スポンサーリンク

スポンサーリンク

交際中に「避けられている?」と感じる行動とは?修復する秘訣とは何か?

婚活
スポンサーリンク

交際をしているなら相手と会う時間も大事です。

そのため、仕事や自分の趣味の時間を後にして交際している人との時間をできるだけ取ろうとするでしょう。

しかし、交際中でありながら相手となかなか会うことができず「避けられているのでは?」と疑問を感じることもあるかもしれません。

もし、交際していながら「相手に避けられている?」と感じるなら「どうすればいいの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

交際している最中に相手に避けられてしまう原因や解決策について紹介します。

交際中に避けられていると感じる行動

相手と交際していても「避けられているのでは?」と考えてしまうこともあるでしょう。

交際相手の少しの行動で避けられてしまっていることを感じることがあります。

交際中に避けられていると感じるのは以下の場合があります。

  • 電話をしても出ない
  • メールが返信されてこない
  • デートの時間が短い
  • デートの約束ができない
  • 会話が続かない
  • 大事なことを言わない

それぞれの内容について解説していきましょう。

電話をしても出ない

相手に電話をしても直ぐに出てくれないなら、それは相手に避けられていると感じることになるでしょう。

交際をしていると1日に1回ほどは電話をすることもあり、会えなかったときは尚のこと電話をするはずです。

時間帯や状況によっては相手も仕事などをしていて電話に出ることができないこともありますが、電話をしても直ぐに出ないことが続くと不安になってくるでしょう

特に、付き合い始めのときは電話に出ることができないときも折り返しの電話をしてくれていたのに、それすらも無くなって無視していると、より避けられている感じがしますね。

電話をして相手が直ぐに出てくれなくなったなら、避けられていることを疑っておきましょう。

メールが返信されてこない

メールを送信しても返信されないなら「相手から避けられている」と感じることもあります。

メールを送信しても相手がマメな人ではないなら送信がだいぶ遅れて返信されてくることもあるかもしれません。

しかし、メールを送信して2〜3日後に返信されてくる、またLINEなどは既読スルーされてしまうのみで返信されてこないことが多いなら避けられている可能性が高いです。

直ぐに返信されてこないことはあっても、何日も返信されてこないようであれば相手の関係を再度確認することが必要かもしれません。

デートの時間が短い

デートの時間が短いことも状況によっては相手に避けられていることがあります。

デートの時間は人によって時間の長さが違うので、短いことが避けられていると断言でいるわけではありません。

ただ、交際相手が友達と一緒に旅行したり遊んだりしている時間はたくさんあっても、自分とのデートの時間は1時間の食事だけで終わることが多いなら、おかしいと言えます。

自分のデートの時間よりも友達などと一緒に遊んでいる時間が長いことが多いなら、避けられていることを疑うことも必要です。

もちろん、何仕事などの事情が合って、たまたまデートの時間が短くなってしまう時期もあるかもしれません。

相手とよく話して誤解がないようにしておくことが大事です。

デートの約束ができない

交際相手とデートをしたくても、デートの約束ができないなら避けられている可能性があります。

もちろん、事情によってはデートの約束が行えないこともありますが、もし何も理由がなくただ「忙しいから」「今は無理」など拒絶するような言い方で約束をすることができないなら、それは相手が避けている可能性もあります。

交際相手がデートをしてくれないならお互いに気持ちがすれ違うことになり、関係性も曖昧になってしまうことがあります。

デートの約束をしたにも関わらず、ドタキャンされてしまうなどの行為をされて、長期間デートできない状態なら、相手は気持ちが覚めてきている可能性もあります。

デートの約束が事情もなしにできないなら避けられていることを疑いましょう。

交際中に「寂しい」と感じた場合はどうすべき?対処法を考えてみよう
婚活をしていて交際をしても「寂しい」という思いを感じてしまうこともあるでしょう、「寂しい」と感じてしまうときは原因と対処法を知っておくことが大事です。「寂しい」と思う対処法について紹介しましょう。

会話が続かない

交際相手とあまり会話が続かないようであれば避けられている可能性もあります。

交際期間が長いことでお互いに気心がしれて会話が少ないということなら問題はあまりないです。

ただ、自分が会話しようとした時に全くの無反応や「あー」「そう」など会話を打ち消してしまうような言い方が多くなるなら、それは怪しい反応です。

自分と会話をすることを避けており、あまり話したがらないようにするということは距離を置きたいと思っている心情の場合もあるからです。

相手の性格などにもよりますが、会話を露骨に避けるように不機嫌になったりスマホをずっと見たりしているようなら避けている可能性を疑いましょう。

大事なことを言わない

大事なことを言わないことが多いなら、それは避けられている可能性があります。

大事なことには例えば、仕事を転職したことや親の一時的な世話のために何日か帰郷することなどです。

ただ、重大さは人によって違うので、自分が大事なことと思っていながら相手にとっては大したことはないと考えることもあるでしょう。

しかし、日常が少し変化しそうなことや自分と関係性があることも伝えられないなら、相手は自分のことを大事な人とは思っていない可能性があります。

交際していても相手の心が離れている可能性もあるので、注意しておく必要があるでしょう。

避けられていることを解決するには

交際相手から避けられていることに気付いたなら、避けられていることを解決する必要があります。

ただ、避けられている中で「どのよに解決すれば良いの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。

避けられていることを解決するためには以下のような行動を行うことができます。

  • 率直に言ってお互いに話し合う
  • 相手の意見を尊重する
  • 自分の悪いところを改善する

それぞれの内容を解説していきましょう。

率直に言ってお互いに話し合う

「交際相手に避けられている」と思うなら、お互いに話し合うことが大事です。

お互いに話し合うことで相手が避けている理由を聞くことができ、そのための改善点を確認することができるからです。

ただ、話し合うときに率直に話し合うことが大事です

曖昧な内容や遠回しにして要点がぼやけた話し合いは、避けられている理由が明確にできず解決策にはならないからです。

避けられている理由を聞くのは、少し怖くて不安になってしまうこともあるかもしれませんが、率直に話してお互いが納得するように行動しましょう。

相手の意見を尊重する

交際を避けられている理由を知ったときに、相手の意見を尊重する態度を持つことも必要です。

相手の避けている理由を聞いたときに直ぐに反論してしまうと、相手はもっと自分を避けたくなってしまい、歩み寄ることができなくなるからです。

相手の意見を尊重することを態度に表すためには、口調を柔らかくして表情も和やかにすることが必要です。

口調が強く表情が怒ったような感じだと相手も話しにくく感じるからです。

相手の意見を尊重することで相手も話やすくなり避けている理由を全部話してくれでしょう。

自分の悪いところを改善する

自分の悪いところを改善することも検討できます。

交際相手から避けられている理由を聞いたときに、自分の言動によって相手が避けてしまう原因を作ってしまっていることもあるからです。

もし、自分の言動を改善しないままであれば、結局話を聞いただけで問題の解決にはならず、避けられてしまうままになってしまいます。

そのため、避けられてしまう悪い部分があるなら、その部分を改善するように努力することを相手に伝えて、改善するように実際に行動しましょう。

避けられている悪い部分を改善することができたなら、相手との関係も良くなり見込みを持てます。

避けられていることを放置すると問題が大きくなる

交際相手に避けられていることを放置するなら、問題が大きくなり交際自体を続けることが難しくなってしまいます。

避けられていることを放置すると以下のような結果になることも考えられます。

  • 交際が自然消滅することも
  • お互いに気まずくなり交際が辛くなる

それぞれについて紹介していきましょう。

交際が自然消滅することも

交際相手に避けられていることを改善しないなら、交際が自然消滅してしまう可能性があります。

相手が避けているということは「会いたくない」「関わりを減らしていきたい」と考えているからです。

そのため、相手から避けられていることを改善せずにそのままでいるなら、次第に相手からは一切連絡が取れなくなって自然消滅してしまうこともあります。

相手から避けられているると感じたなら直ぐに行動して関係性を修復するようにしないと、交際自体が難しくなり、気持ちも離れていきます。

交際を続けていきたいなら避けられていることに向き合うようにしましょう。

お互いに気まずくなり交際が辛くなる

交際が避けられていることを放置するなら、お互いに気まずくなり交際することが辛くなってしまいます。

避けてられていることが続けば相手と会う時間が短くなり、話をすることや連絡するだけでも気まずさが生じます。

お互いに気まずい関係が続けば「このまま交際を続けて意味があるの?」と関係性に疑問を持つようになり、どんどん疎遠になることも考えられます。

お互いに気まずいままでは何も進展せずに辛いままなので避けられている理由を早めに聞き出すように行動することが大事です。

避けられないようにするために結婚相談所を活用

交際相手に避けられないようにするためには、交際相手を見つけるときに結婚相談所を利用することができます。

結婚相談所を利用するなら、もし相手とうまく行かずに避けられるようなことになってもアドバイザーが仲介役としてサポートしてくれるからです。

結婚相談所のアドバイザーは婚活のプロなので、交際でうまく行かない場合もフォローを入れて関係性が修復できるようにしてくれます。

自分1人では難しいことも結婚相談所を活用してサポートをしてもらうことで、交際と婚活がうまくいく可能性が高くなるので、考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました