スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスが契約のときに注意する点とは?契約なしはリスクが高い!

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスとして仕事をするときは、自分で契約を得るために営業を行うことがあります。クラウドソーシングのサイトなどを利用し、案件を見つけて応募することで仕事を得ることができます。

仕事をする前にクライアントから契約を提示されますが、契約を交わす前に確認しておくべき点があります。フリーランスの場合はネットにより契約を交わすことが多いですが、ネットなのでしっかり注意しておく点があります。

フリーランスが契約するときに注意する点について紹介します。

フリーランスが契約の際に注意すること

フリーランスとして仕事するとき契約を確認しますが、「どのような点を確認すれば良いの?」と疑問を感じる人もいるはずです。契約で特に注意して見ておく点を紹介します。

業務の範囲

フリーランスが契約のときに見ておくときに業務の範囲は確認しておくべきです。契約を交わす前に依頼内容を見ているはずなので、ある程度業務の範囲について理解しているとは思います。しかし、契約を交わすときに業務が追加されていることもあります。

例えば、ホームページの作成を依頼されたときに、募集内容は業務の範囲が作成のみになっているとします。しかし、契約を交わすときは、ホームページの更新まで請け負うことが盛り込まれていることがあります。

そうなると、業務の範囲が変わってくるので単価の価格に違いが出ます。契約の業務範囲を決めておかないと、クライアントに業務を後付けされてしまい報酬に見合わない仕事量となります。

そのため、契約の前に業務の範囲は再度確認しておくようにしてください。

著作権について

仕事をして成果物を納品するときに、著作権について契約に盛り込まれていることが多いです。一般的にフリーランスが成果物をクライアントに渡した時点で著作権もクライアントに譲渡することは記載されています。

そのため、1度納品が完了した成果物は自分の商品ではなくクライアントの商品となります。しかし、成果物を納品後も一定の商品のみ、フリーランスの自分に著作権が盛り込まれているのか確認すべきです。

例えば、デザインやイラスト関係です。デザインやイラストを作成したなら、自分が加工した画像などは自分の商品として、再度利用することがあるかもしれません。

しかし、全てのものがクライアントに譲渡されるなら加工した画像やデザインも自分で自由に使用することができません。全ての著作権をクライアントに譲渡するのが都合が悪い場合、契約前にどの範囲まで著作権を譲渡するのか確認するようにすべきです。

報酬と税金の受け取り方

フリーランスの契約で確認するポイントとしては、報酬と税金の受け取り方です。フリーランスで仕事を契約する前は

・報酬が提示金額と一緒なのか

・源泉徴収されるのか

・着手金があるなら返済義務があるのか

という点を確認すべきです。

報酬額が提示額と一緒なのか

契約を見ると報酬額が提示額と違うことがあります。そのため、「提示額は契約額と一緒だろう」と思い、そのまま契約すると後で報酬金額に違いがあり、後悔してしまうことがありますが。

特に、クラウドソーシングを利用しているときは手数料が報酬額から引かれていることがあります。そうなると、自分の受取り金額が減ってしまうこともあるので注意が必要です。

源泉徴収があるのか

源泉徴収がある場合は、報酬額からお金が引かれています。ただ、この源泉徴収は確定申告の際に還付金として返ってくる金額でもあります。しかし、源泉徴収の確認をしておかなければ、「報酬額が減っている」と勘違いしてしまうこともあります。

そのため、源泉徴収の有無について契約前に確認しておくことが大事です。

着手金があるなら返済義務があるのか

契約するときに着資金をもらえる場合もあります。着手金は業務に着手するときにもらえる金額です。着手金は報酬金額と別となっているので、納品の有無に関わらず受取ることができるお金です。

しかし、商品が上手く完成せず納品できない場合、着手金を返金するように求められることがあります。そのため、契約前に着手金の有無に関して確認しておき、双方の意見が一致しているようにすべきです。

フリーランスが契約なしで仕事をするリスク

フリーランスの場合は必ず契約してから作業を開始しますが、ときには契約を交わさずに仕事の依頼をされることもあります。何度もお世話になっているクライアントや馴染みのあるクライアントだと契約なしで仕事をすることもあるかもしれません。

しかし、契約なしで仕事をするとフリーランスにとってはマイナスしかありません。その点を2つ紹介します。

自分の負担が大きくなる

契約なしで仕事をすると自分の負担が大きくなります。例えば、馴染みのクライアントであれば、「いつもと同じ商品を納品すれば良い」と考えて、同じ工程で作業するとします。

しかし、クライアントから修正や追加を頼まれてしまったとすれば、契約がないので業務範囲が決まっていません。そのため、そのままクライアントの言う通りに作業しなくてはいけません。

契約がないなら、自分の作業量が多くなり負担が大きくなります。自分が損をする可能性が大きくなるので契約はしておくべきです。

トラブルが発生することも

契約がないならトラブルが発生しやすいです。契約がないので双方の意見が異なったときに、自分の主張が正しかったとしても、意見が通らないこともあります。

もし、双方の意見が食い違ったままなら、仕事をしても見合った報酬をもらうことができず、クライアントとの関係が破綻してしまいます。

関係が破綻するだけならいいですが、嫌がらせなどを受けるようになれば、フリーランスの仕事に悪影響が出るので、小さなトラブルが大きなトラブルに発展する可能性があります

契約していれば未然に防げるトラブルは多いので、契約をしっかり交わすようにしてください。

フリーランスにとって契約はとても大事

フリーランスとして仕事をしていくなら、契約はとても大事です。契約があるので、自分の仕事をスムーズに行うことができ、収入をしっかり得ていくことができます。

そのため、契約をするときはしっかり項目に目を通して条件を確認しておきましょう。条件について疑問点があるなら、クライアントと打ち合わせをして納得してから契約するようにしてください。

フリーランスとして仕事を継続していくために契約はしっかり確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました