スポンサーリンク

スポンサーリンク

女性が婚活の際に嫌われる行動とは?自分の性格や行動を分析してみよう!

未分類
スポンサーリンク
U-NEXT

女性の方で婚活をして結婚相手を探している人もいるでしょう。

婚活をするときは自分の条件にかなっている人を探すことも重要ですが、相手から好印象を持たれて好かれることも大事です。

もし、自分が「良い人だ」ともう思う相手に出会えても、相手から嫌われてしまうと婚活は成功しません。

そのため、女性の方も婚活をするときは男性に嫌われないように注意する必要があります。

どのような行動が嫌われることになるのか紹介しましょう。

男性が嫌う女性の行動とは?

男性が嫌う女性の行動には何があるのか知っておくのもおすすめです。

何気ない行動でも男性からすれば悪いイメージを持ってしまうこともあるため注意しなくてはいけません。

特に以下の点に注意する必要があります。

  • 食事のときに音を立てて食べる
  • デートの際にスマホを見ていることが多い
  • 会話よりも写真撮影やSNSへの投稿が多い
  • デート時間に遅れてくる
  • 奢ってもらうことを当然のように思っている
  • タメ口で会話する

それぞれ解説しましょう。

食事のときに音を立てて食べる

食事のときに音を立てて食べるなら、嫌われてしまう原因となるでしょう。

食事の際に音を立てるのはマナー的にも良くなく、食べ方も下品に感じられてしまうことがあります。

そのため、食事をするときも口の音を立てないように食べながら喋るのは控えるようにしましょう。

ただ、婚活のときは会話も必要になるため、全く喋るのも良くありません。

会話するときは一度全て食べてから口を開けば音は立たないので、その点を意識してください。

デートの際にスマホを見ていることが多い

デート際にスマホを見ていることが多いなら、相手から悪いイメージを抱かれるでしょう。

デートはお互いがコミュニケーションを取る場なのに、スマホを見ている時間が長いなら、会話ができず、相手のことを理解できません。

また、話しているときにスマホをずっと見ているなら「話をする気がない」と判断されて、その場で終わってしまうことになるでしょう。

スマホが気になる人も、婚活デートするときはできるだけ会話に集中するようにし、どうしても気になるなら電源を切るようにしましょう。

会話よりも写真撮影やSNSへの投稿が多い

婚活で会話をするよりも写真やSNSでの投稿が多いようなら、悪いイメージを持たれてしまうでしょう。

婚活では相手のことを知るために会話が重要ですが、写真撮影や投稿などを行うなら、相手も話をしっかり聞くことができません。

自分も何を質問したのか分からなくなるため、結局相手も自分もあまり分からないまま終わってしまうことになるでしょう。

また、相手もずっとSNSばかりを気にしているようなら「会話をする気がない」と感じるため、その出会い1回で見切られてしまうことになりやすいです。

SNSや写真撮影が好きな女性は注意しておく必要があるでしょう。

デート時間に遅れてくる

デート時間に遅れてくることも相手の印象を悪くしてしまうでしょう。

デートの時間は相手もスケジュールを調整しています。

忙しい時間帯でも真剣に婚活をして結婚相手を探すために行っているため、デートの時間に平気で遅れてくるなら「真剣さが足りない」と思われるでしょう。

5分以内の遅刻であれば、そこまで悪い印象にはならないかもしれませんが、それ以上で遅刻すると、その場で相手から拒否されてしまう可能性もあります。

そのため、余裕を持って家から出るようにし、5〜10分前にはデート場所に着くようにするのがおすすめです。

もし、遅刻してしまいそうなら、相手に連絡を入れることで悪い印象を避けられることもあるため、意識しておきましょう。

奢ってもらうことを当然のように思っている

奢ってもらうことを当然のようにするのも悪い印象になります。

婚活デートで初回の場合は男性が女性を奢ることも多いですが、必ずそうするわけではありません。

もし、奢ってもらうことを当然のような態度で行うなら、男性側も「面倒」「自分には合わない」と思われ、初回のデートのみで終わってしまう可能性もあります。

また、デートをするたびに奢ってもらうことやプレゼントを期待することも、相手にとって重荷になるため、態度に出さないようにすべきです。

デートでは相手の価値観や生活スタイルが自分に合うのか見極めることが重要なので、あまり高いお店やレストランでの食事などを期待するのはやめましょう。

タメ口で話をする

タメ口で話をすることも避けておくべきです。

初回のデートや数回のデートの場合は相手もまだ心が開いている状態ではないでしょう。

ある程度良い関係性になって、お互いに信頼が出てきたならタメ口も良いと思いますが、デート数回ではそのような関係にはならないでしょう。

その状態でタメ口で話すことがあれば、男性の場合は「マナーがない」「チャラい人なのでは?」と不信感を抱き、婚活は失敗してしまいます。

婚活のときはタメ口ではなく、丁寧語を使用して相手に悪い印象を抱かせないようにすべきです。

婚活で嫌われないようにするために注意しておくこと

婚活をするときは相手に嫌われないようにするために、注意しておくポイントを把握しておきましょう。

少し自分の行動を変えてみるだけで印象は大きく変わります。

婚活をするときは以下の点に注意しておくことができます。

  • 自分の言葉遣いを確認
  • スマホはオフにしておく
  • 横柄な態度をしない

それぞれ紹介しましょう。

自分の言葉遣いを確認

自分の言葉遣いについて確認しておくことも大事です。

普段の言葉遣いが適切ではない場合、男性と婚活で会話をしていると相手は違和感を抱き、悪いイメージが付いてしまうこともあります。

そのため、自分の言葉遣いを確認しておくことは大事です。

友達と会話をする時と、婚活で異性と会話をする場合は言葉遣いにおいては印象は全く異なります。

初対面の方の場合は丁寧な言葉を使うことが大事になるため、この点を意識して婚活を行うようにしましょう。

スマホはオフにしておく

婚活をして誰かと会うときにはスマホをオフにしておくのも良い方法です。

相手と会話をしているときでもスマホが気になるようなら、集中することができず相手のことを知ることができないこともあるでしょう。

特に、メールやSNSでの返信が来るようなら、そちらが気になり質問などを聞き逃してしまうこともあります。

スマホをオフにしておけば、婚活に集中して次のデートなどにつなげやすくもなるため、成功率も上がるでしょう。

横柄な態度をしない

婚活を行うときは横柄な態度を出さないことも大事です。

上記でも紹介したように、奢ってもらおうという態度や自分のプライドを出すような態度は控えるようにすべきです。

横柄な態度を相手に見せてしまうと、どんなに会話が盛り上がったとしても、良い印象ではなくなり、その機会のみで終わってしまうことになる可能性が高いです。

自分の年齢が若かったり容姿に自信があったりすると、横柄になってしまうこともあるため注意しましょう。

婚活疲れをしてしまった場合の対処法とは?ストレスを軽減できるように対策しよう
婚活疲れをしてしまう人はやり方に原因があります。婚活疲れをしないように原因を考えてて対策を練ることでストレス軽減を行うことも可能です。どのような婚活方法だと疲れてしまうのか、原因と対策方法を徹底紹介しましょう。

婚活を行うなら結婚相談所の利用を考えよう

婚活を行う際は相手に良い印象を与えることが大事なため、自分の言動に注意する必要があります。

ただ、婚活で良い人を見つけることが難し感じることもあるでしょう。

その場合は結婚相談所の利用を考えてみることができます。

結婚相談所は全員が真剣に婚活をしており、アドバイザーも共にサポートしてくれます。

自分だけで婚活を行うわけではないので、良い相手が見つかりやすくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました