スポンサーリンク

スポンサーリンク

プログラミングが起業に有利な3つの理由とは?どの言語を覚えるべき?

起業
スポンサーリンク

起業するときは、何かスキルを持っていると事業の幅が広がり、自分の特徴を出すことができるので、スキルを習得するのは良いことです。

ただ、「どのようなスキルを持っておくのが良いのか?」と、どのようなスキルを持てば良いのか分からない人もいるはずです。

スキルの習得にもいろいろありますが、「プログラミング技術があればビジネスの展開が広がるかもしれない」と思うはずです。

プログラミング技術があればビジネスで有利に立てるのか紹介しましょう。

起業にプログラミングが有利な3つのメリット

プログラミングを習得している人は起業する人が多いです。

プログラミングは1つの専門的スキルなので、「プログラミングができるなら起業も有利だろう」と思い人もいるかもしれませんが、プログラミングできる人が起業に有利なのは理由があります。

その理由について紹介していきましょう。

低コストで起業が行える

プログラミングができる人は低コストで起業することができます。

通常のビジネスであれば起業して仕事をするときに、かなりの資金を準備しなければならず、大体300〜500万円ほど必要です。

起業する人は飲食店が多いですが、仮に飲食店を開業するなら

・店舗と土地代

・改装費用

・設備費用

・食材などの商品費用

・人件費

・広告費

などが必要になります。

これらの費用を全て計算すると500万円近くの費用が必要になり、資金を貯めるのに苦労しますね。

しかし、プログラミングを技術を使うプログラマーやITエンジニアは自宅で仕事も可能なので、事務所を構える必要がなく、設備費用、改装費なども必要ありません。

商品費用はパソコンくらいであり、費用を全て計算しても50万円〜100万円もあれば確実に起業できます。

低コストであれば行動もしやすいので起業しやすいですね。

仕事の受注もしやすい

プログラミング技術は必要とされている技術であり、今は需要が大きくなっています。

ある調査では2015年の時点で約17万人もIT人材が不足しており、IT の仕事はあっても人材不足のせいで仕事が進まないという企業も多いです。

自社で補うことができない仕事は外注として、仕事をしてもらうケースも多く、プログラミング技術ができるITエンジニアは重宝されています。

そのため、通常起業し始めの頃は仕事の案件が少なく、飲食店なども顧客が入ってこないこともありますが、IT関係の仕事は直ぐに発注されることがあり、仕事を軌道に乗せやすい点があります。

起業し始めて仕事の受注が見込めるなら、会社を退職しても収入で心配することもないですね。

人件費がいらない

起業したなら、初期投資にお金がかかりますが、起業した後も固定費がかかるので、毎月の出費も計算しておくことが大事です。

固定費には、電話代や賃貸料、広告費など、いろいろありますが1番大きな固定費は人件費と言われています。

会社の仕事をスムーズに行っていくためには人手が必要なので、人件費を払わざるをえません。

しかし、仮に飲食店スタッフを確保するた3人の人材を確保したとします。

3人の内1人を正社員にして2人のアルバイトとするなら、正社員に月給で18万円アルバイト2人に月給10万円を支払うとするなら、これだけで38万円と40万円近くの出費がかかります。

毎月この出身がかかるなら、仕事の固定費は他の費用と合わせて60〜90万円ほどかかることもあります。

しかし、プログラミングの仕事はやろうと思えば1人で行うことができ、人材確保をしなくても仕事をしていくことが可能です。

「1人で仕事を行える」ということは人件費がかからず、上記の仮定である38万円の固定費がなくなることになります。

出費の負担が少なくなるので起業しやすいですね。

どんなプログラミング言語を学ぶべきか?

「プログラミング言語を習得して起業しよう」と思うなら、プログラミング言語を学ぶ必要があります。

しかし、「どんな内容を学べばいいの?」と学ぶべきプログラミング言語が分からないこともあるはずです。

学んだ方が良いプログラミング言語は以下の言語です。

HTML

HTMLはホームページ制作に使われる言語であり、数あるプログラミングの中でも難易度が低く初心者におすすめできます。

HTMLはwebで使われている文字やwebページで使われている<h2>や<h3>などのタグ設定などです。

これらはプログラミング言語を使用して作成されており、このプログラミング言語を使用することでホームページのデザインを変更することができます。

HTMLは1ヶ月ほど学ぶことができれば習得できるプログラミング言語なので短期間で覚えたい人におすすめです。

しかし、HTML以外にCSSという言語も覚えなければいけないので、ホームページ作成をメインにしてプログラミング言語を学びたいなら、HTMLとCSSの両方を覚えるようにすべきです。

PHP

PHPはサイト作成に使用されるプログラミング言語です。

PHPが使用されて作成されているサイトはお問い合わせフォーム、ショッピングカート、動的なウェブページなど、いろいろ使われています。

ブログ作成に使われるWordPressもPHPを用いて作成されています。

WordPressで作成されたウェブページにユーザーがアクセスするなら、PHPがHTMLを生成して表示させ、関連記事が自動的に変更するなどの動作もします。

このように、PHPはいろいろなところで使用されるので、PHP言語を覚えることにより、プログラミングで行える仕事の幅は大きくなり、たくさんの仕事が受注されることを期待できます。

PHP言語はいろいろな所で使用するため、「難しいのでは」と思う人もいるかもしれませんが、初心者でも覚えられるプログラミング言語であり、多くのプログラミング教室で習うことができます。

Java Script

Java Scriptはポップアップウインドウや日付のカウントダウンなど、ウェブサイトに動きをつけることができるプログラミング言語です。

GmailやAmazonなどでもJava Scriptが使用されており、スマホアプリの作成やExcel機能を使うことも可能です。

Java Scriptもプログラミングスクールで習うことができますが、少し難易度は高いので、「習得するのに3ヶ月ほどの時間がかかる」と思っておくのがいいでしょう。

Java Scriptを習得し、PHPやHTMLのどちらかを習得しているなら、どんなウェブページも作成できるはずなので、仕事のクオリティを高めたいなら習得しておくことも考慮できます。

プログラミング言語を習得するならスクールに通おう

プログラミング言語を1つでも習得することができれば、web関係の仕事を行うことができるようになります。

そのため、プログラミング言語を習得すると起業するときに有利となりますが、「プログラミングはどう学ぶのがいいの」と疑問を感じる人もいるはずです。

プログラミング言語を学びたいなら、独学で習得する方法もありますがプログラミングスクールに通うのがいいでしょう。

プログラミングスクールであれば、知識を持っている講師がプログラミングの覚え方を丁寧に教えてくれますし、教えてもらった方が効率よく習得ができます。

今ではオンラインで自宅からプログラミングを学ぶこともできるので、プログラミングを習得したい人はスクールに通うことをおすすめします。

まとめ

プログラミングを習得すれば、起業したときに

・費用を節約できる

・仕事の受注が多く見込める

・人件費がかからない

など多くのメリットがあります。

何かで起業しようと思うなら、プログラミング言語を学んでみることはおすすめです。

ぜひ、1つでも習得することを考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました