スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスの仕事依頼メールは重要!ポイントと注意点を紹介

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスとして働くなら仕事の依頼メールを書くこともあるはずです。フリーランスの場合は自分で営業をすることも必要であり、そのときは依頼のメール文を考えます。

しかし、フリーランスとして働き始めであれば「仕事の依頼メールはどのように書けば良いの?」と依頼メールの書き方について悩む人もいるはずです。フリーランスの営業ではメールを使用しての営業が多いのでポイントは押さえておく必要があります。

仕事の依頼メールについて紹介しましょう。

フリーランスの仕事依頼メールの作成方法

フリーランスが営業で依頼メールを作成するときは、クライアントに自分の良い点をアピールする必要があります。どのような内容をメールに記載すれば良いのか以下の点をご覧ください。

自分の名前や件名など情報を伝える

仕事の依頼メールを書くときは自分の名前や件名、目的など情報を記載することが大事です。自分の名前が書かれていなければクライアントも不審なメールと判断するので文章を読んでも仕事の依頼をすることはありません。

そのため、企業に営業メールを送信するときは名前を記載しておくようにしましょう。しかし、名前を書いておくだけでは不十分です。名前以外に件名に仕事依頼でメール送信したことを記載しておくことも大事です。

例えば、ウェブデザイナー関係であれば、「ウェブデザインの仕事を募集しています」と記載することができます。件名はメールを開く前に表示されるので、件名に仕事依頼のメールと分かるように記載しておくと企業もメールを安心して開くことができます。

目的はどんな仕事を行うことができるのか記載しておくと良いです。自分のスキルで行える範囲内の仕事を記載しておくことで、企業側も依頼をする判断が行えます。

ポートフォリオを記載しておく

仕事メールを書くときにポートフォリオを載せておくと、より依頼してもらうことをアピールできます。ポートフォリオは自分の実績をクライアント側に知ってもらうことができるので、初めてのクライアントに営業をするときは載せておくことをおすすめします。

ポートフォリオは、例えばライティングの依頼メールをするなら、自分のブログやサイトのURLを載せておくことができます。ホームページの作成依頼メールなら自分が作成したホームページのURLを載せることができます。

作品をアピールしたい場合は、ファイルを圧縮してメールに添付することでポートフォリオとして提出することができます。

依頼メールでポートフォリオは大きなアピールとなるので、ポートフォリオを作成しておくこともおすすです。

候補日程も記載する

仕事依頼メールをするときは候補日程も記載しておくようにしましょう。候補日程を記載していることで、企業側やクライアントも依頼をしたときの納品日を計算することができます。

候補日程を記載してクライアントと期日が合えば、承諾して仕事依頼の返信をしてくれる可能性が高いです。逆に、候補日程が抜けていればクライアントや企業も計画や仕事の概要に不安を感じるので、依頼メールを送信するときは必ず候補日程を記載しておくことが大事です。

候補日程は、例えば

◯月◯日(曜日)9:00〜17:00

◯月◯日(曜日)終日

という感じです。

仕事依頼メールを作成するときの注意点

フリーランスで仕事依頼メールを作成するときは、注意点を守っておくことも大事です。注意点を確認しないと「依頼メールを読んでくれない」、「信用できない」と思われます。特に以下の2点には注意が必要です。

文章はビジネスマナーを守って記載

文章はビジネスマナーを守って記載することが必要です。例えば、企業に仕事依頼メールを送信するときは「株式会社◯◯様」と記載することが大事です。

また、「〜ます」、「お知らせいただければ幸いです」、「よろしくお願いします」など、丁寧語を使用して依頼メールを作成することが必要です。ビジネスマナーを守れずに仕事依頼メールを作成するなら、企業は内容が良くても返信してくれません。

また、依頼メールの内容を読んでくれないので、ビジネスマナーが守れているか抜けているかはとても大事です。メール送信をする前に何度も文章を確認して失礼がないようにしましょう。

短期間に同じ企業への依頼メールは控える

フリーランスとして仕事がないときは「仕事が欲しい」と思います。そのため、短期間に何度も同じ企業に、仕事依頼メールを送信することがあるかもしれません。しかし、短期間仕事依頼メールを何度も送るとブロックされてしまい、企業やクライアントから拒否されてしまう可能性が高いです。

企業側としても、しつこく同じ人から仕事依頼メールが来れば、うんざりしてしまいます。「こちらのことを全く考えていない自己中な人」と思われることもあるため、短期間での集中メール送信はやめておきましょう。

早くても大体2、3週間に1度の期間に仕事依頼メールを送信するようにしてください。

フリーランスは営業メールの内容も確認しよう

フリーランスで営業をするなら、仕事依頼メールの内容はしっかり確認しておきましょう。メールの内容によって企業やクライアントは自分に興味を持ってくれます。

しかし、内容が抜けていたり失礼な内容になっていれば、企業やクライアントは仕事のスキルが高くても依頼をしてくれません。そのため、フリーランスとして仕事を受注するためには依頼メールはとても大事な1つのスキルです。

ぜひ、クライアントや企業にとって魅力ある仕事依頼メールを書くようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました