スポンサーリンク

スポンサーリンク

転職で受からない理由とは?受かるためのポイントは

転職
スポンサーリンク

仕事を転職したくて転職先を見つけて応募し、面接に行く人もいるはずです。しかし、転職したくてもなかなか受かることができず「どうして受からないのだろう」と悩んでしまう人もいます。

転職するときになかなか受かることができないなら、気持ちも焦ってしまうかもしれませんが、転職に受からないのは原因があるためです。どんな原因で転職に受かることができないのか知ることが大事なので内容を紹介していきます。

転職で受かることができない原因とは

転職をするときになかなか受からない原因にはいろいろあります。どのような原因で転職を受けることができないのか以下の点をご覧ください。

年齢が30歳を超えている

転職を受けるときに自分の年齢が30歳を超えていると、「年齢が高い」と判断されて転職に受からないことがあります。企業側としても欲しい人材としては若い20代の人が多く、年齢が20代か30代かで採用の目が厳しくなります。

特に30歳のなったときにスキルや実績などがないなら、転職をするときにアピールできる部分が少ないです。同じスキルを持っていない20代の人が面接を受けに来ていれば、企業は20代の人を採用する傾向があるので、厳しくなります。

年齢が30歳を超えていても何かスキルや資格、実績があるのなら転職がスムーズにいくこともあります。しかし、アピールできる材料がないなら年齢が高くなってくると不利になることは自覚しておくことが必要です。

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い人も転職で受からないことが多いです。コミュニケーション能力は仕事をするときに大事なスキルであり、面接でもコミュニケーション能力があれば印象が良く写ります。

そのため、「コミュニケーション能力がありそうだ」と思われれば面接官も積極的に採用したくなります。しかし、「コミュニケーション能力が低い」と判断されれば採用するのを見送られる原因となり、転職がうまくいきません。

コミュニケーション能力が低いと判断されるのは主に

・声が小さく何を言っているのか聞き取りにくい人

・人の目をしっかり見ることができないこと

・質問とは違う答え方をしてしまう人

などです。

このような傾向があるのなら、コミュニケーション能力が低いと判断されている可能性があります。

高案件の求人ばかりを狙う

転職をするときに高案件の求人を見て応募することもあるはずです。高案件の求人は主に給与が高いことや福利厚生がしっかりしているところ、有名な大企業などがあります。

転職するときには、「できれば待遇が良いところに行きたい」と思い、高案件の求人があれば応募したいはずですが、高案件の求人は求められるレベルも高くなっているので、レベルに到達していないようなら応募しても受かることはできません。

求められるレベルとしては例えば

・IT関係の資格などを持っていること

・会社で業績がNo1になったことがある

・英語を話すことができる

などです。

企業が求めている条件にはいろいろありますが、条件に当てはまるものが少ないなら、

転職は書類選考で落とされることが多く、そのような高案件ばかりを求めているので転職に受からないことがあります。

転職に受かるためにできること

転職を受かりやすくするには、転職のポイントを押さえておくことが大事です。どのようなポイントを押さえておくことが大事なのか以下の点を考慮してみてください。

資格などを取得

転職を受かりやすくするためには、スキルを習得することができれば有利になります。自分が転職したい仕事にもよりますが、たとえ未経験であっても資格を取得しておくと書類選考に残りやすく面接を受けることもできます。

資格の習得は必ず転職先と関係のある資格を習得しておくべきです。例えば、自分が受ける企業がIT関係であればプログラミング技術を習得しておくことができます。介護や調理師免許などの資格を持っていても関係はないので転職に有利には動きません。

そのため、高案件な企業に転職をしたいときなどは、まず資格を取得してから転職を考えてみることができます。

身なりを清潔にしておく

転職をするときに面接を受けることになれば、しっかりとして身なりやマナーを押さえて面接に臨む必要があります。

面接のときの服装ですが、男性であればスーツを着ておき、女性も同じくビジネス用のスーツなどで服装をしっかり整えておくのが良いです。服装がカジュアルだと面接官によっては印象が悪く映ってしまいマイナスポイントになることがあります。

スーツを着るときはシワが付いておらず、服装は大き過ぎず小さ過ぎずにぴったりなのか確認しておくようにしましょう。スーツを着ていてもシワや汚れがあれば清潔感を感じられず、スーツの大きさが合っていないなら、印象も悪くなります。

身なりは面接で注目されるポイントなので、しっかりした服装を心がけておいてください。

質問にしっかり答えるようにする

面接を受けるときは質問にしっかり答えられるように準備しておきましょう。面接官がよく質問するのに

・志望動機

・取り組みたいこと

・心がけること

などがあります。

面接官の聞きたいことを考えて質問に沿った答え方をしていくと、面接官に自分のことを存分にアピールできます。

また、質問に答えるときは大きな声ではっきりと話すようにしましょう。小さいと自信がないように思われるマイナスポイントになります。根気がなくても自信があるようにはっきりと大きく声を出すようにしてください。

転職が受かるように準備しよう

転職で自分の希望した企業や仕事に受かるかはしっかりとした準備が大事です。何も準備していないなら、慌ててしまったり企業と自分の意思がズレてしまったりしていて、転職が受かりません。

準備をしても、もちろん確実に受かるということではありません。しかし、準備をしているのとしていないのとでは、受かる確率が高いのは準備している方になります。

準備をすることで受かりやすくなり転職が成功するので、この点を忘れないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました