スポンサーリンク

スポンサーリンク

美容師の転職はおすすめ?メリットやリスクを紹介

転職
スポンサーリンク

「今の仕事から転職をしたい」と考えている人もいるはずです。仕事をしていて収入を大事にしている人もいますが、やりがいのある仕事をするため、転職をする人が多いです。

転職する職種の中でも「美容師に転職したい」と思い、そのような人は美容師にの情報を知りたいはずです。美容師の仕事内容やどんな人がおすすめなのか紹介しましょう。

美容師になるためには

美容師になるためには、国家資格である美容師免許を取得する必要があります。美容師の資格を取得するためには、厚生労働省が指定する美容学校に通い、美容の実技と知識を習得して国家試験を受験する必要があります。

国家試験を受けるためには美容学校への修了検定が必要になるので、美容学校に2〜3年通って受験資格を得るようにすべきです。美容学校は通信で受けることができるので、社会人から美容師になるなら、通信に通いながら仕事をして受験資格を受けるのがいいかもしれません、

国家試験に合格することができれば美容師免許を取得でき、美容師として仕事を始めることができます。

美容師の仕事3つのメリットとは

美容師の仕事を目指す人や転職を目指す人の場合、美容師のメリットについて知りたいはずですね。

美容師の仕事に就いたときの3つのメリットについて紹介していきます。

一生仕事を行うことができる

美容師の仕事は無くなる仕事ではないので、一生行うことができる仕事です。しかも美容師は定年を迎えても継続できる仕事であり、定年を迎えた後も活動することが可能です。

美容師は美容室に雇われて仕事もできますし、自分で美容室を開業して自由に仕事をすることもできます。さらに福祉美容師として老人ホームなどでカットの仕事を行うこともできるので、美容師として仕事の携帯はいろいろあります。

そのため、自分の好きな形態で仕事を行っていくことができるはずです。これらの点を考えると将来も役に立つスキルとして美容師は最適です。

人間として成長できる

美容師は人間として成長することもできる仕事です。美容師は接客業であり、いろいろな人の細かい要望を聞きながらカットしていきます。

そのため、相手の話を聞くスキルや相手に満足してもらうためのスキルも自然と身に付き、コミュニケーション能力を向上させることができます。

例えば、相手から「何かおすすめの髪型はある?」と聞かれたときに、相手に合わせたおしゃれを考えるので、「こんな髪型はどうですか?」と質問をしてみます。

「もう少し違う髪型がいい」と言われれば、相手に合わせた髪型を考えるようになりますね。そして、相手が納得する髪型を一緒に考えます。

このようにして、相手に合わせる能力も美容師していると自然に身に付いてくるので、人間として大事な能力も得ることができます。

いろいろな人をおしゃれにできる

美容師になれば、いろいろな人をおしゃれにすることができます。美容師に来る人は流行りのヘアスタイルやカラートリートメント、パーマなど、髪型をきれいにして美しさやかっこよさを磨きたい人が多いです。

そのため、おしゃれな髪型や人気の髪型など様々な髪型のレパートリーを覚えていき、いろいろな人おしゃれにしていくことが楽しめます。

また、自分の髪型もおしゃれにしておくことで、お客さんに美容師としてのスキルやおしゃれを宣伝することになるので、自分の髪型にも気を使うようになります。

お客さんだけでなく自分もおしゃれに気を使うようになれるのもメリットですね。

美容師をするときの3つのリスク

美容師の仕事はメリットだけでなく、リスクも生じます。

どんリスクがあるのか3つ紹介します。

休日が変則的

美容師の仕事は休日が変則的です。基本的に仕事を休むことが多い土日に仕事をすることが多くなるので、美容師の休みは平日になることが多いです。

さらに、美容室に勤めているなら、休日も毎週変化するので固定して休みを得ることは難しく、また、2日連続で休みをもらうことも難しいですね。

ゴールデンウィークや年末年始などであれば、多くのお客さんが来店する可能性が高いので、その週になれば休みはなく6日連続などで毎日仕事をする必要もあります。

休日を取るのが難しい仕事なので、休日に趣味を行いたい人は仕事が苦痛に感じかもしれません。

接客に疲れることも

美容師は接客をすることがあり、髪を切りながらお客さんと会話をすることもあります。無理に会話をする必要はありませんが、お客さんによっては会話を楽しむ人もいるので、黙って仕事をすることもできません。

また、お客さんの要望もしっかり聞いて要望通りにヘアスタイルを整えたり、細かい点にも気を使わなければいけないので、接客をしているだけで疲れてしまうことがあります。

人と会話をすることに慣れている人なら大丈夫かもしれませんが、会話をするのが苦手な人は大きなストレスになることもあります。

ライバルも多い

美容師になりたい人は多くおり、個人で美容室を経営する人も増えてきました。そのため、将来美容室を開業して経営をすることを考えているなら、ライバルが多いので、経営していくのが大変かもしれません。

美容師に転職して個人経営して高収入を目指すことを考えるなら、ライバルが多いので、他の美容室と差別化することを考える必要があります。

お客さんに満足してもらうことができるように、スキルを磨くことも大事であり、努力していくことが求められます。

美容師の転職に向いているか考える

美容師への転職を目指すなら、美容師になるためのメリットやリスクを考えて、「自分に合っているのか」、「途中で挫折しないか」と考える必要があります。

美容師になることは専門学校に通えば可能ですが、大事なのは美容師として仕事を続けていくことができるのか、という点です。美容師のリスクもふまえて、転職することを確認してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました