スポンサーリンク

スポンサーリンク

20代でフリーランス成功は可能!向いている人とは

フリーランス
スポンサーリンク

会社員として仕事を行うこともできますが、自分のスキルや能力を試すためにフリーランスへの転身を考える人もいるはずです。フリーランスに転身することを考えるのは30代になってからの人がいますが、20代で考える人もいます。

フリーランスに年齢は関係なく、大事なのは独立してやっていくことができるスキルの有無です。そのため、フリーランスで仕事をするときは安定して仕事が行えるのかがポイントです。

ただ、20代でフリーランスを成功させるにはポイントがあります。内容を紹介しましょう。

20代でフリーランスを成功させるには

20代でフリーランスとして成功するには、押さえておくポイントがあります。どのようなポイントを押さえておくべきなのか、以下の3点をご覧ください。

ビジネスマナーを身に付ける

20代でフリーランスとして活動するには、ビジネスマナーを身に付ける必要があります。20代であればクライアントからも若く見られるため「マナーを守れるのか?」と心配されます。

もし、クライアントと仕事の打ち合わせを行うときに、ビジネスマナーが悪いと相手も気分を害してしまい、自分の印象が悪くなります。マナーの悪さは例えば、タメ口やネット用語の使用、服装などです。

タメ口やネット用語の使用は失礼になってしまいますし、服装もラフ過ぎる格好だと見た目の印象が悪く映ります。自分の印象が悪くなれば仕事を継続してもらうことや受注が難しくなるので、ビジネスマナーは大事なスキルです。

特に20代は若さを見られがちなので、言葉遣いや服装、態度は注意しておきましょう。

自分の意見をしっかりアピールする

20代であれば、自分の意見や発想をしっかりアピールすることが大事です。若いと固定観念に縛れないやり方やアイデアがいろいろ思い付き、それがクライアントの心を掴むことがあります。

20代という若さを生かして独創的な発想を行うなら、それが大きな成果となる可能性は十分にあります。特に、新しいことを常に取り入れていきたいIT関係の仕事やデザイン関係の仕事は、奇抜なアイデアや独創的な発想を受け入れてくれやすいです。

自分の意見に対して自信を持ってアピールすることができれば、クライアントも若々しさを感じて仕事の依頼を頼みたい気持ちが強まります

自分の意見を萎縮せずに発言することができれば、「若いけどしっかりしている」と好印象を与えることもでき、フリーランスとして仕事を継続していくことができるはずです。

失敗を恐れずチャレンジする

失敗を恐れずにチャレンジすることも大事です。仕事をするなら失敗してしまうこともあります。しかし、失敗したとしても自分がチャレンジしたことで結果的に失敗してしまったなら、それは大きな経験とすることができます。

20代であればチャレンジして失敗したとしても、今後の大きな経験とすることができ、仕事のやり方や成功するポイントを学ぶことができます。また、若いのでクライアントも優しく接してくれたり、失敗するリスクを承知で依頼をしてくれたりすることもあります。

失敗を恐れずに仕事をしていくことで、フリーランスとのして大きな経験を積むことができるので、失敗を恐れない心を持つことは成功のポイントになります。

20代でフリーランスに向いている人

20代でフリーランスに転身することを考えるなら「自分は向いているのだろうか?」と向き不向きに関して知っておくこともいいです。以下のような人は向いているはずなので確認してみてください。

自分をしっかり持っている人

フリーランスは、自分で依頼を受注し仕事をしてクライアントに納品します。全て自分で責任を持つことになるので、自分をしっかり持っておくことが大事です。

クライアントに提示された仕事内容も、工夫できるところは提案して自分の意見を言うことが大事です。また、契約するときに報酬金額や業務内容が自分の希望通りでないなら、意見を言うことも必要です。

若いゆえ「意見が通らないのでは」と不安を感じるかもしれませんが、20代でも仕事に関して妥協をするとフリーランスは継続が難しくなります。20代の若さでも自分を持っている人はフリーランスとしてのポイントです。

理性的に行える人

20代の場合は感情的に動いてしまうこともあるかもしれません。しかし、感情的に動いてしまうと自分に不利になってしまうこともあります。

例えば、クライアントとトラブルになったときに、感情のままに契約を打ち切ってしまうと、フリーランスとしての収入源が無くなってしまうこともあります。

自分がイライラしたときや怒りたい気持ちになっても、感情を抑えて理性的に話し合いをすることが必要です。理性的に行動することができればクライアントとの関係も良好とでき、フリーランスの仕事を安定させることができます。

引きずらない人

20代でフリーランスとして活動していれば、仕事でミスをしてしまうこともあります。しかし、仕事のミスを引きずってしまうとフリーランスで仕事をすることに不安を感じ自信がなくなってしまいます。

例えば、仕事でミスをしたためクライアントに怒られ、仕事も無くしてしまったとします。そのときに「自分はダメだ」と責めてしまうか、または「次があるさ」と前向きに捉えるのでは次の仕事に対するやる気が全く変わってきます。

20代の場合は特に失敗することが多いので、失敗を繰り返して気持ちが折れるとフリーランスは継続できません。そのため、失敗やミスを引きずらず前向きな気持ちになれる人や楽観的な気持ちになれる人は、フリーランスに向いていると言えます。

20代でフリーランスに転身はメリットが大きい

20代でフリーランスになることはメリットが大きいです。20代の時にフリーランスとして活動するなら、会社員ではできないことを経験でき、自分のに合っている仕事を見つけることもできます。

また、失敗したとしても20代であればやり直しもきくため、失敗したときのリスクも30代や40代よりは少ないです。20代でもフリーランスとして仕事をしていくことは可能なので、考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました