スポンサーリンク

スポンサーリンク

お見合いでタメ口は絶対にNG!丁寧な言葉遣いを心がけて良い印象を与えよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

お見合いをするときは相手に良い印象を与えることが大事です。

相手に良い印象を与えることができれば、交際やお付き合い、そし成婚につながるため、自分の言動には細心の注意を払う必要があります。

もし、お見合いで良い印象を与えたいなら言葉の使い方に注意する必要があり、タメ口にならないようにする必要があります。

タメ口で話すようにすると相手に悪い印象を与えることになるからです。

お見合いの際のタメ口について内容を紹介します。

タメ口が悪い印象となるのは

お見合いの際にタメ口は悪い印象となりますが、どのような理由で悪い印象となるのか知っておくことも大事です。

タメ口が悪い印象となるのは以下の理由です。

  • マナー違反と思われるため
  • 馴れ馴れしい人に思う
  • 礼儀がなく今後に不安を感じる

それぞれ解説しましょう。

マナー違反と思われるため

お見合いの際にタメ口で話すことはマナー違反と思われます。

お見合いではお互いに初対面なので、初めて会う者同士です。

初めて出会ったときにタメ口で話されるなら「大人としてのマナーを知らない人なの?」と感じて一気に不快を感じます。

仕事や私生活でも同じですが、初対面で会った人にいきなりタメ口で話すことは「非常識」と認識する人が多いです。

タメ口で緊張感を和らげることや「距離を詰めたい」という思惑で話すこともあるかもしれませんが、逆効果となって悪い印象を与えるだけです。

タメ口は友人関係ができている人であれば問題ないですが、お見合いなど初対面で真剣な場所では悪い印象しか残らないので注意しましょう。

馴れ馴れしい人に思う

お見合いの際にタメ口を聴くと、相手は馴れ馴れさを感じてしまいます。

「馴れ馴れしい」と感じてしまうと、相手は「人への敬意がない」と感じてしまうため、良い印象とはなりません。

関係性ができている人であれば、タメ口で馴れ馴れしくても「愛嬌」と感じてくれます。

しかし、自分のことを知らない相手は馴れ馴れしさを感じると不快感しか残らないため、お見合いは高確率で失敗してしまいます。

そのため、お見合いの際にタメ口を使用することは避けておくのがおすすめです。

礼儀がなく今後に不安を感じる

お見合いのときにタメ口を聞いてしまうと「礼儀がない」と感じ「この人と一緒にいるのは将来が不安」と悪いイメージに解釈してしまう可能性が高いです。

「礼儀がない」という印象は「常識がない」と連鎖してイメージするため、自分の印象がかなり悪くなってしまいます。

もし「常識がない人」という印象なら、相手は結婚した後も苦労することをイメージするため、お見合いの第一印象で拒否する可能性が高いです。

そのため、タメ口で相手に話すなら、悪いイメージしか残らなくなり、会話で頑張って質問をして成功する確率は低くなります。

お見合いの際にアピールしておきたいことは?相手に好印象を抱いてもらうようにしよう
お見合いの際にアピールの仕方を知っておくことは大事です。アピールの仕方が良いなら相手に関心を持ってもらうことができ、マッチングの確率が高くなります。お見合いの際のアピールポイントにはいろいろあるので、どのように行えるのか内容を紹介しましょう。

丁寧に話す際のポイント

お見合いでは丁寧に話すことが大事になります。

丁寧に話すことで相手に良い印象を与えることができ、お付き合いなどに繋げやすくなります。

丁寧に話すポイントは以下のようになります。

  • 「〜です」「〜ます」の言葉で話す
  • 正しい単語や意味の言葉を使う
  • 流行語やネット用語を話さない

それぞれ解説します。

「〜です」「〜ます」の言葉で話す

お見合いの際は「〜です」「〜ます」という言葉を使うようにしましょう。

話の最後の語尾に「〜です」「〜ます」と付けるなら、丁寧語なので相手も違和感を感じずに会話することができます。

丁寧語で話すようにするなら、タメ口のように聞こえることはないですが、口調に注意しておかないとタメ口に聞こえてしまうこともあります。

丁寧語でも軽い口調や言葉を途切れ途切れに話すようであれば、タメ口に聞こえてしまうこともあるため注意しましょう。

正しい単語や意味の言葉を使う

お見合いで会話をするときは正しい単語や意味で言葉を使うことも大事です。

お見合いで使用している言葉の意味が違ったいたり、間違った使い方をしていたりするなら、相手は「言葉の意味を知らないのかな?」と常識を疑われることがあります。

正しい言葉使いをしないなら、普段から丁寧な言の使用に慣れていないことになり、相手からは不信感を持たれることもあります。

お見合いで自分の言葉使いによって相手に不信感を持たれてしまうのは、もったいないマイナスの印象となります。

言葉使いに注意して、お見合いで会話をするようにしましょう。

流行やネット用語を話さない

流行している言葉やネットのみで使用されている言葉は、できるだけ使わないようにすべきです。

流行や使用されているネット用語は相手にとっては理解にくく、自分が言いたいことが相手にとってわかりにくいこともあります。

また、流行語やネット用語は正しい日本語として認知していない人も多いため、流行語やネット用語を使用して会話すると「非常識」と思われることもあります。

お見合いの会話で流行やネット用語を使用するとマイナス評価になる可能性があるので、使用しないように注意しましょう。

タメ口を克服するために

お見合いでタメ口で話してしまうなら、良い印象を与えることはできず、逆悪い印象を与えてしまうことになります。

タメ口にならないように克服するためには以下の方法を考えることができます。

  • 普段の会話から注意する
  • 書籍などで学習する

それぞれ解説しましょう。

普段の会話から注意する

普段からタメ口であれば、お見合いのときもタメ口になってしまう可能性があります。

生活の中でいつもタメ口を使用するなら、すでにタメ口が習慣化されているため、注意していてもタメ口が出てしまうこともあります。

そのため、日常生活からタメ口ではなく丁寧語を話すように意識しておくことが大事です。

友達と一緒にいる時などはタメ口でも問題ないですが、仕事や初対面の人に出会うときなどは、まず丁寧語から話すことを意識しておくのがおすすめです。

お見合いで良い印象を持ってもらえるように、丁寧語を使用するようにしましょう。

書籍などで学習する

タメ口が出ないようにするためには、丁寧語を学習することが大事です。

そして、丁寧語の学習をするためには、書籍などで学習するのがおすすめです。

ネットの記事などを見ることもできますが、正しい言葉の使い方になっているのか定かではないこともあるため、書籍を見て言葉の学習をした方が確実です。

タメ口が出ないようにするには正しい言葉使いを学習するのが効果的なため、お見合いで言葉使いに注意したい人は学習するようにしましょう。

お見合いでは会話の質が大事

お見合いでは会話をするため会話の質も大事になりますが、会話する際の言葉使いも大事です。

お見合いで正しい言葉使いで会話をするなら、相手も違和感なく好印象を抱くことができます。

お見合いでせっかく良い会話をしても、言葉使いで印象が悪くなるのは非常にもったいないことなので、ぜひ言葉使いに注意してお見合いに臨むようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました