スポンサーリンク

スポンサーリンク

プログラミング習得の期間とは?期間内に習得するための注意点とは

プログラミング
スポンサーリンク

「プログラミングを習得したい」と思っている人もいるはずです。

プログラミングを習得することができたなら、ITリテラシーも知識も深まり、IT関係の企業に就職が有利になる見込みがありますし、フリーエンジニアとして活動する可能性も見出せます。

また、ITの需要は今後も増えるはずなので、プログラミングを習得しておいて損はありません。

しかし、プログラミングを習得するときに「習得までの期間はどれだけかかるのか?」と悩んでしまう人もいるはずです。

プログラミングを取得できる期間について紹介しましょう。

プログラミング習得までの期間とは

プログラミングを習得するまでの期間は学生や会社員、アルバイトなど、自分の状況によって習得の期間は変わってきます。

プログラミングの習得は一定の知識やスキルを覚えたなら、「習得した」と言うことができます。

一定のレベルの知識やスキルは

・PHPやJava Scriptなど基本的なプログラミング言語が1つはできる

・アプリ開発などの実務経験がある

・自分の習得したスキルで何ができるのか把握している

と言う点です。

これらの一定の知識やスキルを得るまでの期間を紹介します。

独学の場合

独学の場合は、自分でプログラミングの書籍を見て習得します。

独学の場合は自分でプログラミングを勉強していくことになるので、自分のやる気次第でプログラミングの習得期間は変わってきます。

しかし、独学である以上、分からないところも自分で調べて改善していく必要があるので、かなり時間がかかります。

毎日2時間以上勉強しても「半年は最低でもかかる」と見込んでおく必要があり、パソコンのスキルや書籍の内容を理解する読解力がなければ、なかかな進まず途中でやめてしまう可能性も高いです。

自分のペースで勉強していくことができますが、「習得には時間がかかる」と思っていた方がいいですね。

プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングを習得するためにプログラミングスクールに通うことができます。

プログラミングスクールでは講師がいて、スクール側がカリキュラムを組んでくれるので、スクールに通えば順序よく適切な方法で勉強ができます。

分からないところがあれば講師に質問して疑問点を改善することもできるので、習得の効率の良さは1番ですね。

プログラミングスクールでスキルや知識を習得するには、ペースによりますが平均は3ヶ月ほどです。

しかし、短期集中コースなどを設けているスクールなら、1ヶ月で習得することができるので、習得期間は確実にプログラミングスクール早いですね。

ただ、プログラミングスクールに通うなら費用が発生し、安くても「毎月1万円ほどの料金が発生する」と思っておくのがいいです。

プログラミングスクールに通う3つの注意点

プログラミングを習得したいなら、独学よりもプログラミングスクールに通う方が断然効率的です。

準備されているカリキュラムや経験ある講師からの授業を受ける方が理解しやすく、疑問点も直ぐに解決できますね。

ただ、プログラミングスクールに通えば「1ヶ月〜3ヶ月で習得ができる」と期待はできますが、期間通りにプログラミングを習得するためには注意しておくことがあります。

どのような点に注意すべきか3つほど紹介します。

決められた授業に出席する

プログラミングスクールに通うなら授業を聞いて内容を理解する必要があります。

しかし、決められた授業にしっかり出席できないなら、プログラミング習得の期間は延長してしまうことがあります。

プログラミングスクールでは、期間内にプログラミングを習得することができるようにカリキュラムを組んでいます。

そのため。出席する日が決まっているなら、決められた日に「全部出席することで期間内への習得ができる」と言えます。

しかし、仕事が忙しかったり、気分的に「授業に出たくない」と思ったりして授業への出席数は減ってしまうなら、カリキュラム通りではないので、4〜6ヶ月習得する期間が延びてしまいます。

特に、社会人であれば仕事が忙しくて欠席してしまう可能性は高いので、注意が必要です。

1回の授業内容を十分に理解する

「プログラミングの授業に出ていれば、プログラミングを習得できる」と思うかもしれませんが、プログラミングの授業の内容を理解しておく必要がありますね。

授業を進めていくときは先回学んだことを基にして授業を進めますが、先回の内容があまり理解できていないなら、授業についていくことはできません。

マンツーマンで授業をしていても復習の時間が多くなるので、授業が遅れてしまうことになります。

そのため、授業が遅れたなら、授業がズレ込んで期間内に修了することができなくなるので、期間内での習得は難しくなります。

期間内でプログラミングを習得するために、授業に集中して内容を理解するように努めることが大事です。

また、授業で分からないことがあるなら、早めに講師に質問をして疑問や理解できていない部分を直すようにする必要があります。

価格も考えておく

プログラミングスクールに通うには費用が発生するので、費用を計算しておくことが大事です。

プログラミングスクールによって価格設定は違いがあるので、自分が支払うことのできるスクールを選ぶようにしてください。

プログラミングスクールは高額であれば内容も豊富であり、講師も現役のエンジニアを採用していて、転職や就職の支援もしてくれるなどサポート面が充実しています。

しかし、高額なスクールは費用が10万円ほど発生するなど、出費はかなり大きくなっています。

仮に、サポートが充実しているスクールを選んで授業を受けたとしても、費用が高額で3ヶ月のカリキュラムでも、1ヶ月のみの受講しか払うことができないなら、持続することができずスキルの習得ができません。

そのため、サポート面の充実度は確かに大事ですが、自分が期間内の授業料を支払うことができるスクールを選ぶことがさらに大事なので、費用のバランスを取ることができるように考えてください。

まとめ

プログラミングのスキルや知識を習得できる期間は大体3ヶ月程度です。

プログラミング習得には独学とプログラミングスクールへ通うことの2つの方法がありますが、おすすめはプログラミングスクールに通うことです。

プログラミングを習得したい人は、スクールに通うことを検討してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました