スポンサーリンク

スポンサーリンク

国際結婚を行うメリットやデメリットとは?自分に合った生活となるのか確認してみよう

婚活
スポンサーリンク
U-NEXT

婚活をして良い人に出会う機会を探している人もいるでしょう。

婚活ではいろいろな人に出会うことができますが、日本人だけに限定せずに外国の方にも範囲を広げてみることができます。

今は外国の方と国際結婚する人も増えているため、相手が素敵な人なら国籍を問わずに考えてみることができます。

ただ、国際結婚をするときはメリットでけでなくデメリットもあります。何があるのか紹介しましょう。

国際結婚するデメリット

国際結婚をするときはデメリットがあるため、その点を確認しておくのがおすすめです。

  • 言葉や習慣に違いがある
  • 手続きに手間がかかる
  • 日本から離れなくてはいけないことも
  • 食生活などが合わないことも

それぞれ解説しましょう。

言葉や習慣に違いがある

国際結婚するなら、言葉や習慣に違いがあることを確認しておくべきです。

日本と外国では言葉はもちろん、習慣に違いがあります。

例えば、日本の場合は家では靴を脱ぐことが当たり前ですが、外国では靴のまま入ることもあります。

また、食べるものも日本は米でも、結婚する相手の国はパンや別のものを食べる場合があり、食生活でも違いが生じることもあるでしょう。

このような習慣の違いと共に言葉でも違いが生じれがコミュニケーションを取ることも難しく、微妙な感情について理解できないこともあります。

そのため、国際結婚の場合はうまく結婚生活を行えるのか難しく感じることもあるでしょう。

手続きに手間がかかる

国際結婚することになれば、手続きも手間がかかることにもデメリットです。

まず、国際結婚の場合は日本だけでなく相手の国に行っても婚姻届の手続きをしなくてはいけないため、双方で時間がかかることもあります。

外国の場合は日本と違ってスムーズに手続きができないときもあるため、計画的に進まないことも予測されます。

相手の国が日本よりも遠い国であれば、その分時間をかけて往復しなくてはいけないため、手続きも一苦労となる場合もあるでしょう。

日本から離れなくてはいけないことも

国際結婚すると日本から離れなくてはならなくなることもあります。

国国際結して相手が「自国で住みたい」と思うようになれば、自分が合わせてそこに移住しなくてはならない可能性もあるでしょう。

また、最初は一緒に日本に住んでいても、相手の家族との兼ね合いで日本から離れて相手の国で住むようになる場合もあります。

日本から離れて住むことになれば、環境の変化や文化、また言葉の問題なども出てくるため、上手く適用できるかがポイントになるでしょう。

食生活などが合わないこともある

国際結婚すると食生活が合わなくなる可能性もあります。

食生活は国によって大きく変わることもあります。

日本だと米や麺などを主食とする人も多いですが、海外だとパンが主食の人もいるでしょう。

また、日本ではな馴染みのない物を食べることもあるため、食生活に大きなギャップを感じるとストレスが溜まることも考えられます。

相手に合わして食事をしてみても、どうしても慣れないこともあるため、そうなると結婚生活を維持するのも大変になる場合があるでしょう。

結婚生活では食べる物の価値観も重要なため、この点を考えて国際結婚を決めるようにもしましょう。

国際結婚するメリットとは?

国際結婚することにはメリットもあります。

それは以下の通りです。

  • お互いの文化や風習に縛られないことも
  • グローバルになれる
  • バツイチなどに寛容である
  • 生活費などは安くなる可能性もある

それぞれ解説しましょう。

お互いの文化や風習に縛られないことも

国際結婚するなら、お互いの文化に縛られることがないというメリットもあります。

同じ国籍同士の結婚であれば、文化や風習に縛られるため面倒な部分もあります。

日本でも古い風習などを行うところもありますが、自分的はやりたく無くても親族なども関係して、合わせなくてはいけないこともあるでしょう。

その点、国際結婚だと外国人同士になるため、風習や文化などはパスできることもあります。

相手の親族も外国の方だと強要しないこともあるため、面倒な部分が少なく暮らせるという点があるでしょう。

グローバルになれる

国際結婚するなら、グローバルになれることも期待できます。

国際結婚するなら、相手の親族や友人とも知り合うことになり、配偶者の繋がりから交友を広めることができます。

今まで外国の友達がいなかった人も国際結婚から、いろいろな国籍の方と知り合ってグローバルな交友関係になった方も多いです。

結婚して語学や文化を覚えることになり、自分の知見を広めることもできるのが大きなメリットになることもあるでしょう。

バツイチなどに寛容である

外国の方であれば、自分に離婚歴があったとしても寛容である人が多いです。

日本だと離婚歴がある方の場合は婚活が難しく感じることもあり、なかなか良い人とマッチングすること自体が難しいこともあります。

外国では過去のことにあまり気にせず、子供がいる方でも結婚を考えてくれる人もいるため、自分の結婚歴が障害になることはあまりないでしょう。

生活費などは安くなる可能性もある

国際生活すると生活費が安くなることもあります。

国際結婚して、相手の国に移住することになれば、物価が安いところもあるため、日本で生活するよりも費用が抑えられることがあります。

また、日本で生活するにしても、金銭的な要求が少ないこともあるため、結婚での費用が自分が思っているほど高くないこともあるようです。

結婚するときは生活費などの費用が問題になることもありますが、国際結婚の場合はその部分がプレッシャーにならないこともあるので、メリットだと言えます。

国際結婚成功させるには?

国際結婚を成功させるためにはポイントがあります。

それは以下の通りです。

  • 結婚する際の相性を確認
  • 身元を確認
  • 言葉の壁によるハードルの大きさを確認

結婚する際の相性を確認

国際結婚するときは相性を確認することも大事です。

外国の方だと、環境や文化の違いから自分と考えが異なる部分かも多いことがあるでしょう。

例えば、自分はいつも相手と話したくて一緒にいる時間を確保したくても相手は個人の時間を確保したい場合もあります。

各国によって夫婦の在り方や結婚生活の見方が変わることもあるため、その点で自分の考えと相違がないのか確認しておくべきです。

結婚後はどちらの国で生活するのかも大事な部分です。

結婚後の生活をできるだけスムーズに送るため、価値観はしっかり確認しておきましょう。

身元を確認

国際結婚するときは、相手の身元もしっかり確認するようにしましょう。

海外の方はビジネスや留学で来ている方が多いですが、中には素性がはっきりしない人もいる可能性があります。

相手の身元が分からなければ、最悪詐欺に引っかかることもあるため、しっかり身元が確認できる結婚相談所などを利用した方が安全です。

出会いの方法にもよりますが、外国の方と付き合う際は相手の勤務先やパスポートの確認、どこに住んでいるのかなど、必要なことはしっかり把握しておくようにしましょう。

言葉の壁によるハードルの大きさを分析

国際結婚で考えなくてはいけないことは言語の壁です。

結婚してから相手の言葉を勉強するカップルは多いですが、やはり母語とは違うため意思疎通を図る点では大きな問題になることもあります。

勉強して日常会話くらいなら行えることができても、微妙な気持ちを理解する点やスムーズな会話となると限界もあります。

言語を覚えるだけでも大変な作業になるため、互いに言葉の壁に関して大きなストレスになることが無いのか結婚前に確認しておくことが大事でしょう。

婚活で時間がかかり過ぎるのもよくない!計画的に活動するための秘訣とは?
婚活は長引かせないように注意する必要があります。期間が長引いてしまうと婚活をする点でデメリットになる部分が大きくなってくるので、成功するのが難しくなります。婚活を長引かせないいためにはポイントを押さえておくことが重要なので、内容を紹介しましょう。

国際結婚を考えてみよう

国際結婚は今や多くの人が行っているため、結婚したい方は真剣に考えてみることができます。

国際結婚は1つ1つのメリットやデメリットが大きいため、自分は大丈夫なのか確認しておくことも大事です。

自分にとって良い人であり、デメリットも大きな問題にならないようなら、国際結婚は良い生活になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました