スポンサーリンク

スポンサーリンク

起業するタイミングとは?見極めるポイントとは

起業
スポンサーリンク

仕事をしていると「もっと自分の自由に仕事をしてみたい」、「自分で事業計画や経営を行いたい」と思うことがあるかもしれません。「自分で新しい仕事を始めたい」と思うなら起業することができます。

起業することにより自分の可能性を試してみることができ、会社員として仕事をするよりも高収入を目指すこともできます。

しかし、起業しても「うまくいくのか」と不安になり、「どんなタイミングで起業するべきなのか?」とタイミングについて知りたいはずです。起業するときのタイミングについて紹介します。

起業を考え出すきっかけとは

「起業しようかな」と考えるときは何かきっかけがあるからです。どんなきっかけで起業することを考えるのか以下の2つをご覧ください。

経験やスキルが身に付いてきたとき

起業を考えるときは、仕事の経験やスキルが身に付いたときに考えるはずです。自分が仕事をしていて「仕事内容が分かってきた」、「状況が変わっても臨機応変に対応することができるようになった」と思うなら、「自分1人で仕事をしても大丈夫」と自信が付いてきます。

企業に入社し始めの頃は、仕事を覚えることや上司に合わせていくのに必死かもしれませんが、入社して3〜5年ほど経てば段々仕事が分かってきます。

特にエンジニアや電気工事士、建築家などは技術職なので、スキルが身に付いてくるなら「起業して仕事をした方がメリットが大きいのでは?」と思いやすいはずです。

「経験やスキルを活かしたい」と思うなら、起業することを考えやすくなります。

起業して成功している話を聞いたとき

起業している人が成功した話を聞くなら「自分も起業したい」と思いやすいですね。起業して成功している人は例えば、

・会社員で働くよりも高収入な人、

・自由な時間が増えたので自分の生活にゆとりを持てる

・仕事が以前よりも楽しくなった

という人たちです。

起業して成功した人たちの話を聞くなら「自分も同じような境遇なので成功できるのでは」、「自分も起業した成功体験をしたい」と思うはずです。特に、自分の身近な人たちが起業した経験を聞くなら、現実的に考えることができ、起業したい気持ちは強くなります。

起業するタイミングはいつ?見極めるポイントは?

起業することを考えるならタイミングでが重要になります。起業して成功する1つのポイントはタイミングも入っているので、最適なタイミングを見極めることが大事です。

どのようなタイミングで起業することができるのかポイントを紹介します。

起業資金が貯まったとき

起業するタイミングとしては起業資金が貯まったっときです。起業する資金が貯まれば起業して仕事を開始できる状態になるので、資金が貯まればいつでも起業することができますね。

また、起業する資金が貯まれば融資などで資金調達もやりやすくなるので、「資金が貯まれば起業できる」と思います。

確かに、資金が貯まれば起業することができるので、タイミングとしては悪くありませんが、もう1つポイントを抑えるなら、少し余裕を持った資金が貯まっておくといいです。

見極めポイント

起業し始めても直ぐに高収入を得られるわけではなく、逆に収入が少なくなることが多いです。起業して収入を増やすには時間がかかる場合が多いので、もし収入が少なく、起業にかかる経費を払えないなら直ぐに廃業してしまうことになります。

起業して直ぐに収入が入る可能性は低いので、起業した後に数ヶ月自分の生活費と会社の維持費を支払うことができる資金を貯めておくのがおすすめです。

人脈が増えたとき

自分の人脈が広がったときに「起業できるかもしれない」と思うかもしれません。人脈が増えるなら、自分が起業したときに「仕事を依頼してもらえる」と思い、収入の計算をすることができます。

人脈が広がるなら、起業したときに自分の仕事を他の人に宣伝してもらうことができるので、起業し始めて「直ぐに仕事の軌道が乗りやすい」と予想するはずです。

見極めポイント

人脈があれば仕事を依頼してもらいやすくはなりますが、そのクライアントが自分のスキルを評価しているのか、それとも自分の勤めている企業なので評価してもらえているのか見極める必要はあります。

もし、勤めている企業で評価されている場合、独立して起業しても仕事の依頼を自分にしてくれるとは限りません。人脈が確固とした関係性を築けているの確認することが大事です。

周りから実績を認められたとき

周りから実績を認められたなら、自分のスキルが「高いレベルにある」ということが分かるので、「起業した方がメリットが大きいもしれない」と独立を考えるきっかけになります。

実績があるなら、「スキルがある」ということなので、自分のスキルをフル活用するために起業するのは間違っていません。

しかし、注意したいのは「どれほど実績を認められているのか」という点です。

見極めポイント

例えば、仕事をしていて仕事の業績が1位になり、何ヶ月も1位を独占しているなら、「スキルがある」と評価できます。

また、大きなプロジェクトをいくつも成功させたなら、これも「大きな実績」として評価できます。

しかし、「1つの大きなプロジェクトで成功を収めた」、「何年も同じ作業をしているので技術がある」という程度なら、起業してもクライアントが求めるスキルを提供できないことがあります。

スキル不足になれば起業しても仕事が依頼されないので、継続して事業ができません。スキルの評価がどの程度なのか周りの反応や確証となる実績に注目するようにしましょう。

まとめ

起業するときのタイミングを知ることは大事であり、タイミングを見誤ると継続して事業ができません。起業することを焦ってしまうとタイミングが誤ってしまうことがあるので、冷静に自分の状況を分析することが大事です。

ただ、起業するタイミングを見逃してしまうと、起業することが遅れてしまったり先延ばしになったりすることもあるので、タイミングにも注意するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました