スポンサーリンク

スポンサーリンク

30代で一般事務へ転職は可能!成功のポイントとは

転職
スポンサーリンク

30代になると転職することを考えるかもしれません。転職をするときは、たくさんの仕事から自分に合う仕事を選ぶ必要があるので大変です。しかし、その中でも一般事務への仕事を選び転職を考える人もいます。

一般事務の仕事はデスクワークの仕事になります。しかし、営業でしんどい思いをした人、自由な時間を確保したい人にとっては魅力があり、転職先として人気のある仕事です。

ただ、一般事務の仕事は20代の人が有利とも言われており、「30代で転職できるの?」と不安に思うかもしれません。

30代の一般事務への転職について紹介します。

30代で一般事務職の転職は難易度が高い?

30代でも一般事務職の転職を行うことはできます。募集でも30代で求人を出している企業もあるからです。しかし、30代で一般事務職の転職を成功させるには、難易度が高いです。

なぜ30代での一般事務職への転職の難易度が高いのか紹介します。

医療事務と比較すると待遇が良いため

事務職の仕事には一般事務職ほかに医療事務の仕事もあります。医療事務の仕事と一般事務職の仕事を比較してみると、医療事務よりも待遇が良い点が多いです。

まずは、一般事務職の収入です。一般事務職の年収は250〜400万円ほどで平均361万円と言われています。収入としては高額ではないですが、生活していくだけの収入を得ることができます。

しかし、医療事務の平均年収は200〜350万円となっており、平均296万円と言われています。年収を比較してみると医療事務よりも一般事務の方が収入が良いですね。

また、一般事務職の仕事は土日が基本的に休みとなっており、有給休暇も使いやすい状況となっています。そのため、自分の自由な時間も確保しやすいです。

しかし、医療事務は土日出勤もお願いされることがあり、残業も多いなど、自分の自由な時間を確保しにくいです。

この点を比較すると一般事務職の方がメリットが大きいです。そのため、医療事務よりも一般事務職の求人への応募が多く、ライバルが多いです。

このことから、30代でも医療事務なら転職することはスムーズにできても、一般事務職は少し厳しいと言えるでしょう。

未経験者の応募は成功率が低い

一般事務職の仕事は応募の際に経験者を求めることが多いです。経験者であれば事務仕事を直ぐに行うことができるので、即戦力として見込むことができます。

企業としては事務の仕事は常にあるので、未経験者に仕事を教えながら事務処理をしていくのは手間と時間がかかってしまいます。それでも、20代であれば未経験者でも今後の伸び代を見込んで採用されることもあります。

しかし、30代で未経験であれば、伸び代も期待もしにくいため、経験者や20代に応募者がいるなら、採用は極めて厳しいです。

また、事務職の仕事は派遣やアルバイトで回している企業も多いので、正社員として採用されるとなると、ハードルは高くなっていると言えます。

30代で一般事務職への転職を成功させるポイントは?

30代で一般事務職へ転職するのは難しいことが多いです。しかし、30代で「一般事務職へ転職したい」と思うなら、一般事務職への転職が成功できるポイントを知っておくことができます。

どのようなポイントがあるのか3つ紹介します。

資格を取得

一般事務職への転職をしたいなら資格取得を考えることができます。資格を取得しているなら、スキルを取得していることを自信を持って面接のときにアピールすることができます。

一般事務職は経験だけでなく、スキルがあることで採用される確率が高くなります。習得しておくと良い資格としては、

・日商簿記検定

・秘書検定

などがあると良いです。

日商簿記は事務仕事に直接関係のある資格なのでアピールできる資格です。日商簿記3級でも良いですが、2級以上であればさらに大きなアピールとなります。

また、秘書検定も事務仕事に関係している資格なので習得しておくと転職のときにアピールできます。ビジネスマナーやコミュニケーション能力があることを証明できるので、ビジネスマナーに注意している企業には魅力的な人材と見てもらえます。

日商簿記や秘書検定は勉強すれば習得できる資格なので、身に付けておくのも良いかもしれません。

パソコンスキルを磨く

パソコンスキルがあれば、一般事務職の転職をアピールすることができます。事務職の仕事はパソコンを使用するので、パソコンに関してスキルがなければ転職はほぼ不可能です。

パソコンのスキルとしてはWardやExcelを使用できることはもちろんです。このスキル以外にタイピングのスピードもある程度求められることがあります。事務職の仕事だと文字を打つこともあるので、タイピングが速ければ大きなアピールとなります。

タイピングの速さは大きくは求められませんが、文字を打つときに迷っていると、時間をロスしてしまうので、パソコンの文字列は覚えておくようにしましょう。

パソコン教室に通うとパソコンのスキルは磨くことができるので、利用を考えてみてください。

過去の実績を活かした仕事先を選ぶ

過去の実績を活かした仕事先を選ぶことも大事です。過去の実績や経験があれば転職のときに即戦力として見てもらいやすく、大きくアピールできます。

過去の実績としては例えば、営業経験があるなら営業事務として採用される可能性が大きくなります。営業としての資料の見方やデザイン方法を理解しているので、事務職の仕事をするときに始めから教えてもらう、ということにはならないからです。

過去の実績を活かした事務職を選べば、転職のときに採用される確率は大きくなるので、その求人を探してみることができます。

30代でも一般事務職に転職できる

30代でも一般事務職へ転職することは可能です。ただ、30代で未経験だと一般事務職への転職は難しいことがあるので、パソコンのスキルや資格、経験から事務職の仕事ができることをアピールすることが大事です。

何かアピールできれば、一般事務職への転職を成功させやすくなるので、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました