自分に自信を持つことができる

結婚相談所のアドバイザーにアピールの仕方を教えてもらえるなら、自分に自信を持つことができます。

アドバイザーはいろいろな人のお見合いを見ているので、どのようなアピールの方法が効果的なのか理解しています。

自分をアピールすることが苦手な人も、アドバイザーの教えを聞くことで自信を持てるので、お見合いの際も臆せずに会話で自分をアピールできます。

自分に自信を持つことができれば、相手も魅力を感じやすくなるので、お見合いの成功率も上がるでしょう。

婚活の際はアピールポイントを確認しよう

婚活の際に大事なのはアピールポイントをしっかり相手に伝えることです。

アピールポイントを相手に伝えることができれば、自分に好印象を抱いてもらうことができ、マッチングや交際への可能性も上げることができます。

婚活を短期間で終わらせることや、少しでも良い相手とマッチングしたいなら、アピールの方法は知っておくべきです。

良いアピールをすることができるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました