スポンサーリンク

スポンサーリンク

お見合いに使用するプロフィールはどうすれば良い?注意点も確認しておこう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

婚活を行うときはいろいろな準備をする必要がありますが、その中でポイントになるのが、プロフィールです。

結婚相談所でも自分の魅力を伝えるために、プロフィールを記載して写真を載せることで、お見合いの申し込み率を上げることができます。

ただ、プロフィール作成をするときは適当に行うのではなくポイントを考慮して作成することが大事です。

婚活の際に有利にすることができるように、プロフィールの作成について考えておきましょう。

お見合いの際のプロフィール作成する際のポイント

お見合いの際にプロフィール作成をするときはポイントを把握しておく必要があります。

どのようなポイントを把握できるのか以下をご覧ください。

  • アピールポイントを絞る
  • 長文になり過ぎないようにする
  • 自分の趣味を記載
  • 共感できる内容を記載

それぞれ解説していきましょう。

アピールポイントを絞る

プロフィール作成をするときはアピールポイントを絞ることは大事です。

自分が閲覧した人に好意的に感じてもらうためには、自分をアピールすることが大事です。

しかし、プロフィール欄にアピールポイントが多いと、閲覧した相手は「この人はどんなことは得意なのだろう?」「強みは何なのだろう?」と自分の特徴を把握できないこともあります。

そのため、自分が1番知って欲しい部分を、アピールポイントとして記載することが大事です。

自分がアピールしたい部分を絞って記載するなら、相手も自分の強みを知ることができ、魅力を感じることができます。

プロフィール欄に記載するのは多くて3つまでのしておき、分かりやすい言葉で記載するようにしましょう。

長文になり過ぎないようにする

プロフィールを記載するときは長文になり過ぎないようにする必要があります。

プロフィールへの記載が多いほど、閲覧した人が良い印象を持ってくれると期待できるかもしれません。

しかし、プロフィール欄の情報が多く長々とした文になってしまうと、何が言いたいのか相手に伝わらず、自分をイメージしてもらうことが難しくなります。

また、長文のプロフィール作成となると相手も読む気が無くなってしまい、スルーされてしまう可能性もあります。

そのため、婚活の際のプロフィールの文章はできるだけ明確に、短く記載することが大事です。

短く意味の通った文章あれば相手も時間かけずに読むことができるので、自分をアピールすることができます。

自分の趣味を記載

プロフィール作成をするときは、自分の趣味を記載しておくようにしましょう。

趣味を記載したなら、もし閲覧した人が同じ趣味を持っている場合、一気に親近感が湧き、マッチングする確率が上がります。

そのため、趣味が豊富であるなら、できるだけプロフィール欄に趣味を記載しておくのがおすすめです。

「趣味を持っていない」と思う人も、何でもいいので趣味を記載しておくのがいいです。

マニアックなものでも趣味があるだけで、相手は自分に対しての印象を大きく変えて、好意的に見てもらえるからです。

趣味を考えてプロフィールの内容を充実させましょう。

共感できる内容を記載する

プロフィールには共感できる内容を記載することも大事です。

プロフィール欄に相手も共感できる内容を記載するなら、親近感を抱かせることができるので、マッチング率を高めることが可能です。

共感できる内容にもいろいろありますが、例えば料理が好きであれば「一緒に料理を教えてもらえれば嬉しい」と記載することができます。

この内容なら料理好きな人は共感を誘うことができ、相手も自分に対して興味をいだかせられます。

共感を抱かせるには自分の好きなことを記載するのが良い方法なので、相手に共感を抱いてもらえるようにプロフィールを書きましょう。

婚活は短期間で終わらせよう!早く婚活を決めるには結婚相談所の利用がおすすめ!
婚活を短期間で終わらせたい人もいるでしょう。婚活は長引いてしまうとモチベーション維持が難しくなるので、短期間で成婚できるように行う必要があります。婚活を短期間で終わらせるには結婚相談所の利用がおすすめです。内容を紹介しましょう。

プロフィールでアピールするときの注意点

プロフィールで相手にアピールするときは注意点もあります。

どのような点に注意して記載していくことができるのか以下の点を押さえておく必要があります。

  • 自分を過大評価しない
  • ネガティブなことは記載しない
  • 嘘は書かない
  • 空欄はできるだけ少なく

それぞれ解説しましょう。

自分を過大評価して書かない

自分のプロフィールの文章を書く際は過大評価しないように注意すべきです。

自分の特徴や長所を記載するのは良いことですが、自慢のように記載するなら相手は「この人は自信過剰なのかな」と悪いイメージを持つことがあります。

自分の過大評価のとしては例えば、いろいろな賞を得ていることを強調するような文章にすると「過大評価」と受け止められることもあります。

自分の良い点を記載するのは大事ですが、自慢のように書くとアピールに失敗してしまうことになるため、注意して記載するようにしましょう。

ネガティブなことは記載しない

プロフィールを記載するときは、ネガティブな内容にならないように注意すべきです。

自分の悪いところをプロフィールに記載するなら、相手は自分にとって悪い印象しか残らなくなります。

もちろん、良いことばかり記載しているなら、プロフィールを閲覧した人も「自意識過剰」と捉えることもあるため、記載にはバランスが重要です。

「自分はあまり〜ができない」「大した人間ではない」など、ネガティヴなど内容を記載し過ぎると、閲覧者は魅力を感じず「お見合いの申込みをしたい」とは思いません。

ネガティブなことよりも「〜ができるようになりたいです」などポジティブな意見を入れてプロフィール作りを行うようにしましょう。

嘘は書かない

プロフィールを書くときは絶対に嘘を書かないようにすべきです。

自分のプロフィールをよく見せようとして、全く事実と違うことを記載するなら、マッチングの運営からも注意を受け、最悪除名されることもあります。

特に、年収や身長、またプロフィール画像などは自分の見栄を良くするため、多少盛ることもあるかもしれません。

しかし、年収が300万円ほどなのに500万円など、大きくかけ離れた内容は嘘と捉えられることもあるため、プロフィールを書くときは、どんな内容でも嘘とならないように注意すべきです。

空欄はできるだけ少なく

プロフィールを記載するときは空欄を少なくすることが大事です。

プロフィールの欄に空欄が多いと閲覧した人は、どのような人なのか予想することができません。

プロフィール欄は自分の特徴や人格を相手にしっかり伝えるためにも、空欄となる部分はできるだけ無くして、全て記載しておくようにしてください。

自分に該当しないような欄があったとしても、関連したような内容を記載できそうなら、書いてアピールするようにしましょう。

プロフィール欄に空欄がなく、全て記載できているなら、マッチング率も向上することが期待できます。

婚活のプロフィール欄をしっかり記載しよう

婚活をするときはプロフィール欄の記載がとても大事です。

プロフィール欄にしっかり情報が記載されているなら、相手は自分がどのような人なのか想像しやすくなり、魅力もしっかり伝えることができます。

プロフィール欄の記載内容は多くてもめんどくさがらず、しっかり丁寧に書くことが婚活成功への道につながります。

プロフィール欄への記載のポイントを押さえて記載していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました