スポンサーリンク

スポンサーリンク

英会話の挫折の原因と継続のポイント!起業にも有利

ビジネス
スポンサーリンク

「英語で会話をしたい」と思い英会話を始める人もいるはずです。

英語を話すことができるようになる、または聞くことができるようになるなら、外国の人と友達になることもできますし、英語を使用した仕事を行うこともできるようになります。

英語を話せるようになるメリットは大きいので、英会話をすることはおすすめしますが、英語を習得することは簡単なことではありません。自分の限界を感じてしまい、英会話を3日で終わらせてしまう、または1ヶ月で挫折してしまうなど、習得することができない人が多いです。

英会話の習得を続けていくためにはポイントがあるので紹介していきます。

英会話を挫折してしまう理由とは

英会話や英語の勉強をするときに挫折してしまうことがありますが、挫折してしまうには理由があります。

どんな理由で挫折してしまうのか?以下の点が考えられます。

習得に時間がかかるため

英語は勉強して直ぐに習得できるわけではなく、時間がかかってしまいます。

言語を習得するには脳が言語に慣れる必要があるので、脳が慣れてくるまでは何を聞いても「何て言っているのだろう?」と聞き取ることもできませんし、話すことも難しいです。

「英語で会話をしよう」と思うなら、最低半年は持続して勉強しないと英語に慣れることはできないので、持続して勉強していく必要があります。しかし、直ぐに効果は表れないので「このまま英語を勉強して習得できるの?」と疑ってしまうようになり、効果が現れる前に諦めてしまう人が多いです。

半年間頑張ってみても、能力は個々によって違いがあるので、半年かけても期待通りのレベルに達していないこともあります。それが理由でやめてしまうこともありますね。

完璧さを求めるため

英会話をするときに挫折してしまうのは完璧さを求めてしまうためです。

「英語を話すようにするためには「ネイティブのように流ちょうに話す必要がある」と思うかもしれません。しかし、ネイティブのように話すにはかなりの時間がかかり、1年や2年という短期間で話せるようにはなりません。

英語を何ヶ月も勉強していてもネイティブのように話すことができないので、「片言の英語で恥ずかしい」、「自分は英語で話すことに向いていない」と感じてしまい、英語を話すことを諦めてしまうことがあります。

日本語で十分だと感じてしまう

英会話をしていても、「自分は英語を話す必要があるのだろうか?」と疑問を感じてしまうことがあります。

例えば、「日本にに来ている外国の人と会話をしたい」と思って英会話の勉強を始めても、自分が合っている外国の人が日本を流ちょうに話すことができるなら、「英会話をする必要があるかな?」と疑問を抱いてしまうかもしれません

英会話で勉強していても「実際に英語を使う機会はあるのか?」と自分の環境を疑うようになってしまうなら、英会話を挫折してしまうことがありますね。

英会話を継続するポイントとは?

英会話を継続することは簡単なことではないので、「英会話を続ける秘訣が知りたい」と思うはずです。

英会話を継続するポイントは以下の3点を覚えておくことをおすすめします。

英語を話す環境を整える

英会話を継続するためには英語を話す環境を整えることが大事です。

英会話をするのは、英語を話す人たちと円滑にコミュニケーションが取れるようになるためです。

もし、自分の周りに英語を話す機会がないなら「英語を話す必要がない」と思い、英会話を続けることが難しくなります。

英語を話す環境を整えるなら、例えば外国人が集まるサークルに入会してみること、また大学生なら外国人の友達を作ることができます。

英語を使用する機会が自分の周りにあるなら、英会話を継続するモチベーションは確実に上がります。

目標を設定する

英会話を勉強するときに目標を設定しておくのは良い方法です。人は目標があれば努力することができるので、たとえ苦しむことがあっても我慢して継続していくことができます。

ただ、英会話に関して「どんな目標を立てればいいの?」と疑問を感じる人もいるはずです。

例えば、

・海外ドラマを英語で聞くことができるようになりたい

・翻訳関係の仕事をしたい

・海外旅行で会話に困らないように英語を習得したい

などです。

どんな目標でもいいですが、自分が継続して頑張ることのできる目標を設定することが大事です。目標を定めることにより、英会話は続けやすくなります。

小さな進歩を実感する

英会話を勉強していても、直ぐに流ちょうに英語が話せるようになるわけではありません。英会話を始めた当初は、英語を話すことは全くできないので、「このままで大丈夫なのか?」と心配してしまいます。

流ちょうに話せるようになるためには時間がかかるので、自分を疑わないようにする必要があります。そのため、英会話をしているときは小さな進歩を実感することが必要です。

小さな進歩は例えば

・新しい英単語を5つほど覚えた

・少し発音が良くなった

・先生に褒められた

などがあります。

小さな進歩を実感することで「少しずつだけど英語を習得できている」と実感でき、英会話を継続していくことができます。

英語が話せるなら起業にも有利

英語を話すことができるようになるなら、起業するときも有利になります。

英語を話せるなら外国の人とコミュニケーションをとることができるので、仕事の幅を広げることができますし、外国の人を雇うことに抵抗を感じません。

英会話ができるだけで、外国に行って商品の調達や取引するクライアントを探すこともできるなど、自分の可能性も大きくなるので、身に付けているならメリットはかなり大きいです。

「起業したい」という思いがあるなら、社会もグローバル化してきているので英会話はできるようにしておくことをおすすめします。

まとめ

英会話を続けることは難さを感じることもあるので、英会話を継続するために

・英語を話す環境を整えること

・目標を設定すること

・小さな進歩を実感すること

が大事です。

英会話を習い続けるなら必ず将来に役立てることができ、仕事や自分のプライベートを充実させることができます。

「英会話を学ぼう」と思っているなら、ぜひ継続する努力を行うようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました