スポンサーリンク

スポンサーリンク

クラウドワークスの仕事で納期に間に合わない!どうなるの?

クラウドワークス
スポンサーリンク


クラウドワークスを利用している仕事を行うときは、ほとんどのクライアントから納期の指定をされます。
仕事をする点で納期があるのは当然であり、受注をしたならクライアントの要望通りの納期までに商品を納品する必要がありますが、自分の都合や思わぬ事態により納期に間に合わないこともあるかもしれません。
クラウドワークスで納期に間に合わない際はどうなり、どう対処すれば良いのでしょうか?

納期が間に合わないとどうなる?4つの疑問とは


「もし納期が間に合わなければどうなるのか?」と心配してしまうこともあるはずです。
どのような心配ごとがあるのか1つ1つ紹介して解決していきましょう。

違約金は発生するのか


契約をしている以上、「契約を守ることができなければ罰金や違約金が発生するのか?」と思うかもしれません。
結論から言うと契約通りに納期ができなくても罰金を払う必要はありません。
クラウドワークスから罰金を払うように求められることもありません。
ただ、契約通りにできなければクライアントから報酬をもらうことはできません。
その点は確認しておく必要があります。

途中で辞めることができるのか


スキル不足や体調不良などによって納期が間に合わない場合は、クラウドワークス内で契約途中終了リクエストを求めることができます。
契約途中終了リクエストをクライアントに送信して同意してくれれば、その時点契約を終了させることができます。
しかし、途中終了リクエストを出した場合、報酬の減額や報酬自体が支払われないこともあります。
途中まで商品を納品していた場合、報酬がもらえなくなるリスクがあり、前金として受け取っている場合は返金しなければいけません。

バックれても問題ないのか


クラウドワークスで契約をしたものの、作業が嫌になりバックれてしまうこともあるかもしれません。
基本的にバックれたとしてもクラウドワークス上で罰金を求められることはないので、罰則はありませんが、クライアントからの印象は最悪になるので、クラウドワークス内での自分の評価は確実に下がってしまいます。
また、1度契約をしたなら契約はしっかりやり通すのがマナーであり、もし納品が難しいなら途中終了リクエストを出す、またはクライアントにメッセージを送信して契約解除をしてもらうなどして、後処理はしっかりするようにすべきです。

裁判になるのか


「納期が間に合わないことでクライアントから激怒され、裁判沙汰になってしまうのでは?」と心配する人もいます。
人にもよりますが、納期は契約違反となるので裁判にするとメッセージで送信してくる人はいるかもしれません。
しかし、実際裁判となると大きな費用と莫大な時間が必要になるので、脅し文句として「裁判にする」と言ってくる人が多いです。
また、裁判ではネット関係の取引は立証も難しく、よっぽど大きな契約金を出してなければお互いに損をするので、裁判になることは無いと思います。

納期に間に合わないと思ったらどう行動すべき?


仕事を受注して作業しているものの、納期が近づいているのに納期内に納品できる状態ではなく、「納期に間に合わない」と言う状況も生じるはずです。
納期に間に合わないようなら、どう行動すべきか紹介しましょう。

納期が間に合わない理由をクライアントに伝えよう


作業をしていても納期に間に合わないようであれば、クライアントに事前に納期に間に合わないことを伝えるべきです。
クライアントとしても、「納期までに商品の納期が完了する」と思っているので、納期に間に合わないようであれば事前に伝えておくことが重要です。
しかし、ただ「納期に間に合いません」と言うだけでは、クライアント側も「なぜ納期を指定していたのに間に合わなかったの?」と疑問が生じてしまいます。
そのため、納期が間に合わない理由もしっかり話して同意してもらうことが大事です。
ただ、理由を伝えるときは相手が納得する理由でなければいけません。
「遊び過ぎてしまって」、「仕事を忘れてしまっていて」と言う理由であれば、クライアントも納得できず、その場で契約を打ち切られてしまうことになります。
そうなれば、今までの作業も水の泡になるので、嘘を言うのはダメですが、納得できる理由で訳を伝えるようにしてください。

納品できる日時を伝えよう


クライアントに納期が間に合わないことを伝えたなら、いつ納品できるのか伝えるようにすべきです。
納品が遅れることだけをクライアントに伝えても、クライアントにとって大事なのは「納品はいつできるのか?」という点なので、遅れることを伝えるだけでは不十分です。
クライアントにとって納期を設定していても、時間に余裕を持って納期設定していることもあるので、「この日に納品できます」と伝えると納期を延長してもらえることもあります。
納期に間に合わないので「商品を納品するのは無理だ」と思わず、自分が納品できる日時を伝えて納品する意思を見せることが大事です。

納期が間に合わない場合のメール送信内容とは?


「納期に間に合わない」と思えば、納期に間に合わないことをクライアントに伝える必要がありますが、メールの内容に注意する必要があります。
納期が間に合わないときに送信するメッセージ内容については以下の3点に特に注意すべきです。

誠意を持って謝る


納期に間に合わないというのは、どんな理由でも自分の落ち度になるので、誠意を持って謝ることが大事です。
「誠意を持って謝る」と言うことは「こちらに非がある」ということを認めた文章にしなければいけません。
そのため、納期が間に合わないことを伝えた後に納品ができないことについて「大変申し訳ございません。」という文をメッセージ内に入れるようにしましょう。
また、一度謝るだけではなく何度も「申し訳ございません。」、「お詫び申し上げます」などの文をメッセージ内に使用しておくと、クライアントにも誠意を持って謝っていることを分かってもらうことができます。
文章内の謝る文を入れるのはやっておく必要がありますが、どのくらい謝罪を入れておくのかを考えておくことも大事です。

言い方に注意する


納期が間に合わないことについて謝罪を伝えるときに、メッセージ内で使用する言い方に注意しておくことが大事です。
言い方によっては、謝罪文なのに謝罪に聞こえないように思われてしまうことがあり、クライアントに悪い印象を持たせてしまうこともあります。
言い方としては丁寧語を意識して、タメ口になってしまうことがないようにすべきです。
タメ口の口調で「〜だよ」、「許してもらえないかな」などの口調では誠意を伝えることができず、クライアントからも「仕事を舐めている」と思われて契約自体を破棄されてしまうことがあります。
誰しも「クライアントに悪い印象を持たれたくはない」と思うはずなので、メッセージ内の言い方には注意しておきましょう。

自己弁護にならないようにする


謝罪の文章を送るときに注意したいのは内容が「自己弁護になっていないのか」という確認です。
謝罪の文章を送るときは自分の非を認めることが大事ですが、自己弁護のようになっているなら、クライアントからは悪い印象を持たれてしまうことになるのでメッセージを送信する前に内容を見直しておくようにしましょう。
自己弁護のような文章は、例えば「急に本業が忙しくなり手が回らなくなってしまったんです。やる気はあったのですが〜」と理由を述べるときに自分の意思を文の後半に持ってくることです。
文章を読んだときに人の印象としては文の後半が記憶に残りやすく、文の後半部分で自分の意見を主張するなら「自己弁護している」という印象が残りやすいです。
誠意を持って謝罪をしたい気持ちがあってもクライアントに誤解されてしまうと悲しい気持ちにになってしまいますね。
言い訳に聞こえるような文章になっていないのか確認してください。

納期が間に合わず契約を打ち切られたらどうなるの?


クラウドワークスで納期が間に合わない場合は、「どのようなマイナス点があるの?」と思われる人もいるはずです。
納期が間に合わないなら、どのようなマイナス点を受けてしまうことがあるのか2点に注目します。

自分への評価が下がる


納期が間に合わずにクライアントから契約を破棄されると、その時点で契約は解除されるので仕事を行う必要はなくなります。
しかし、クラウドワークスでは、契約を破棄された後に相互の評価を付けることができるシステムになっており、クライアントからの評価のつけ方によって自分の評価が下がってしまうこともあります。
納期が間に合わないとなると、クライアントも評価を付けるときに高く評価することができません。
自分の評価が下がってしまうと、次に仕事の応募を出して受注をしたくても、他のクライアントから評価を見られて後回しにされることがあり、仕事の受注が減少してしまう影響が出てしまいます。
クライアントも応募者の中から評価の高い人を選びたいため、評価が下がればその分仕事が減少する可能性があります。

収入が減る可能性も


納期が間に合わないなら、仕事の契約をクライアントから破棄される可能性もあります。
もし、クライアントから契約の破棄をされるなら収入が減ってしまうこともあります。
クライアントから契約を破棄されれば、本来納品して得られるはずだった報酬金額が得られないということになるので、自分の収入が減ってしまうこともあります。
納期に間に合わないなら、クライアントにメッセージ送信する必要はありますが、契約を持続するか破棄されるのかはクライアントの意向次第なので、契約破棄も覚悟しておくことが必要です。

納期に間に合わない事態を回避させる4つの方法


いろいろな状況で納期が間に合わないこともあるかもしれませんが、できれば納期は間に合わせることが大事です。
どのようにすれば納期が間に合わないことを回避して、無事に納品することができるのか紹介しましょう。

計画をしっかり立てる


納期までに計画を立てることが大事ですが、ギリギリに納品する計画であれば、何か不測の事態が生じたときに納期までに納品することができないこともあります。
急な案件で納期が迫っている場合を除き、納期の3日前ほどに納品するように計画することがおすすめです。
3日前に納品できるようにすれば、不測の事態が生じても商品を納品するように計画の立て直しができ、最悪クライアントに納期に間に合わないことを事前に伝えることができます。
納期までに余裕を持つようにすべきです。

クライアントに質問しよう


納期までに商品を納品しようとしても、クライアントと意向が違えば全て修正という事態になり、納期までに納品することができないこともあります。
そのため、分からない点や疑問点があれば質問してクライアントの意向に沿えるように納品することを心がけましょう。
クライアントの意向に沿っていれば修正も少なくすることができ、納期に納品を間に合わせられるはずです。

できそうな案件を選ぶ


クラウドワークスで仕事を応募するときは、自分のできそうな案件を選ぶことも大事です。
自自分の技術ではできない仕事に応募するなら、クライアントのクオリティに応えられず、納品すること自体難しくなります。
そうなると納期に間に合わせることはできなくなるので、単価が高そうな募集でも応募条件をよく見て案件を選ぶことが大事です。

納期が間に合わないようなら事前に連絡する


どうしても作業が進まず納期に間に合わないようであれば、クライアントに事前に納期が間に合わないことを連絡しておく必要があります。
最低納期の2〜3日前であればクライアントも納期の延長を考えてくれることもあり、「納期に間に合わない」と思うなら、早いほどクライアントは対策を練ることができます。
1番最悪なのは納期当日に納品できないことを伝えることなので、納期までに連絡してあげることがくクライアントとの良い関係を保ちやすいです。

まとめ


クラウドワークスで仕事をしていて納期に間に合わないとおもうなら、事前にクライアントに伝えるようにしましょう。
クライアントに自分の状況を話し、誠意を持って謝り、常識の範囲内で納期に遅れることを伝えれば、理解を示してくれます。
もちろん、1番は納期を守ることなので、納期を守ることができるように努力することが大事です。
ぜひ、内容を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました