スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職の面接でアクセサリーは大丈夫?NGの物は避けておこう

転職
スポンサーリンク

転職の面接をするときは服装に注意している人は多いはずです。服装は面接官が1番最初に目にする部分なので、服装に清潔感が無いなら面接でしっかり受け答えができていてもお落選することがあります。

そのため、服装には注意している人が多いはずですが、見た目の印象は服装だけではありません。身に付けているアクセサリーによっては面接官の印象が変わることもあります。

ただ、「面接のときにアクセサリーを付けていても問題ないの?」と感じる人もいるはずです。内容を紹介していきましょう。

面接で付けて良いアクセサリーとは

結論から言えば、面接でアクセサリーを付けていても問題ではありません。そのため、アクセサリーは面接のときに外さなくても良いです。ただ全てのアクセサリーが良いわけではないので、身に付ける物は注意が必要です。

先に面接で付けていても良いアクセサリーに関して紹介します。

結婚指輪

結婚指輪は面接ではめていても大丈夫なアクセサリーです。結婚指輪は結婚している証明となるアクセサリーであり、大多数の人が普通にしているアクセサリーなので面接官も違和感を感じることはありません。

ただ、結婚指輪も大きな宝石の付いたものなど目立つものならば、面接官の印象が変わる可能性もあります。結婚指輪が派手であれば面接官によっては悪い印象となることもあるので、普通のリングのみの結婚指輪をはめた方が無難でしょう。

女性の場合のみピアスはOK

ピアスをはめている人もいるはずです。男性であればピアスをはめていると悪い印象になるので、必ず外さなければいけません。しかし、女性の場合はピアスをはめている人は多く、オシャレの1つとして認識されているので、問題ないと見られることが多いです。

そのため、女性は面接でピアスをしても問題ないですが、あまり派手なピアスをするのは良くありません。ピアスに付いている物やピアスの長さが長く、派手に感じる物は印象があまり良くないです。また、企業によってはピアスをはめることをNGとしている場合もあります。

ただ宝石代理店など、オシャレを求められる職場はピアスが良い印象として映ることもあります。事前に企業の情報を調べてピアスを付けるべきか確認しておくようにしましょう。

腕時計

腕時計は時間を見るために使用しますが、オシャレなアクセサリーとして身に付けている人もいます。腕時計はビジネスマンにとっては必要物という認識を持っているので、腕時計をして面接を受けても悪い印象とはならないはずです。

むしろ、腕時計はビジネスの基本的な道具なので、身に付けていると面接官から好印象に見られることもあります。

ただ、腕時計も派手な色合いやデザインだと目を引きます。派手な腕時計をしていると、どんな印象を持たれるのか分からないので、腕時計のデザインは注意しておいた方がいいです。

シンプルなデザインの腕時計であれば問題ないので、シンプルなものを持っていきましょう。

転職の面接でNGとなるアクセサリー

転職の面接では付けているとNGとなるアクセサリーがあります。そのため、普段何気なく付けているアクセサリーを面接でも付けていくと、その時点で落とされてしまうことがあります。

どのようなアクセサリーを付けることによりNGとなるのか紹介しましょう。

ブレスレット

ブレスレットを付けるのは基本的にNGになるのでやめましょう。今ではおしゃれの一環としてブレスレットを付けている人も多くなりましたが、ブレスレットを面接のときに付けていると「チャラい」という印象を与えてしまいます。

企業側は真面目に仕事をしてくれる人材を探しています。ブレスレットを付けて面接に来るなら、どんなに良い経歴やスキルを持っていても「不真面目」と捉えられてしまうことになるので、面接のときは外しておくことが大事です。

チェーン付きの財布

財布にチェーン付けている人もいますが、これも面接のときにしていると印象が悪く映ります。チェーン付きの財布はチャラく見えるので、「不真面目」という印象に捉えられてしまいます。

普段からチェーン付きの財布を使用している人は、チェーンを外しておくのが良いですね。その場合は、面接会場に行く前からチェーンを外しておくようにしましょう。

面接会場でチェーン付きの財布をしている所を見られると、他のスタッフから印象が悪くなり、面接に影響を与えることがあるからです。できるなら家から出る前にチェーンを外しておくのが安全です。

派手目なネックレス

男性の場合はネックレスはNGですが、女性の場合はネックレスを付けて面接に行く人もいるはずです。その場合はネックレスのデザインに注意しておきましょう。

ネックレスもシンプルで小さいものであれば清潔な印象を与えるので、良い評価を与えることが可能です。しかし、派手なネックレスであれば一変して悪い印象となるので、面接で落ちてしまう原因となります。

ネックレスが大きく目立つようであれば、面接官の印象は悪くなるので、ネックレスを付けるときは鏡で確認しておきましょう。印象が目立つのか清潔感を感じるのか確認しておくなら自分の印象を判断できるはずです

面接で派手なアクセサリーは控えよう

転職の面接を受けるときは派手なアクセサリーを付けることは控えましょう。派手であれば良い印象を与えることはできず、悪い印象となります。悪い印象となれば質問への回答が良くても、プラス評価となりにくいです。

自分の希望した転職が成功するためには服装も大事ですが、全体の見た目の印象が重要です。アクセサリー選びは慎重に行い、自信がないなら付けるのは控えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました