スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際しているときに「お金を貸して欲しい」という男性はどうなの?婚活では注意が必要!

婚活
スポンサーリンク

婚活をしていて良い人に出会いデートや交際に発展したなら、結婚までもう少しという所まで来ています。

ただ、交際している最中に男性側から「お金を貸して欲しい」と言われたなら迷ってしまう人もいるでしょう。

もし、大金であったり何度も要求されたりするなら「大丈夫なのかな?」と心配してしまう人もいるでしょう。

婚活で交際まで発展した人がお金を要求してきたときの内容について解説していきましょう。

交際のときにお金を要求されたときのNG行動

交際の際に男性にお金を要求された場合にやらない方がいいNG行動があります。

どのような行動はNGとなるのか以下のような点に注意しておくのがいいです。

  • 直ぐにお金を貸してしまう
  • 笑顔で相手にお金を貸す
  • 何度も相手にお金を貸してしまう

それぞれの内容を解説していきましょう。

直ぐにお金を貸してしまう

相手から「お金を貸して欲しい」と言われたときに、直ぐにお金を貸してしまうことは避けておく必要があります。

相手に直ぐにお金を貸してしまうなら、「お願いすればまた貸してもらうことができる」と思われるためです。

交際している男性なので、困っている様子を見たなら「お金を貸してあげたい」と思うかもしれません。

しかし、何も理由も事情を聞かずに相手にお金を直ぐに貸してしまうなら、何度も要求されてしまい自分の資産が無くなっていきます。

交際していて相手とも信頼関係を築いていたとしても、直ぐにお金を貸してしまうのはやめておきましょう。

笑顔で相手にお金を貸す

交際相手に「お金を貸して欲しい」と頼まれたときに、笑顔でお金を貸すのもできるだけ避けておいた方が良いです。

笑顔で交際相手にお金を貸すなら「またお金を貸してくれるかも」と自分が甘く見られることもあります。

自分が甘く見られてしまったなら、交際相手から何度もお金を要求されてしまうことになる可能性もあり、自分も断りにくく感じてしまいます。

お金を貸すにしても金額に関係なく顔は笑顔ではない方が、相手も「申し訳ない」という気持ちが強くなるでしょう。

自分の表情にも注意をしておくようにしましょう。

何度もお金を貸してしまう

交際相手の男性からお金を何度も「借して欲しい」と言われたときに、その都度お金を貸してしまうことはNGです。

何度もお金を貸してしまうと男性側としては「何度も借りることができる」と思われてしまい、お金目的として交際を続ける関係になってしまう可能性があります。

お金を借りるのが1回だけなら問題は少ないですが、何度もお金を貸してしまうなら、それは配慮やサポートと言うよりも、自分に甘えられているだけです。

お金が無いことに同情するのではなく、限度を設定して何度もお金を貸すことがないようにすべきです。

交際している男性から「お金を貸して欲しい」と言われた時の対応

交際している男性から「お金を貸して欲しい」と言われたときに、「何とかサポートしてあげたい」と思うなら貸すことに問題はありません。

しかし、交際男性にお金を貸すときはポイントを押さえておかないと、自分が後悔することもあります。

交際男性にお金を貸すときは

  • なぜお金が必要なのか理由を聞く
  • 貸したならいつ返してくれるのか聞いておく
  • 今回だけなのか確認する

と言う点に注意しておくことができます。

なぜお金が必要なのか理由を聞く

交際男性から「お金を貸して欲しい」と言われたときには、お金が必要な理由を聞いておきましょう。

お金が必要な理由を聞いておかないと、貸す側としても返済してくれる気があるのか確認することができないからです。

理由を聞いたときに交際相手から曖昧な内容で、イマイチお金を借りる理由が分からないなら断る勇気も必要です。

内容がイマイチ分からなかったり、はぐらかされたりするなら、お金目的で交際をしている危険性もあるためです。

誠実な理由や道理を得た内容でお金が必要なら、自分の判断によりますが、しっかりと相手から詳細な点を聞き出して、内容を把握しておいた方がいいでしょう。

貸したならいつ返してくれるのか聞いておく

交際相手にお金を貸したなら、いつお金を返してくれるのか明確な日付を聞いておくことが大事です。

交際している最中であればお金を貸してあげた際に返済を聞かずに、曖昧なまま終わってしまうこともあります。

お金の返済に感じて質問すると「相手の気分を害してしまう」と思い、聞かない人も多いですが、お金を貸して曖昧にしておくと後にトラブルになることもあります。

そのため、お金を貸すにしても相手に遠慮せずに返してもらう日を尋ねておきましょう。

その際にしっかりお金を返す日を言ってくれる人なら信頼を得られ、曖昧に濁す人であれば不信感があることも分かります。

婚活や交際中でもこのポイントは押さえておきましょう。

交際中に気まずい雰囲気でダメになる!気まずさを対処する方法には何があるの?
婚活で交際に発展したとしても、ふとしたことがきっかけで気まずい雰囲気になってしまうことがあります。交際中に気まずい雰囲気になったなら早めに改善しないと別れてしまう原因となることもあります。気まずい雰囲気になる原因や対処法について紹介します。

今回だけなのか確認する

お金を貸すときに今回だけ必要なのか確認しておくことも大事です。

何も言わずにお金を貸すなら相手は何度も催促してくることもあり、交際している間は何度もお金を貸してしまうことになるかもしれません。

交際中に何度もお金を貸すことは双方にとって関係性が崩れてしまうこともあるため、しっかりと回数について確認しておきましょう。

「今回だけ」と相手が約束しても再度お金を要求してくるようなら、金銭感覚がズレている可能性もあります。

その場合、婚相手としても不安が残るので今後の関係性を真剣に考えなくてはいけません。

何度もお金を貸してくれるよう頼む男性は信用も難しいため、信頼性を見極めるためにも先に聞いておきましょう。

お金を要求する交際中の男性の注意点

交際している男性がお金を要求してくるとき、相手の態度によっては特に注意しておくことがあります。

どのような点に注意しておくべきなのか以下の2点があります。

  • 短期間でお金の要求をしてくる
  • 恐喝的に脅してくる

それぞれを解説しましょう。

短期間でお金の要求をしてくる

交際中の男性がお金を短期間で貸してくるようなら、お金を騙し取られている可能性があります。

短期間で「お金を貸して欲しい」と要求しているなら、本当にお金に困っているのではなくてお金目的として交際している可能性があるからです。

また、お金を短期間で借りるということは、それだけお金の浪費癖もあり将来結婚を考えている人としては心配にもなるはずです。

そのため、交際中の相手が「今回だけ」と言ってお金を貸しても、1週間ほどで再度要求してきたときは疑った方がいいです。

短期間で何度もお金を借りに来る人はお金が必要な証拠がない限り信用はできません。

相手に応じて簡単にお金を貸すことは避けましょう。

恐喝的に脅してくる

交際中の相手が恐喝的に脅してお金を要求してくるなら要注意と言えます。

どんなに切羽詰まっている状況でも、恐喝的にお金を要求してくる人は将来の結婚相手としては大きな不安です。

特に脅してくるような人は自分のみの危険性も高くなるため、別れることを考えておくことが大事です。

恐喝のような態度で脅してきた際には、交際相手でも絶対にお金を貸すことはやめておきましょう。

脅しに負けてお金を貸すと再度同じ方法で要求してくることもあるためです。

この点も明記しておきましょう。

お金の貸し借りで怪しい点があるなら別れることも大事

交際相手が「お金を貸して」と要求したときに、怪しい行動があるなら別れることも検討すべきです。

お金を借りるのは1回と約束していたにも関わらず、何度も借りようとすること、また少し脅してくるような態度があるなら、結婚を真剣に考えているとは言えません。

金銭感覚が大きく違うなら、結婚した後の生活も意見の衝突が多くて成功しにくいことが予想できます。

また、相手が本当に結婚を真剣に考えているのかも疑問です。

そのため、お金が問題になって不信感を抱くようであれば、別れた方が傷口が浅くて済みます。

結婚を成功させるためにも交際相手のお金の貸し借りから判断するようにしましょう。

良い相手をよく選ぶために結婚相談所を利用

お金の貸し借りは交際中のトラブルに発展しやすく、カップルの中でも別れてしまう理由の上位にあります。

そのため、良い相手を選ぶことができるように自分の見る目を養う必要があります。

ただ、自信がない人もいるでしょう。

そのような人は良い相手を選ぶために結婚相談所を利用することができます。

結婚相談所はアドバイザーのサポートや入念なプロフィール検索で、相手のことをしっかり知ることができます。

もし、良い相手をに出会って短期間で成婚をしたいなら、結婚相談所の利用を考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました