スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスは審査が厳しい?クレジットカード発行のポイントを紹介

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスで仕事をするなら、仕事の受注やスキルアップも必要ですが、経営について考慮していくことが大事です。フリーランスだと仕事だけをしていればいいのではなく、自分で収支のバランスを考える必要があります。

そのため、収支のバランスを把握するためにクレジットカードの発行を考えるかもしれません。クレジットカードで商品購入をすれば、フリーランスはとしてどれほどの出費があるのか確認することができるので、経営をスムーズに行うために考慮することができます。

ただ、「フリーランスはクレジットカードの審査に通過できるの?」と疑問を感じる人もいるはずです。フリーランスのクレジットカードの審査の内容について紹介しましょう。

フリーランスはクレジットカード審査が厳しい

結論から言えば、フリーランスでクレジットカードを発行するときの審査は厳しいです。フリーランスがクレジットカードの審査に厳しいのは以下のような原因があるからです。

収入が不安定である

クレジットカードの発行の際に会社側が見るべきポイントは、収入に安定です。会社員なら毎月収入が得られる保証があるので、自分の返済履歴に傷がないならクレジットカードの審査は通りやすいです。

しかし、フリーランスの場合は収入が安定していません。そのため、収入が不安定であればカード会社からは信用してもらうのが難しく、審査に通らないことがあります。

フリーランスで収入が安定していたとしても、フリーランスは保証があるわけではないので、クレジットカードを発行するときは厳しく見られることが多いです。

特にフリーランスとして転身し始めた頃は、収入が安定していないことがあり、クレジットカードの発行はハードルが高いです。

収入が低い

フリーランスでクレジットカード発行が難しい点に収入の低さがあります。クレジットカードを発行するときは、収入の大小を見られます。収入が多いならクレジットカードを利用しても「返済する能力がある」と見られるので、審査は通過しやすいです。

しかし、フリーランスで収入が低いなら、カード会社は「しっかり返済できるのか?」と疑問視されてしまいます。フリーランスは収入が不安定で審査通過が厳しく見られているのに収入が少ないなら、なお審査は通りにくいですね。

フリーランスで年収が100万円を超えないようであれば、審査通過はかなり厳しくなります。

クレジットカードの審査を受けるときのポイント

フリーランスでクレジットカードの発行を行うためには、審査を通過しやすくする必要があります。ただ、「クレジットカードの発行は審査を通りやすくできるの?」と不安に思うかもしれません。

フリーランスのクレジットカードの審査について紹介しましょう。

開業届けを出す

フリーランスとして活動していても、個人事業主として登録している有無により信頼度はかなり変わってきます。フリーランスでも個人事業者として登録しているなら、社会的にも信頼を置きやすくなります。

カード会社としても、しっかり事業を行っていることを確認できるため、クレジットカードの審査に通過しやすくなります。

しかし、開業届けを出していないなら、フリーランスと言っていても仕事を継続的にしていることを証明しにくいです。証明が難しければ、カード会社も信用しにくい部分があるので、審査は厳しくなりますね。

フリーランスで仕事をして、ある程度の収入を得ているなら開業届けを出した方がお得なので、カード発行前に開業届けを出すことを考えてみましょう。

キャッシング枠を0にしておく

クレジットカードの申請をするときに、キャッシング枠の限度額について記載する部分があります。クレジットカードを発行するなら、キャッシング枠を利用できた方がお得な場合があるので、自分の収入に応じて限度額を設定するはずです。

ただ、キャッシング枠はカード会社からお金を借りることになるので、低い金額に設定していてもカード会社はリスクを背負うことになります。フリーランスとして収入が低いなら、キャッシング枠を低く設定していても落とされる原因となります。

そのため、フリーランスで収入が低いならキャッシング枠は0にしておいた方が安全です。キャッシング枠を0にしておくと、収入が低くてもカード会社は安心感を感じられるので、審査に通過しやすくなります。

難易度が低い会社に申込む

クレジットカードを発行するときはカード会社により審査に基準が生じます。審査の基準が厳しいなら少し不安要素があることが発覚しただけで、審査に落ちてしまうことがあります。

そのため、フリーランスでクレジットカードを発行したい場合は、難易度が低いカード会社を選ぶべきです。カード会社の難易度を見る1つのポイントは年会費です。

年会費が高く設定されているカードは、ステータスが高いカードとなっているので、難易度も高く設定されていることがあります。そのため、年会費の安いカード会社でクレジットカードを発行するのがいいです。

年会費が無料であれば、クレジットカードの審査も通過しやすいことが多いです。カード会社の難易度も確認しておきましょう。

クレジットカード発行はフリーランス前に発行しておこう

フリーランスになってから、クレジットカード発行をすることは可能です。ただ、フリーランスだとカード会社からの信用を得にくい点はあるので、カードを発行してもらうときに苦労することもあります。

そのため、クレジットカードの発行を考えているなら、フリーランスになる前にしておくことがおすすめです。フリーランスになる前にアルバイトや正社員として働いていたなら、その時が審査に通過しやすいです。

もし、フリーランスになってからクレジットカードの発行をしたいなら、十分に信頼を得られるようになってから申請することが必要です。ぜひ内容を見て考慮してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました