スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活の交際中にケンカしてしまったならどうすべき?円満な関係を持続させよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

婚活していて交際に発展したなら「良い関係を持続させたい」と思うでしょう。

そのため、交際しているときに相手を怒らせることや失礼な行動を取らないように注意するはずです。

しかし、ちょっとしたことで些細な言い合いが生じてケンカしてしまうこともあるでしょう。

もし、交際中にケンカしてしまったなら「どうしよう?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。

交際していてケンカした際の対処法について紹介します。

交際しているときにケンカしてしまう理由?

交際しているときにケンカしてしまうことがありますが、どんなことでケンカしてしまうのか原因や理由を知っておくことが大事です。

ケンカする理由に以下のような理由があります。

  • 相手の嫉妬や束縛が強い
  • 自分をバカにしたようなな発言をする
  • ルーズなところが多い
  • 意見の食い違い

それぞれ解説していきましょう。

相手の嫉妬や束縛が強い

交際相手の嫉妬や束縛が強いとケンカになってしまうことがあります。

少し異性の友達を褒めただけで嫉妬されて何か言われてしまうと、自分も気分が良くなく相手に何か言い返してしまうことがあります。

また、「〜しないで」「ちゃんと連絡をして」など束縛が強いと口論に発展してしまうこともあります。

嫉妬や束縛は度合いにもよりますが、相手の気分を害しているので、何か言い返したり少し強い口調だったりするならケンカに発展しやすいです。

嫉妬や束縛が許せるものであればケンカにまでは発展しませんが、自分を含めて相手の気分を害することになっていないか確認することが大事です。

自分をバカにしたような発言をする

自分をバカにしたような発言を相手からされると、ケンカの原因になってしまうことがあります。

交際して期間が経ってくると、お互いに心を許してくだけた表現を使用することもあります。

その際に少し冗談を言うこともあると思いますが、自分のコンプレックスをいじった冗談や、欠点を指摘するようなことを言われると良い気分はしません。

もし、自分をバカにしたような言葉がデートなど一緒にいるときに多いなら、相手に言い返して口論となりケンカに発展しやすいです。

相手をバカにしたような言葉を使うと「関係性が良くなる」と思う人もいるようですが、相手からすると気持ちの良いものではありません。

自分も相手をバカにしたような言葉を発しているようであれば注意した方がいいでしょう。

ルーズなところが多い

交際をしていて、ルーズなところが目に付いてしまうとケンカに発展してしまうこともあります。

ルーズな部分は例えば、毎回デートなどの約束に遅刻してしまうこと、自分の頼みを忘れて適当に処理してしまうことなどです。

全てのことを完璧にすることは無理なのでルーズな部分が出ることもありますが、毎回ルーズな部分を出してしまうと相手もイライラしてケンカに発展してしまうことがあります。

ルーズな部分は、自分と相手の性格の違いや重要度の認識の違いから、ケンカになってしまうことが多いです。

ズボラな性格の人やルーズな見方がある人は、つい考えの違いから相手をイライラさせてしまうこともあるため注意が必要です。

意見の食い違い

意見の食い違いによってケンカに発展してしまうこともあります。

交際していると少しの価値観の違いや見方の違いが生じることもあります。

意見や見方の違いがあれば、「自分の考えを知って欲しい」と思うかもしれませんが、その気持ちの意識が強くなってしまい、口論に発展してしまうことがあります。

例えば、デートで食事する場所やデートをする場所など、些細な意見の違いがケンカに発展することもあります。

そのため、自分の考えを押し付けるようなやり方は、避けるようにした方がいいでしょう。

押し付けるような言い方をすると相手も反発しようとするので、意見の食い違いがあった場合は相手の意見を聞くなど尊重する態度を持つようにしましょう。

ケンカしてしまったときの対処法

ケンカをしてしまったときの対処法について知っておきたいこともあるでしょう。

ケンカをしてしまったなら直ぐに和解して仲直りすることが大事です。

ケンカをしてしまったときの対処法は以下のようなことが行えます。

  • 自分から相手に謝る
  • 話し合ってコミュニケーションを取る
  • 相手の好きなプレゼントを送る

それぞれ解説していきましょう。

自分から相手に謝る

ケンカをしてしまったときは、相手に謝ることが大事です。

素直に自分から非を認めて謝るなら、相手もずっとケンカしている状況は避けたいはずなので、仲直りできて良い交際を続けていくことができるでしょう。

ただ、ケンカをしたときに自分からではなく、相手から謝ることを待っていてはいけません。

相手から謝ることを待っているなら、ずっとケンカした状態が続いて関係性が悪化してしまう可能性が高いからです。

自分から謝ることで気まずい雰囲気を改善することができるので、自分から行動して関係の修復に努めましょう。

話し合ってコミュニケーションを取る

ケンカをしてしまったときは、話し合いをしてコミュニケーションを取ることもできます。

お互いに何が嫌だったのか、どういう気持ちになったのかを話し合ってコミュニケーションを取ることで仲直りするきっかけを作ることができます。

話し合いをした際に「〇〇が良くなかったのか」「イライラしていた原因は〇〇だったのか」と相手のことをより知ることができる機会ともなります。

もし、今後も良い関係を築いていきたいなら、ケンカをしたときこそ話し合いをして解決していった方が、お互いの理解が深まるのでおすすめです。

話し合いのときは自分の意見を一方的に述べることがないように、注意しておくようにしましょう。

交際中に「避けられている?」と感じる行動とは?修復する秘訣とは何か?
交際相手から避けられているように感じるなら「どうすればいいの?」と悩んでしまう人もいるでしょう。交際相手に避けられてしまうのは原因があり、必要な対処をすることで解消することが可能です。どのように行動すべきなのか内容を紹介しましょう。

相手の好きなプレゼントを送る

相手の好きなプレゼントを贈ることも1つの対処法と言えます。

プレゼントを贈るなら、相手も嬉しい気持ちになるため、ケンカをしていて怒っている状態でも、感情が和らぎます。

プレゼントを贈って相手の気持ちが落ち着いてきたときに、ケンカの原因を謝るなら相手も快く許してくれて良い関係を続けていくことができます。

また、相手にプレゼントを贈るときは相手の好きなものを選ぶようにしましょう。

相手にとってどうでもいい物を贈っても感動を得られないなら、あまり意味がありません。

好きなものが分からないなら花や食べ物など、一般的に好きそうな物を贈ることがおすすめです。

プレゼントによる仲直りの方法も活用してみましょう。

ケンカをしてしまった後のNG行動

ケンカをしてしまった後はNG行動に注意しておくことも大事です。

ケンカをしてNG行動を取ってしまうと、関係性が悪くなり最悪別れにつながることもあります。ケンカをしてしまった後のNG行動としては以下のようなことがあります。

  • お互いに距離を取る
  • 相手を非難する

それぞれ解説していきましょう。

お互いに距離を取る

交際をしていてケンカしたときにお互いが距離を取ることはNG行動です。

もし、ケンカをして距離をとってしまったなら、仲直りする機会が遠のきお互い交際をする意欲が無くなってしまうこともあるからです。

もし、どちらかが距離を取られたために気持ちが離れてしまったなら、交際を続けていくことが難しくなり別れてしまう原因となってしまいます。

もし、ケンカをしてしまったときは、距離を取るよりも修復することが大事なので、近づく行動を取ることが求められます。

メールや電話でも、相手とコミュニケーションを取ることができるようなら、できるだけ取るようにして気持ちが冷めないようにする必要があります。

相手を非難する

相手を非難することも避けるようにすべきです。

相手を非難してしまうと、相手は責められているように感じて気分を害してしまったり、大きなストレスを感じたりします。

相手を非難しても関係が良くなることはなく、逆に相手を追い詰めることになるので交際を続けること自体が難しくなってしまいます。

何か相手に言いたいことがあっても「非難されている」と相手が感じないように、柔らかい口調や言葉使いに注意して話し合いをすることが大事です。

冷静にコミュニケーションをとることができれば、ケンカも収まってわだかまりがなく仲直りすることができるでしょう。

結婚相談所ならケンカをしてもサポートしてもらえる

ケンカをした際にサポートをして欲しい場合は、結婚相談所に登録しているならサポートを期待することができます。

結婚相談所であれば、アドバイザーがおられるでので、ケンカをしたとしても仲介して仲直りのきっかけを作ってもらうことができたり、仲直りのアドバイスをもらったりできます。

些細なことでケンカをしてずっと関係が悪くなってしまうのはとても残念なので、仲直りのすることはとても大事です。

もし、ケンカをしたときに上手く仲直りをすることが難しく感じるなら、結婚相談所で交際相手を見つけるのも良い方法です。

サポートかを受けて交際から結婚まで順調に行うことができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました