スポンサーリンク

スポンサーリンク

うつ病で転職を成功させるには?選び方と転職後の継続方法を紹介

転職
スポンサーリンク

転職は自分の状況や状態を把握して検討することがあります。自分が今の仕事を続けることが精神的にきついなら、転職して違う仕事をするのは良い方法です。

ただ、自分が少しうつ病であり精神的に不安定な状態であるなら、転職するときは考えておくべき点があります。日本では20〜30代でうつ病の人も増えているので、転職先をあまり考えずに決定するなら仕事を継続して行うことが難しいからです。

うつ病の人が転職するときに考慮しておくべきポイントについて紹介しましょう。

うつ病で転職するときの選び方とは

うつ病で転職するときは仕事や企業の選び方が大事です。自分に負担のかかる仕事や企業体制なら精神的負担が大きくなるからです。

どのようなポイントを考慮すべきか以下の点をご覧ください。

仕事が激務ではないか

うつ病で転職をするときは、転職先の仕事が激務なのか確認することが大事です。仕事が激務であれば体も疲れやすく精神的にも疲れてしまうので、負担が大きくなってしまいます。

激務な転職先としては例えば

・残業が多く深夜になることがある

・休日が不規則で有給休暇が取りにくい

・深夜や早朝などのシフト制になっている

などです。残業が多い、または仕事が不規則であれば、帰宅しても睡眠時間をしっかり確保できなかったり、気分転換をしたりすることができません。

息抜きをするときが少ないと、うつ病の人はストレスが大きく溜まりやすくなり精神的にもきつくなるので、継続して仕事をするのが難しくなります。

給与が良くても激務な仕事は選択しないことがおすすめです。

ノルマを課されないか

うつ病の人はノルマを課される仕事もできるなら避けておくべきです。ノルマを課されると「達成しなければいけない」という責任感が生じてしまい、自分に対して大きなプレッシャーをかけることになるからです。

仕事はプレッシャーを感じながら行う方が、集中力や作業効率が上がります。そのため、自分が楽しめるプレッシャーであれば問題はありません。

しかし、ノルマを課されると、達成できなかったときの落胆や周囲のプレッシャーによる負担を大きく感じるので、プレッシャーで押し潰されてしまうことがあります。

特に営業の仕事はノルマを課され成績が悪いと、上司や周りからさらにプレッシャーをかけられるので、精神的な負担を大きく感じます。

ノルマを楽しめる人は良いですが、うつ病はプレッシャーが自分に悪影響を及ぼしやすくするので、避けておくのが良いでしょう。

人間関係が複雑でないか

うつ病なら、人間関係が複雑ではないか確認することも大事です。人間関係が複雑であれば気を使う場面も多く生じるので、気疲れしてしまい仕事を続けることが難しくなります。

人間関係が複雑な仕事場は、実際に働いてみないと分からない点も多いです。しかし、仕事によっては人間関係が複雑な状況となる予想をすることができます

例えば、女性であるなら女性が多い職場です。女性が多いとグループ化していたり人間同士の決まりごとがあったりすることもあるので、仕事ではなく人間関係で気を使う場面が増えてしまい、精神的な負担が大きくなることがあります。

転職をするときは仕事によって、人間関係で気を使う職場か、そうではないかを予想できます。うつ病で人間関係を特に重視するなら転職エージェントなどを利用して状況を確認することもできます。

うつ病の人が転職後も仕事を継続させるためには

うつ病の人も転職することは可能です。しかし、転職して終わりではありませんね。仕事は続けていくことが大事です。そのため、うつ病の人は転職して仕事を継続できるか考える必要があります。

うつ病の人が転職した後も仕事を続けるためには、面接のときに2つの点を確認しておくことが大事です。以下をご覧ください。

面接の際にうつ病を伝える

面接のときにうつ病のことを伝えることができます。自分がうつ病であることを相手に伝えるのは不安もあり、「うつ病を伝えると不利になるのでは?」と思うかもしれません。

しかし、うつ病であることを伝えて採用が見送られるなら、それは企業がうつ病の人に対してあまり対策を講じてくれないことになります。会社側がうつ病に関して何も措置を講じてくれないなら、たとえ転職できても仕事を長く続けることは難しいでしょう。

逆に、うつ病のことを伝えても企業が採用してくれるなら、会社側もうつ病に関して理解してくれているので、自分の意見も通りやすくなります。仕事をしながら通院も行いやすくなるので、サポートを受けながら仕事ができ継続しやすいです。

そのため、面接でうつ病であることを伝えておくと、転職した後に継続して仕事が行いやすくなります。

休暇を取りやすいか確認

休暇を取りやすいかも確認しておくと良いです。仕事をするときに休暇が取りやすいなら、自分が少し仕事を休みたいときに休みが取れて、気持ちの調整などを行うことができます。

転職先が忙しくて休暇が取りにくいなら、メンタル面が弱っているときも無理をすることになります。すると、うつ病であれば仕事の作業にも影響が出て、最悪辞めてしまうことにもなります。

休暇が取りやすい仕事は、例えば当日でも電話して仕事を休めるか、または欠員が少し出ても仕事に大きな影響が出ない職場です。うつ病が原因で自分が欠勤しても大きな支障とならない転職先であれば、休暇も取りやすくなります。そのため、転職先の環境チェックを行いましょう。

転職エージェントの利用も1つの良い方法

うつ病の場合は転職をするときに仕事先のフォローや環境が大事なポイントです。しかし、自分で転職先の環境をチェックするのは限界があり、正確ではないこともあります。

そのため、うつ病の人は転職エージェントを利用してみることができます。転職エージェントは求人の詳細な点を理解しています。そのため、利用することで自分の環境に合った転職先を見つけやすくなります。

うつ病で転職を成功させるには詳細の情報を集めて確認することが大事です。ぜひ、転職エージェントの利用を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました