スポンサーリンク

スポンサーリンク

安定している仕事とは?転職のときに仕事を選ぶポイントを分析しよう

転職
スポンサーリンク

仕事を転職することを考えるなら「安定した仕事に就くことができるか?」という点について悩むかもしれません。

今の仕事を変えて転職したとしても安定して仕事を続けることができなければ、また転職することになります。また、以前よりも境遇などが悪くなってしまったなら転職したことを後悔してしまうことになりますね。

転職して安定した仕事に就くためにはポイントを押さえておくことが大事です。どんなポイントを押さえておくべきのか紹介しましょう。

転職のときに選ぶ安定している仕事とは

「転職をするときに安定している仕事は何か?」と気になる人もいるはずです。転職をするときに安定している仕事はには何があるのか3つ紹介していきましょう。

医療や介護関係

医療や介護関係のの仕事は安定した仕事と言えます。なぜなら、医療や介護の仕事は無くなることがなく、日本は高齢化社会となっているからです。

日本では2025年までに、65歳以上の高齢者が約3500万人にもなると推測されており、医療や介護の仕事はますます需要が伸びてくることが予測できます。そのため、転職をした後も安定して仕事を続けていくなら、医療や介護関係を選びのがいいです。

ただ、医療関係となると転職するときに資格が必要な場合もあります。看護師や医師の場合は医療免許などが必要になるので、転職が難しいです。そのため、医療機器メーカーの営業や介護の仕事に転職するのが現実的です。

医療機器メーカーの営業は、30代で年収が平均500万円以上となっているので、十分な収入も確保できます。介護は年収が300〜400万円と下がりますがどちらも福祉や医療に携わるのでやりがいを感じることができます。

製薬業界

製薬業界も安定した仕と言えます。製薬業界は薬を開発することや薬の調合を行う薬剤師を想像するかもしれません。

薬の開発や調合には薬剤師の資格が必要なので、難しさを感じるかもしれません。しかし、MRと言われる薬の情報を医師へ提供する仕事なら、資格を比較的簡単に取得することができるんです。

公益財団法人MR認定センターが主催する「MR認定試験」という認定証を取得すれば、MRの仕事に転職するときにスキルを証明できます。これは合格率も80%を超えているので、勉強すれば取得できますよ。

MRの仕事は薬の情報や医師の現場を観察して、より良い薬を提供することに関われます。そのため、やりがいを感じることができますし、年収も30代では600万円を超えているので、高い収入を得られます。

薬の仕事も無くなることはないので、転職先としては安定していると言えます。

転職で安定した仕事に就く3つのポイント

転職して安定した仕事に就くためには、ポイントについても知っておきましょう。特に知っておくべきポイントは以下の点です。

企業の設立年数

転職するときに確認しておく点は企業の設立年数です。仕事を転職するときに条件の良い企業を見つけたとしても、企業の年数が1〜3年ほどであれば、少し注意しておくことが必要です。

なぜなら、創業して年数が浅ければ倒産してしまうリスクがあるからです。今では起業する人も増えたので企業の種類は増えています。しかし、開業して1年ほどで廃業になることも多いので、安定感という部分では不安があります。

もちろん、企業の年数が浅くても存続できる会社もいるので、可能性の話です。しかし、転職で安定を求めるのであれば、企業の設立年数が1年〜3年ほどの場合、長く続けられる保証はありません。

転職するときは設立年数を一応確認しておくべきです。

会社の雰囲気を確認

会社の雰囲気についても確認しておくことが大事です。会社を安定的に続けるためには収入や仕事内容も大事ですが、会社の雰囲気が悪いと自分が安定的に仕事を続けることが難しくなります。

会社の雰囲気で注目しておくのは例えば、人間関係、仕事へのプレッシャーなどです。仕事内容は良くても派閥があったり、上司からの圧力が強いと人間関係に悩んでしまいます。

また、収入が良くてもノルマを課されていたり、仕事量が多く残業することが多かったりするなら、仕事へのプレッシャーでストレスになってしまいます。

会社の雰囲気が自分に合っていないなら、仕事を続けることができずに途中で辞めてしまうことになりますね。そのため、転職エージェントなどを利用して会社の雰囲気についても情報を集めておくのがいいでしょう。

自分はやりがいを感じられるか

転職をするときに、仕事のやりがいを感じられるかは大事なポイントです。仕事をするときに、自分がやりがいを感じることができなければ、仕事に行くのが苦痛になってしまいます。

仕事に苦痛を感じてしまうなら、「仕事に行きたくない」と思うようになり、仕事に行くことだけで大きなストレスを感じてしまいます。大きなストレスを感じて仕事を続けることは難しく、ストレスで体調を崩すこともあります。

そのため、転職で安定を求めるなら、自分のやりがいを感じられる仕事を選ぶようにしましょう。やりがいを感じる仕事は

・自分のスキルを活かせる仕事

・好きな仕事

・自分の可能性を広げることができる仕事

などです。

転職するときにやりがいを感じることができるのも安定では重要なポイントです。考慮しておきましょう。

転職で安定した仕事を探すには自分を分析しよう

転職をしたときに安定して仕事を続けられるかは、自分の動機が大事になります。自分が大事にしているものが転職先にあれば、仕事は安定して続けられるはずです。

そのためにも、転職先の情報を集めて注意深く分析して、自分の大切なポイントとマッチしている仕事を選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました