スポンサーリンク

スポンサーリンク

FXの取引で失敗しやすい人とは?どのように改善できる?

FX
スポンサーリンク

FXは気軽に行うことができる投資方法です。なぜなら、FXは少額取引を行えること、またスマホからいつでも取引を行うことができるからです。

FXは副業のような感覚で行うことができますが、投資なので軽い気持ちで行うと痛い目に会うことがあります。

実際にFXで損失を出してしまって大損してしまうこともあり、FXで失敗してしまう人も多くいます。

FXで失敗しやすい人は傾向があるので、やり方や考え方を変える必要があります。今回はFXの失敗しやすい人の傾向について紹介しましょう。

FXで失敗やすい人の傾向とは

FXの取引を行うときに失敗しやすい人にはある傾向があります。失敗する傾向を持っているなら、その点を改善しなくてはFXで利益を得ることは難しいでしょう。FXを失敗しやすい人の傾向とその対策について以下の点をご覧ください。

ギャンブル的な感覚で行う人

FXをギャンブル的感覚で行う人は、FXで損失を出しやすく失敗しやすいです。FXは投資なので、しっかり値動きなどを分析してどの通貨がどんな動きを見せるのか考える必要があります。

ただ、FXは基本的に利益を出す方法は通貨ペアに対して「買い」、「売り」の2択を選択するだけなので、「今回は買い」、「今回は売り」と根拠なく取引を行う人もいるでしょう。

2択の選択なので、時には利益を得ることができると思いますが、ギャンブル的な感覚で行う人は何も分析していないので、利益よりも損失を出す確率が高いです。

そのため、結果的に大損してしまいFXで失敗してしまうことになります。

FXニュースやサイトなどで分析を行おう

ギャンブル的な感覚でFXの取引を行う人は、FXニュースやサイトなどを見て分析する力を身に付けるようにしましょう。FXは経済の状況や国の情勢に左右されて価格が変動します。

そのため、各国の動きや経済状態をニュースやサイトなどで確認するなら、通貨ペアによる分析を行いやすく、価格の上下を読みやすくなります。

また、FXチャートの動きから、上昇するのか下落ちするのか分析することも可能です。FXで取引を行うときは、情報を集めて取引に根拠が付くようにしましょう。

1つの通貨で勝負する人

FXの取引を行うときに通貨ペアを選びます。しかし、選んだ通貨ペアが1つで大金を注ぎ込むなら、その通貨ペアが予想と反した動きをしたときに大きな損失となってしまいます。

FXの取引で1つの通貨ペアのみで勝負するのも悪い方法ではありません。予想通りの動きをすれば利益が大きくなるからです。しかし、予想と反した動きをした際は損失のみとなり、ハイリスクハイリターンの取引方法と言えます。

1つの通貨ペアで勝負するのはリスクがあるため、そのリスク通りの結果となって失敗してしまいます。

分散投資を行おう

1つの通貨ペアのみでFXが失敗している人は分散投資を行うことができます。通貨ペアを1つではなく複数に分けて取引を行うことです。

例えば、10万円の資金をFXの取引に使用するときに、1つの通貨ペアに10万円を使用するのではなく、米ドル/円とポンド/円に分けて取引を行います。

分け方は5:5に分けて投資をするのでもいいですし、6:4や7:3に分けるのもいいです。

分散投資を行っておけば片方が損失を出しても、もう片方が利益を出していれば損失は緩和されます。

利益が出る確率も上がるので、分散投資を行うようにしてみましょう。

損失が出たら慌ててしまう人

損失が出たら慌ててしまう人もFXで失敗しやすいです。FXで予想と反した値動きを見せて損失が生じれば、慌ててしまって損失を食い止めようとして決済を行います。

損切りと言われる手法です。この手法は損失を抑えることができるので、短期売買をする人は必須ですが、損切りを行うタイミングは難しく、タイミングを間違うと利益を出すことができません。

損失が出て慌てて決済をしてしまう人は、通貨の流れや分析を確認せずに行うため、利益よりも損失が大きくなる結果となってしまうことが多いです。

取引方法を中長期などに変えてみよう

FXで短期間のトレードを行うときに利益よりも損失ばかり出るようであれば、取引方法を中長期に変えてみることができます。

短期間で利益を上げるトレード方法であれば、情報収集や分析力が必要になり、利益を上げるハードルは高くなります。

しかし、中長期のトレードであれば短期間のトレードよりも利益を得る確率は高いです。例えば、スワップポイントを獲得する方法なら、逐一チャートなどを見なくても、ポジションを保有しておくだけで金利による利益を得ることができます。

利益が出るまでに時間がかかりますが、高度な分析などはあまり必要ではないので、利益を出しやすいです。

失敗する人はFX口座の見直しをしてみることも可能

FXの取引に失敗してしまう人はFX口座を見直してみることも可能です。FX口座により特徴が違い、自分の手法に合わせた口座を使用することで利益を上げやすくなります。

例えば以下のような口座があります。

中長期で行うなら「LIGHT FX」がおすすめ

中長期でFXの取引を行うならLIGHT FXがおすすめです。LIGHTFXであれば、高水準のスワップポイントを設定しているため、中長期でのトレードを行うときに金利により利益を得やすいです。

メキシコペソや南アフリカランドなど、マイナーな通貨でも金利は高く設定されているため、どんな通貨でもスワップポイントによる利益を狙えます。

また、取引手数料も無料であり、初回入金金額の指定もないので、自由にFXの取引を行うことも可能です。

中長期の取引ではスワップポイントが大事なので、LIGHTFXの使用を検討してみましょう。

FXの知識をたいなら「みんなのFX」

FXに関する知識を得たいなら「みんなのFX」を利用することができます。「みんなのFXには、誰でも無料に見られるオンラインセミナーが毎月開催されています。

セミナーを見ることでFXの知識やスキルのついて学習することができ、FXのノウハウを得て取引を行なっていくことが可能です。

また、「みんなのFX」はスプレッドが狭くなっており取引のコストが安くなっており、1,000通貨から取引が開始でき、手数料も無料とお得な特典が多数付いています。

みんなが選ぶFX年間ランキング1位と評判も良いため、FX口座閉じて期待を持てます。

「みんなのFX」の口座開設も考えてみましょう。

FXのやり方を見直して取引を行おう

FXで失敗してしまう人はやり方や考え方が間違っているだけで、その点を改善すれば利益を得ることができるようになるはずです。

FXのノウハウを身に付ける自分に合っているトレードでFXを行うなら、利益を得られるようになり成功する可能性が高くなるはずです。

自分のFXを見直して利益をえていくことができるように改善していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました