スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職の面接で「いつから働けますか?」の意図とは?答え方も紹介

転職
スポンサーリンク

転職の面接に行くと、いろいろな質問を受けます。そのため、ある程度の質問に答えることができるように準備をしておくことが大事です。質問の準備をしておくことで緊張も抑えることができ、リラックスして面接に臨めますね。

面接では良く聞かれる質問などがありますが、「いつから働けますか?」と聞かれることもあります。この質問を受けた際に「どのように答えれば良いのだろう?」と悩んでしまう人もいるはずです。

「いつから働けますか?」と質問されたときの答え方について紹介します。

面接で「いつから働けますか?」の意図とは?

面接の際に「いつから働けますか?」と聞かれることがありますが、「この質問は何か意図があるのか?」と悩む人もいるはずです。企業側が「いつから働けますか?」と質問をするのは明確な意図が裏に隠されている場合があります。

どのような意図があるのか紹介しましょう。

準備や受け入れの確認

面接で「いつから働けますか?」と聞く理由は、企業側が採用する意思がある可能性があります。その場合は、企業側は相手が働ける日程を確認して、受け入れの準備をスムーズに進めるために聞きます。

受け入れるならば、企業や職種によっては仕事道具の発注や部署への確認、マニュアル作成など準備をすることが必要です。

そのため、準備や受け入れの確認で「いつから働けますか?」という質問をするなら、採用はほぼ確定と言えます。そのため、自分が働ける日付を伝えるようにしましょう。

早く入社できるのか知りたい

「いつから働けますか?」と聞くのは、早く入社できる人材か確認するために聞くことがあります。人材不足となっている企業や職場であれば、面接で好印象を得れば「直ぐに働いて欲しい」と思います。

そのため、「いつから入社できますか?」という質問には「早い日付で入社して欲しい」という意図が隠れています。

もし、面接のときに「体力に自信がありますか?」、「残業は可能ですか?」という質問の後に「いつから入社できますか?」という質問が来たなら、「直ぐに働いて欲しい」という意図の可能性が高いです。

また、面接の前から「人手不足」という情報を得ている場合も「直ぐに働いて欲しい」という意図が隠れている可能性が高いので、情報も集めておくと判断しやすくなります。

仕事に責任感を持っているのか知りたい

「いつから働けますか?」と質問するのは、仕事に責任感を持っているのか確認するために聞くことがあります。「いつから働けますか?」という質問に関してどのように答えるかにより、「仕事に対する責任感の有無」を判断できるからです。

企業は仕事に真面目に取り組んでもらえる人を採用したいです。そのため、面接官は面接で真面目に取り組める人なのか判断するために、いろいろな視点から見極めようとします。

「いつから働けますか」の質問も、見極める1つの方法として利用することがあります。もし、曖昧な答え方をすると「仕事に対して責任感を持っている」とは断定できませんね。そのため、「いつから働けますか?」の質問で「責任感があるのか?」という意図であれば、答え方は注意が必要です。

「いつから働けますか?」の答え方とは

「いつから働けますか?」と聞かれたときには答え方にポイントがあります。しっかり応えることができれば良い評価となるので、答え方の3つのポイントを紹介しましょう。

明確な理由を述べる

「いつから働けますか?」と聞かれたらときには明確な理由を述べるようにしましょう。転職をするときに在職中であるなら、「明日から働けます。」と言うことはできませんね。

在職中の場合は、いつから今の職場を退職して仕事に就くことができるのか明確に答える必要があります。

例えば「現在は在職中となっているので、引き継ぎをする必要があります。引き継ぎには1ヶ月ほどかかる見込みですので、来月の15日ほどから働くことができます。」

と答えることができます。在職中の方は、引き継ぎにかかる期間や何日から働けるのか明確な日付を言っておくことが大事です。明確な理由を述べるなら面接官も状況を理解して採用を考えてくれます。

2ヶ月以内で働けることを述べる

「いつから働けますか?」と聞かれたときは、2ヶ月以内に働けることを述べる必要があります。在職中の場合は直ぐに働くことができないので、ある程度の期間を待ってもらう必要があります。

しかし、働くまでの期間が採用が決まってから長いと面接官も判断が厳しいです。企業側としては早く働いて欲しいので、2ヶ月以上期間が空くと採用を見送る可能性早いです。

そのため、1ヶ月以上で2ヶ月以内に働けることを伝えるべきです。

前向きな内容を述べる

「いつから働けますか?」と聞かれたときは前向きな内容を発言するようにしましょう。転職の面接の場合は複数の企業に面接依頼をしていることもあるので、必ず働くことを約束できないかもしれません。

そのため、いつから働けるかを確約できないことがあります。ただ、不確定なときも前向きに発言すれば面接官の印象は良くなります。

例えば「他社でも来週に面談があります。そのため、今すぐに答えることはできません。しかし、採用いただき入社となった場合は◯月◯日までに連絡させていただきたいと思います。」

と答えられます。前向きな発言をすることで、企業側に良い印象を与えることができます。複数の面談が予定されているときは、答え方に詰まることもあります。理由をしっかり述べて最後に一言前向きな発言をすればいいので、重く捉えずにリラックスして答えましょう。

自信を持って答えるようにしよう

「いつから働けますか?」と質問されれば、自分の状況によって答え方は違うかもしれません。しかし、しっかり自分の状況を把握して質問に答えるなら、面接官の印象は悪くはなりません。

質問に答えるときに自信なく答えると、面接官も述べた内容を疑ってしまうことになります。そのため、自信を持って答えるようにしましょう。「いつから働けますか?」と聞かれたときに、ポイントを把握して自信を持って答えれば、転職の成功率も上がるはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました