スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスは仕事の断り方を知っておこう!リスクも紹介

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスとして働いていれば受けにくい仕事を依頼されることもあるはずです。もし、受けにくい仕事を依頼されれば「仕事を断りたい」と思いますね。しかし、仕事を断ってしまうと「案件を今後は依頼してくれないかも」と不安になるはずです。

フリーランスで働くときは全ての仕事を受注できるわけではないので断ることも必要です。しかし、断り方に関してはしっかりポイントを押さえておく必要があるでしょう。

フリーランスの仕事の断り方について紹介します。

フリーランスで仕事の上手な断り方とは

「フリーランスで仕事を断るときには、どのように断れば良いの?」と思う人もいるはずです。仕事を断るときは慎重になるので、仕事の断り方もできれば上手く行いたいですね。

仕事の上手な断り方はどのようにできるのか、以下の点をご覧ください。

今後前向きに依頼したいことを伝える

仕事を断るときは次回は依頼を前向きに検討したいことを伝えることができます。仕事を次回に前向きに考えることを伝えればくらいも後味が悪くなることはないはずです。

メールで断るときは例えば、

「依頼ありがとうございます。依頼を承諾したいのですが、ただ今スケジュールが埋まってしまっているので、依頼を納期までに納品することは難しい状況です。今後、スケジュールに空きが出たときに再度相談させてもらえればと思います。」

と返信できます。

まずは、スケジュールで埋まっているため仕事の受注が難しいことを伝えます。その次に今後前向きに受注したいことを伝えると、クライアントからまた依頼を受ける確率は高くなります。

依頼を申込みしてくれたことに感謝する

フリーランスで仕事を断りたいときは依頼に申込みをしてくれたことに感謝することができます。依頼をしてくれたことに感謝するなら、クライアントも仕事が断られたとしても悪い気はしないはずです。

メールで断るときには

「依頼の申込みありがとうございます。依頼をしていただき大変ありがたいのですが、今回の仕事内容では受注することが難しいと感じました。〜」

という風に断ることができます。

後になって感謝の言葉を使用してもクライアントは見てくれないこともありますし、最後に付け加えた感じも出てしまうことになります。感謝の言葉を述べて断るときはメールの冒頭に感謝を伝えましょう

依頼内容を褒めて断る

フリーランスで仕事を断るときには仕事内容を褒めて断ることもできます。仕事内容を褒めて断るなら、クライアントにも失礼のない対応となり、悪い気分になることはありません。

断り方としては例えば、

「依頼内容を把握させてもらいました。とても魅力のある仕事内容とは思いましたが、残念ながら今は仕事事情により受注が難しい状況となっています」

と連絡することができます。「仕事内容に魅力がある」や「関心が持てる」と書き込んで断りのメールを送信すれば、仕事を断るときにクライアントから思われる心配はありません。

フリーランスで仕事を断るときはリスクも考えよう

フリーランスとして仕事の受注が難しいときは断ることがあるのは当然です。しかし、断るとリスクも生じるため、その点を考慮しておくことが大事です。どのようなリスクがあるのか内容を紹介しましょう。

仕事の依頼が来なくなることもある

1度仕事を断ってしまうと次回から仕事の依頼が来ないこともあります。自分の状況が本当に忙しくて、仕事の断りをすることを入れることはあるはずですが、クライアントにはうまく伝わらず、依頼が来なくなることは十分に考えられます。

そのため、仕事を断ると「次回からは依頼が来なくなるかもしれない」という気持ちを持っていた方がいいです。断った相手の依頼を再度受けたいなら、仕事時間に余裕が出て、自分から断った相手に仕事の営業を行うことが必要です。

再度自分に合わない仕事内容で依頼される

仕事を断ったとしても、再度断ったクライアントから依頼を受けることもあります。しかし、依頼内容が同じであり自分に合わないときがあります。1度断った内容で再度依頼をされたときは、前回の自分の断り方が甘かった可能性が高いです。

そのため、依頼を受けたくないなら2度目ははっきり断りましょう。

しかし、1度断ったクライアントに再度断りを入れることを難しく感じる人もいるかもしれません。その場合は自分が仕事を受注できる条件を出すようにしましょう。

クライアントが「厳しい」と思えば、相手から仕事のキャンセルをしてもらうことができます。ただ、自分の提案した条件に訂正してくれた場合は受注することがマナーです。

クライアントからの評価が下がる

仕事を断るなら、クライアントの評価が下がってしまうこともあります。相手から直接依頼をされたときは断っても評価が下がることはありません。

しかし、例えば、

・仕事を受注したにもかわらず納期に納品が間に合わず仕事を断ること

・自分から依頼を申し出たのに断ること

・相手からの返信を無視して自然消滅で断る方法

などです。

仕事を断るにしても自分の落ち度が高い場合はクライアントからも怒られてしまうことがあり、評価が下がってしまうこともあります。特に無視や納期の遅れで仕事を断るなら自分のフリーランスとしてのクオリティも悪いので改善する必要があるでしょう。

依頼を断るなら率直に内容を伝えよう

フリーランスで仕事をするなら断り方も覚えておくことが大事です。仕事が受注できなくても断り方によってはクライアントから再度依頼を受けることも可能であり、条件の良い案件に変えてくれることもあります。

ただ、断ることはリスクもあるので、その点は明記しておくべきですね。フリーランスとしても順調に活動していくことができるように、断り方も押さえておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました