スポンサーリンク

スポンサーリンク

費用かけたくない!それなら無料のプログラミングスクールを受講しよう

プログラミング
スポンサーリンク

プログラミングを習得したいなら、プログラミングスクールに通うことを考えることができます。

プログラミングスクールは講師やカリキュラムの作成、また転職サポートなどが備わっているので、プログラミングを習得して仕事をしたいなら、プログラミングスクールに通うことがおすすめです。

しかし、プログラミングスクールに通うなら費用がかかるので、その点にハードルの高さを感じる人もいるかもしれません。もし、費用をかけたくないなら無料のプログラミングスクールに通うことができます。

無料のプログラミングスクールについて内容を紹介しましょう。

無料プログラミングスクールを選ぶポイント

無料のプログラミングスクールを選ぶにはポイントがあります。無料と聞くと費用がかからないので、「有料よりもお得」と思えるかもしれません。しかしポイントを押さえておかないと、後悔してしまう可能性があります。

無料プログラミングスクールの選び方は以下の通りです。

講師の質はどうか

無料のプログラミングスクールに通うときは、講師の質に関して注意しておきましょう。無料スクールの場合も講師がプログラミングに関して指導してくれますが、講師の教え方によってプログラミング習得は影響を受けます。

プログラミングは専門的であり、無料スクールを選ぶということは未経験者の割合が多くなります。専門的な部分を未経験者に教えることは、教え方や指導方法がしっかりしていないと受講者は理解しにくいです。

有料の場合は、カリキュラム作成や講師の教え方に注意しているため、指導に関しては期待ができます。

しかし、無料スクールの場合は指導方法や教え方が曖昧になっていることがあるので、通学してもプログラミングのスキルや知識がしっかり理解できないことがあります。

無料スクールでもプログラミングがしっかり理解できるように講師の質に注意しておきましょう。

優良企業を紹介してくれるか

無料スクールでプログラミング学習をする場合、プログラミングのカリキュラムを終えた時点で転職先を決める必要があります。

無料のスクールは受講者が転職や就職してもらうことで、その企業から紹介料をもらえるため、受講者に無料で学習を提供しています。

そのため、無料スクールでプログラミング学習したなら、スクールの求人先から転職や就職を決める必要があります。

しかし、無料スクールが紹介する求人先の企業は、ブラック企業や希望に合わない企業もあるので、転職を失敗してしまう可能性もあります。

もし、ブラック企業や希望に合わない企業に転職したなら、ストレスなどから体を壊す可能性もあり、また転職先を探さなくてはなりません。

そのため、無料スクールを受講する場合は紹介している求人が優良企業なのか確認する必要があります。

実際的な学習ができるか

無料スクールでプログラミング学習をするときに、実戦的な学習を行えるのか確認する必要があります。プログラミングの知識やスキルを学習しても、仕事の実際の現場で使うことができないなら、戦力となることができません。

プログラミングはスキルや知識を応用して使用するので、実際的な体験をスクールの学習でおこなえうことができるのかがポイントです。

実際的な体験としては、例えばポートフォリオの作成、チームを組んでのプログラミング開発、サイト制作などがあります。

実際的な学習を行うことができれば、仕事を始めるときも経験があるので戸惑うことが少なく、戦力となれます。

仕事に役立てる実際的な体験があるのか確認しましょう。

おすすめの無料プログラミングスクールとは

「どこの無料のプログラミングスクールを受ければいいの?」と悩んでしまう人もいるはずです。無料のプログラミングスクールはたくさんありますが、その中でもおすすめできるスクールがあります。

どのスクールを受講すればいいのか紹介します。

ポテパンキャンプ

プログラミングスクールでは、ポテパンキャンプを利用することができます。ポテパンキャンプは難易度の高いプログラミングスクールですが、受講を終えて転職に成功することができれば受講料は全額返金されるため、実質無料でプログラミングの受講ができます。

ポテパンキャンプのメリットとデメリットは以下のようになります。

メリット

ポテパンキャンプのメリットは転職成功率が98%と高い確率を誇るので、ほぼ確実に転職ができます。そのため、転職後の全額返金もしっかり得ることができるので、無料でプログラミング学習できる点は問題ありません。

また、ポテパンキャンプの転職先の企業は自社開発企業なので、転職先も安心することができます。

現場でプログラミングスキルや知識を発揮できるように、実践的なカリキュラムや講師のサポートも万全に整えられています。

レベルの高いスクールなので、無料でもスキルや内容は十分期待が持てます。

デメリット

ポテパンキャンプのデメリットは受講の難易度が高いことです。ポテパンキャンプは入学するときに事前課題があるなど、入学するには条件も付けられています。

そのため、プログラミング初心者の方や未経験の方はポテパンキャンプの受講は難しいです。

プログラミングの知識をある程度持っている人、また高い目標を持っている人なら、期待通りの内容を学習できるので、プログラミングの知識やスキルをある程度身に付けてから受講するのがいいです。

Geek JOB

Geek JOBはオリジナルのカリキュラムでプログラミング学習ができるスクールです。受講料は無料でも転職サポートをしてくれるので、無料スクールに通って転職したい人におすすめです。

Geek JOBのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

Geek JOBは無料スクールでも、転職成功率が95%以上を記録しているスクールです。転職率も期待を持つことができますが、転職できる企業もDMMなど有名な企業の紹介をしているので、転職先も期待が持てます。

Geek JOBは学習できる幅が広く、1ヶ月の最短コースで学習から転職することができれば、気長にプログラミングを学習することもできるなど、自分のペースに合わせたプログラミング学習ができます。

満足度は86%以上なので、とりあえずプログラミングを学びたい人におすすめです。

デメリット

Geek JOBは無料で学習ができますが、受講条件が厳しく設定されています。29歳以下の方までとなっており、転職意欲があることや大学卒業や正社員としての勤務経験があることなど、誰もが受講できるわけではありません。

もし、Geek JOBの条件に当てはまる人であれば無料で学習を行えるので、応募してみる価値があります。しかし、条件に当てはまらない人は違うプログラミングスクールへの受講を考えましょう。

有料でおすすめDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは有料のスクールですが、転職できなければ受講料が全額返金される保証制度を作っています。

そのため、受講後に転職できなければ無料でプログラミング学習ができることになります。

ただ、DMM WEBCAMPは転職サポートも手厚く転職成功率も98%とかなり高い確率を上げています。そのため、無料で学ぶのは難しいですね。

しかし、DMM WEBCAMPにも優れた特徴があります。メリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

DMM WEBCAMPは6ヶ月間のスキル学習と実務経験を行なってくれます。実務経験ができれば、仕事をするときに戸惑うことなく作業がしやすくなります。また、転職時に有利な実績を残すこともできるので、転職成功率もアップします。

転職するときはカウンセリングや適正面談などでサポートもしっかり行なってくれるので、転職成功に期待が持てます。

転職できれば受講料は返金されませんが、確実に転職したいならDMM WEBCAMPも考慮できます。

デメリット

DMM WEBCAMPはプログラミング関連の転職に特化した特徴を持っています。そのため、プログラミング学習をして転職をしたい人にとってはおすすめですが、ただプログラミングを学習したい人にとっては合わない可能性もあります。

プログラミング学習の内容は、「仕事でどのようにプログラミングを応用できるのかなど、プログラミングのスキルや知識以外に仕事場での応用も学習します

転職する気がないなら違うスクールに通って学習するのが良い方法です。

無料スクールでプログラミング学習を考えてみよう

無料スクールでプログラミング学習を考えてみることができます。無料スクールでも、質の高いプログラミング学習をすることができます。

ただ、全ての無料スクールが自分にとって良いわけではないので、無料スクールの内容をしっかり確認して、自分の目的と合っているスクールを選びましょう。

ぜひ、プログラミング学習のときに無料スクールで受講することも検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました