スポンサーリンク

スポンサーリンク

婚活で「合わない」と感じたならどうすべき?

婚活
スポンサーリンク

結婚したい人は婚活をして自分の理想の人を探します。婚活をすることで、いろいろな人に出会うことができ、自分が「いいな」と感じれば交際して付き合うこともあるでしょう。

しかし、交際して付き合ってみると自分が「合わない」と感じることもあり、「この人と交際をやめたい」と感じることもあります。ただ、婚活の内容にもよりますが「合わない」と思っただけで別れることに抵抗を感じる人やどのように別れを切り出そうか迷ってしまう人もいるでしょう。

婚活で合わなかった場合の対処法について紹介します。

婚活の交際で「合わない」と感じるとき

婚活をして交際に発展したときに「合わない」と感じてしまうことがあります。ただどのような場合に「合わない」と感じることがあるでしょうか?以下の3つのタイミングの場合「合わない」と感じるかもしれません。

結婚観が違うとき

交際を始めても結婚観が違うなら「合わない」と感じやすいです。例えば、女性の場合、自分は仕事をしたくても相手から「専業主婦をして欲しい」と言われたなら結婚観に違いが生じます。

結婚観に違いが生じてしまうと、結婚生活を考えたときに双方の意見が違いうまく生活を行えないことが予想できます。もちろん、交際中に話し合いをすることで考えがまとまることもありますが、平行線であれば何も解決しません

もし、結婚観のズレが生じてしまったときは交際を続ける意味を感じなくなるでしょう。

会話でストレスを感じるとき

交際をしているなら会話をすることもありますが、会話をしていてストレスを感じるなら「合わない」と感じやすいでしょう。

会話でストレスを感じるときは、会話が噛み合わないことや相手が話を聞いてくれないなど、いろいろあります。

会話をしていて精神的にストレスを感じてしまうなら、結婚した後はストレスがずっと続いてしまうことになります

交際をしていてストレスを大きく感じるようであれば、良い関係を築いていくことは難しくなるので、「合わない」と思い、別れる原因ともなるでしょう。

相手への関心が薄れてしまうとき

交際をしていて相手への関心が薄れてきてしまうと「合わない」と感じることもあるでしょう。交際を始めたときは相手への関心も高くなっていても、交際が続いて相手への人となりや性格などを知っていくと「自分とは違う」と思い、関心が薄れてくることもあります。

相手への関心が薄れてしまうと「一緒にいたい」という思いよりも「1人でいたい」という思いが強くなってくるので、結婚に対して前向きに捉えることができません。

「合わない」と感じるときに関心が薄れてきていないかチェックしてみましょう。

交際で「合わない」と感じたときの対処法

婚活で交際に発展しても「相手と合わない」と感じるなら行動を取ることが大事です。どのような行動を取ることができるのか対処法を紹介します。

別れを切り出す

交際で「合わない」と感じれば別れを切り出す人もいるでしょう。お互いに話し合いをしても全く進展することができず、平行線であれば交際を続けても成婚に至る見込みはありません。

無理をして続けてもお互いのためにはならないので、別れてお互いに自分の合う人を再度探すのが良い方法となることもあります。

もちろん、別れるときはお互いに納得する必要があり、自分が「別れたい」と思っても相手が別れる意思がないなら、交際関係を解消するのが難しくなることもあります。

別れを切り出すときには、状況を把握してお互いが納得するように行う必要があるので、別れる理由や今後の交際に意味がないことをはっきり告げる必要があるでしょう。

お互いに話し合う

「合わない」と感じたときは、お互いに話し合うことも大事です。自分が「この部分は合わない」「言っても無駄だろうな」と自分の中だけでモヤモヤしていると不満が溜まってしまい、大きなストレスとなってしまいます。

もし、自分が「合わない」と思うなら、その内容を相手にも伝えて話し会うことが大事です。相手も自分が「合わない」と思う理由を聞いたときに、改善するように努力してくれることもありますし、お互いの思違いによってズレてしまっていただけの場合もあります。

「合わない」と感じても話し合いで解決できる場合もあるので、交際中は相手と話し合う機会を持つようにしてみましょう。

友人などに相談

「合わない」と感じたときは、友人に相談することもできます。自分の友人に交際している相手と「合わない」理由や原因を話すなら、友人が相談にのって解決策を提案してくれることもあります。

本来は当人同士で話し合うのが良いですが、交際を始めた当初や相手に言いにくいことなどがあれば、友人に相談して「合わない」改善点についてアドバイスを求めることもいいです。

もし、当人同士で話し合うべきという結論に達しても、友人に相談していれば、友人と交えて3人で話し合うこともできます。「合わない」けど関係を改善していきたいなら、友人に相談するのは十分良い方法と言えます。

結婚相談所なら「合わない」と感じたときもサポートしてもらえる

もし、婚活で交際のときもサポートしてもらいたいなら結婚相談所を利用してみることができます。結婚相談所では婚活で交際に発展して「合わない」というトラブルが起きてしまった時もサポートを得ることができます。

どのようなサポートを得られるのか紹介しましょう。

アドバイザーがプロの目線でアドバイス

結婚相談所であればアドバイザーがプロの目線でアドバイスをしてくれます。プロの目線でアドバイスをしてもらうなら、交際でどの部分を改善するように行動すべきか、どんなアプローチをすればいいのか適確に理解できます

交際したときに「合わない」と感じてもプロのアドバイスがあれば関係を修復しやすくなり、交際を持続しやすくなります。交際にまで発展しても、交際でうまくいかずに関係を解消してしまうことが多いなら、結婚相談所を利用してみることができます。

結婚相談所の保護を得られる

結婚相談所では交際中もアドバイザーがアドバイスしてくれたり、仲介的な役割をしてくれたりします。もし、交際がうまくいかずに別れることになっても相手が納得しないなら、嫌がらせを受けることもあるため、交際を断ることができないこともあります。

しかし、結婚相談所のアドバイザーが介入してくれれば、交際がうまくいかずに別れたとしても相手からしつこく嫌がらせを受けることもなく、安心して次の出会いに進むことができます。

結婚相談所のアドバイザーがいることで交際に「合わない」と感じたときに、決断がしやすくなります。

おすすめの結婚相談所とは

結婚相談所を利用するときは自分に合う結婚相談所を選ぶことが大事です。どのような結婚相談所を選ぶことができるのか紹介しましょう。

ルックフォーパートナー

ルックフォーパートナーは相性の良い相手を探す方法が8つあるので、自分の好きな方法で出会いを求めることができます。気になる相手と出会うことができればお見合いをすることができ、その設定はアドバイザーが行なってくれます。

所要時間は1時間などルールやマナーが決まっているので出会いの場として安心することができます。

交際に発展した後もアドバイザーに相談して「合わない」ことを伝えることも可能です。もし、相性が合わないなら、カウンセラーが代行として相手に交際終了の連絡をしてくれるので、過度な心配をせずに婚活していくことができます。

婚活の交際をスムーズに行いたいならルックフォーパートナーも検討できるでしょう。

ブライダルシップ

ブライダルシップはプロのカウンセラーが自分の相性や価値観、また統計学をに基づいて結婚相手を探してくれます。相性度が80%以上の相手を紹介する新しいスタイルとなっており、ブライダルシップで紹介してもらえる人は自分と相性がいいことが期待できます。

交際がスタートした後も問題や相談があれば担当のアドバイザーに連絡することができます。そのため、交際してから「合わない」と感じれば、そのことを相談してアドバイスをもらうことも可能です。

ブライダルシップは入会金や登録料、成婚料はなく、月会費やマッチング成立費用のみで婚活できるので費用的な負担も少ないです。ブライダルシップで婚活を行い、結婚を目指すことができます。

婚活で相性の良い人と出会いたいなら結婚相談所を利用

婚活をしていて交際に発展しても「合わない」と思って交際が終了してしまうこともあるでしょう。ただ、結婚相談所を利用するなら、相性の良い人と出会うことができるように工夫されているので、始めの出会いから相性の良い人と出会うことが可能です。

相性の良い人と出会うことができれば、交際も順調にいき、短期間で結婚できる可能性も高くなるので、結婚相談所を利用するのがおすすめです。

ぜひ、考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました