スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際中に気まずい雰囲気でダメになる!対処方法とは?

婚活
スポンサーリンク

交際中に相手と気まずい雰囲気になってしまうこともあるでしょう。交際しているときは楽しいときは悩みは少ないですが、気まずい雰囲気になると「どうすればいいの?」と対処法について考えます。

交際しているときに気まずい雰囲気となって長引いてしまうと、最悪別れに繋がることもあるので、早めの対処が必要になります。どのように気まずい雰囲気を解決することができるのか紹介していきましょう。

交際中に気まずい雰囲気となる原因交際中

交際しているときに気まずい雰囲気になることは原因があります。どのようなことで気まずい雰囲気を出してしまうのか以下のような原因が考えられます。

口論となってしまった

交際していると相手と口論してしまうこともあるでしょう。口論の原因にもいろいろありますが、1度口論してしまうと関係が気まずくなり、次のデートの約束や連絡も行うのが難しくなります。

もし、些細なことで口論してしまったなら、直ぐに謝ることで気まずい雰囲気はなくなりますが、深刻な問題で口論となったり相手に酷いことを言ってしまったときは、謝っても気まずい雰囲気が続いてしまうこともあります。

口論は交際しているカップルが気まずい雰囲気となりやすい、大きな原因です。

連絡をあまりしなかった

交際中に連絡をしなくなることも、気まずい雰囲気になってしまうことがあります。ケンカをしたときや仕事などで忙しいときは交際中の相手に連絡をしなくなることがあります。しかし、連絡しない期間が長くなるなら、相手も自分も気持ちが離れてしまうきっかけとなります。

連絡しない期間が長引くと、気まずくなってさらに連絡するのが難しくなりますが、放置しておくと交際自体が自然解消される原因ともなるので、気まずい中でも早めに連絡を取るのはいいです。

デートをドタキャンしてしまった

デートをドタキャンしてしまったなら、気まずい思いをしてしまうこともあります。デートを約束していた日に急な仕事などの用事が入ってドタキャンされれば相手はかなり凹みますし、長い間会えずに久しぶりのデートであれば、よりダメージが大きくなります。

もちろん、急に大事な用事が入ってしまった場合は、デートをドタキャンしてしまうのも仕方ない時もあります。しかし、気まずいからと言って相手に連絡やフォローもしないようだと関係が悪くなってしまう原因ともなるので、注意する必要があります。

焦って失敗した

焦って失敗してしまい、恋人と関係が気まずい雰囲気となってしまうこともあります。焦ってしまうことは例えば、彼氏の場合はデートを計画してプラン通りに事を進めたくて、彼女の意見を聞かずに行動してしまうことがあります。

彼女の場合は彼氏の行動が自分よりも遅くてイライラしてしまい、ケンカの原因になることもあるでしょう。

何事もいい動機で行おうとしていても、焦って失敗してしまうことで気まずくなり、関係が悪くなってしまうこともあります。

会話が続かなくなった

会話が続かなくなって沈黙する時間が長くなると、気まずい雰囲気となってしまうこともあります。会話絵したくても「何を話せばいいの?」「反応が薄い」と思ってしまうと沈黙する時間が長くなり、デートの雰囲気は壊れてしまうでしょう。

映画やDVDを見るなど、沈黙できる雰囲気であればいいですが、食事デートでは沈黙していると好感度がグッと落ちてしまうことになり、次のデートにつながらないこともあります。

デートを忘れてしまった

デートする日を忘れてしまったときも気まずい雰囲気となります。

仕事や用事など予定が重なると忘れてしまうこともあるかもしれませんが、もしデートが1ヶ月ぶりなど、長期間会えておらず久しぶりのデートを忘れてしまうなら、相手から呆れられてしまい、関係が悪くなることもあります。

いつもデートをしていて忘れてしまっているなら、大したダメージにはならないこともありますが、基本的にデートを忘れると交際が厳しくなることもあるので注意が必要です。

交際していて気まずいときの対処法

交際していて気まずい雰囲気となってしまったときは早めに対処することが大事です。早めに対処しないと関係が悪くなり、最悪別れる原因につながることもあります。気まずいときにどのような対処ができるのか紹介しましょう。

正直に謝り次の約束をする

交際して気まずい思いをしたときに、自分に非があるなら素直にその事を謝ることが大事です。自分に非があって、そのまま気まずい状態を放置しておくなら恋人の気持ちは離れていき、別れる原因となってしまうことがあります。

もし、自分に非がなくて相手に非がある場合でも、自分から歩み寄る態度を示すことは大事です。恋人も何かきっかけがあれば素直に謝ることができるかもしれないので、自分から行動することを心に留めておく必要があります

謝ることができれば気まずい雰囲気を改善することができるはずなので、念頭に置いておきましょう。

サプライズをしてみる

気まずい雰囲気となっているなら、雰囲気を変えることが大事です。雰囲気を変える方法としてはサプライズを行うこともいいです。サプライズとなると「大規模な準備が必要」と思うかもしれませんが、簡単なものでプレゼントを用意するというのでもいいですし、ご飯を奢るというのでもいいです。

恋人に対して自分の気持ちを行動に表すことで、気まずい雰囲気が元の雰囲気に変わることがあります。サプライズとしても簡単なものでいいので、雰囲気を変えることを念頭に置いておきましょう。

気まずい雰囲気の対処が難しい人は結婚相談所を利用しよう

結婚相談所を利用して出会いを見つけ交際にまで発展している人であれば、気まずい雰囲気になったときアドバイザーに頼って対処してもらうことができます。どのようにアドバイザーに対処してもらうことができるのか以下の方法があります。

アドバイザーがアドバイスをくれる

結婚相談所で出会い交際に発展すれば、アドバイザーは成婚に向けてアドバイスをしてくれます。結婚相談所にいるアドバイザーは婚活のプロの方たちなので、交際に発展して気まずい雰囲気を出しているなら、その改善策も根拠に基づいて提案してくれます。

気まずい雰囲気が続くと婚活がスムーズにいかなくなり、交際中に気まずい雰囲気になったときは乗り越える力も必要です。

しかし、自分で気まずい雰囲気を打破することが難しいなら、結婚相談所のアドバイザーからアドバイスをもらってしっかりした行動を取れるようにする必要があるでしょう。

仲介者としての役割もしてくれる

結婚相談所のアドバイザーは何か問題になったときに、仲介者として関係の改善を行ってもくれます。交際中の問題はお互いで話し合って解決するのがベストですが、そのようにできないこともあります。

気まずい雰囲気を持ったときに自分たちで改善することが難しいようなら、仲介者としてアドバイザーにも入ってもらい、お互いの仲が改善できるように取り計らいましょう。

第三者に仲介してもらえると気まずい雰囲気を改善でき、良好な関係に戻り成婚に向けて交際をしていくことができます。気まずい雰囲気が続くならアドバイザーを頼るようにしましょう。

おすすめの結婚相談所はパートナーエージェント

結婚相談所でおすすめできるのはパートナーエージェントです。パートナーエージェントは価値観診断なの出会いを求めることができ、自分と相性の良い人と出会いやすいです。

また、アドバイザーもしっかり成婚までサポートしてもらうことができ、交際中のときでも相談をして問題を改善することが可能です。気まずい思いをして交際がうまくいかないように感じても、アドバイザーのアドバイスや仲介で交際の問題を解消することが可能です。

パートナーエージェントで1年以内の成婚率は60%以上となっており、短期間で成婚できる確率も高いです。交際がうまくいかずに婚活が進まない人はパートナーエージェントを利用してみることができます。

気まずい雰囲気を乗り越えて良い交際を続けていこう

交際をしているなら気まずい雰囲気が生じてしまうこともありますが、気まずい雰囲気が出た場合は自分から対処することが大事です。自分で対処するように行動するなら交際で別れることなく結婚に向けて進んでいくことができるでしょう。

また、気まずい雰囲気をできるだけ生じさせないように注意することも大事です。交際のときに頻繁に気まずい雰囲気を出すなら、交際を続けにくくなります。交際中の自分の行動にも注意して良い関係でいられるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました