スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職の面接は話し方が大事!印象に残る話し方とは

転職
スポンサーリンク

転職をするときには必ず面接を行う必要があります。面接をしたときに面接官は自分を会社に採用するのか判断を行うので、面接は転職するときの大事なポイントとなります。

もし、書類選考などが通ったとしても面接が上手くいかなければ落とされてしまうこともあります、「面接のときの注意点とは?」、「面接の前に準備しておくこととは?」と面接の際に心がけておくことについて内容を紹介します。

転職の面接の話し方2つの準備

転職で面接を受けるときには事前に面接の準備をしておくことが大事です。どのような準備をしておくことができるのか以下の点をご覧ください。

面接で聞かれそうな質問を準備

面接では質問される可能性のある話題があります。面接のときによく聞かれる質問としては

・志望動機

・自分の長所と短所

・会社でやりたいこと

・自分の目標

などがあります。

特に、志望動機や自分の長所や短所については、答えられるようにしておくべきです。志望動機は会社を選んだ根拠を知ることができ、長所と短所は自分の人となりを確認できる質問だからです。

全ての質問を準備していても、面接のときに質問をされるとは限りません。しかし、志望動機や自分の長所と短所などは質問される可能性が極めて高いため、しっかりと答えられるように準備しておきましょう。

簡潔に答えられるようにする

面接で質問をされたときに、簡潔に答えることができるように準備しておく必要があります。質問をされたときは「どのように話せばいいのか」と迷ってしまい考え方がまとまらずに話してしまうことがあります。

しかし、話し方がまとまっていないなら長々と話すだけで、面接官は質問の要点を理解することができません。

そのため、簡潔に答えることを心がけておく必要があります。簡潔に答える方法としては質問に対して長々と話すことではなく、区切りながら話すことができます。

例えば、長所を聞かれたときに「私の長所は社交的なところです。」と言い、「なぜなら、私は初対面の人とも緊張せずに話すことができます。」続けて「どんな人とも会話ができるので友達も多く、同世代から年上、年下と幅広いです。」

と言えます。

このように一文一文を区切りながら話すことで、内容を短く伝えることができ、面接官にも自分の長所をしっかりと伝えられます。

話し方も先に結論→理由→裏付け、という順序で話すなら、より分かりやすく質問に答えることができます。

転職のとき面接の話し方で注意する3つの点

面接で話すときに注意しておくこともあります。どのような点を注意しておくべきなのか以下の点も考慮してみてください。

マナーを押さえておく

面接をするときにマナーを押さえておく必要もあります。面接では礼儀やマナーを見られるため、その点もしっかり準備している高評価につながります。

面接をするときに、特に注意しておきたいマナーは言葉使いです。言葉使いがタメ口になると、どんな良い質疑ができたとしても面接官は言葉使いが気になり、内容が入ってこないことがあります。

例えば、「私の長所は〇〇です」と言うときに「私の長所は〇〇っすね」と言うことです。これだと、面接官はタメ口に聞こえてしまいます。

普段の話し方で、敬語とタメ口が入り混じっているような言葉使いもタメ口と捉えられてしまうので注意しましょう。言葉使いに自信がない人は正確な丁寧語を話すせるように勉強しておくことも大事です。

しかし、面接のときは言葉使いに注意していても、緊張していると思わず言葉使いがタメ口になってしまうこともあります。丁寧語で話すことができるように、普段の生活でも丁寧語を意識して話すように習慣化させておくといいです。

早口にならないようにする

面接のときは、早口にならないように注意しておくことことも大事です。面接の質問に答えるときに良い内容を言っていたとしても、早口であるなら面接官はうまく内容を聞き取ることができません。

早口で話すことで、自分は「しっかり答えれた」と思えても、面接官は「何を話していたんだ?」と手応え通りの結果とはなりません。内容がうまく伝わらなければ、アピールポイントを理解されていないことになります。

そのため、答えるときはゆっくり一語一語を丁寧に話すことを心がけましょう。質問をされると、緊張感と「どのように答えよう」という内容の整理で焦ってしまうかもしれません。

しかし、そのときもゆっくり話すことを心がけておけば、ある程度落ち着いて話すことができます。普段の生活でゆっくり話すことを意識していれば、緊張していてもゆっくり話せるので、普段から練習しておくと良いです。

面接官の目を見て話す

質問に答えるときは面接官の目を見て話すことも大事です。面接官の目を見て話すことで、自分の内容に説得力を与えることができます。

面接をしていて下を向いていたり目の焦点が定まらず泳いでしまうなら、話している内容の説得力が半減して面接官に「自信がないのかな?」と思われてしまいます。

同じ内容を話すときに目を見て話すなら内容に自信を加えることができ、面接官 にも強い印象を与えることができます。

緊張すると目を見て話すことが難しく、恥ずかしく思ってしまうこともあります。しかし、目を見て話すことは効果があるので、目を見て話すことを心がけておきましょう。

面接のときは話し方を準備しておこう

面接のときは自分に良い印象を与えることが大事であり、悪い印象を与えてしまうと転職の際に不利になります。面接でしっかり話し方のポイントを押さえておくと面接が好印象となり転職できる可能性は高まります。

面接のときは話し方で面接官に大きな印象を与えることができるので、ぜひ話し方に注意しておくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました