スポンサーリンク

スポンサーリンク

スタイリストのフリーランスの収入とは?どんなスキルが必要?

フリーランス
スポンサーリンク

スタイリストとして仕事をする人もいますね。スタイリストは主に芸能人やモデルなどの服装をコーディネートします。芸能以外にも結婚式の衣装やファッションレンタルのコーディネートなど、スタイリストの仕事の幅は広くなってきています。

雇用者として、スタイリストの仕事を行うこともできますが、フリーランスとして仕事を行うこともできます。スタイリストの仕事は労働面で収入と見合わない点もあるので、フリーランスとして仕事を考える人もいます。

しかし、「フリーランスで収入は大丈夫なの?」と疑問や不安を感じることもあるはずです。スタイリストのフリーランスについて紹介します。

フリーランスのスタイリストで求められるスキル

フリーランスのスタイリストとして活動するためには、スキルを身に付けておくことが大事です。どのようなスキルを身に付けておくといいのか紹介します。

コーディネート力を上げる

フリーランスのスタイリストとして活動するためには、コーディネート力が必要です。スタイリストとしては、1番必要なスキルとも言え、コーディネート力がないなら、スタイリストとして仕事の依頼が来ることを期待できません。

コーディネート力には

・個々に合った服装のアドバイス

・トレンドを掴んだ服装

・求めに応じた服のコーディネート

などがあります。

コーディネートはその人の評価で決まるため、自分が良いと思っても周りや相手がイマイチな反応であれば、スタイリストとしての評判を上げることは難しいですね。

そのため、日々コーディネートの勉強をして、街やショップを見回ってトレンドの方法を集めておくことが大事です。コーディネートの力が上がれば、フリーランスのスタイリストとして活動がしやすくなるでしょう。

効率の良い集客スキル

フリーランスのスタイリストとして活動するなら、集客を行う必要があります。集客をして自分のスキルをアピールすることで、スタイリストとしての仕事の依頼を受けやすくなるからです。

フリーランスのスタイリストとして効率の良い集客方法は、例えば、ホームページの作成があります。

ホームページで情報を載せることでフリーランスとして宣伝を行うことができます。実績があるならホームページに載せてアピールも可能です。何か賞をもらったことがあるなら、ホームページに載せておくことで企業などから依頼が来る可能性が高くなります。

また、インスタグラムやツイッターなどのSNSを利用して、自分のコーディネートの写真をアップしておくことも良い方法です。自分のコーディネートのスキルを多くの人にアピールでき、SNSで評判が良ければ、仕事の依頼も多くなるはずです。

タグ設定を行うことで、さらに狙った集客を行うこともできます。このようにSNSやネットを利用した集客が上手くできるかもポイントになります。

フリーランスのスタイリストの収入は

フリーランスのスタイリストになることを考えるなら、「収入はどれくらい得られるの?」と収入面に関して疑問を感じるはずです。フリーランスと専属の場合収入には違いがあります。内容を紹介しましょう。

専属のスタイリストの場合

専属や雇用契約者としてスタイリストを行なっている人もいるはずです。専属のスタイリストの場合は給与制になっていることが多いので、一定の収入は確保されます。

収入としては、1〜5年目の場合はアシスタントとして活動することが多いかもしれません。その場合、年収は平均100〜150万円ほどになります。企業などで会社員としても働いているなら、年収は150〜250万円になる可能性もあります。

6〜10年ほどスタイリストをすると現場を持つことができるようになり、給与も上がる傾向があります。ただ、スキルや能力により給与は幅が大きく年収は100〜400万円ほどになります。

11年以上スタイリストとして活動するなら、スキルもノウハウも備わっており、仕事の案件も多数持つようになるかもしれません。その場合は400〜700万円ほどの年収を得ることも可能です。

スタイリストは年数もそうですが、スキルや案件によって給与は変動します。

フリーランスのスタイリストの場合

フリーランスのスタイリストは給与が固定されているわけではありません。自分の持っている案件によって給与は変わるので、もし仕事を持っていなければ収入は0となることもあります。

ただ、フリーランスのスタイリスになる人は、大体スタイリストとして仕事を始めて3年以上経った人が多いですね。そのため、フリーランスに転身する前からスタイリストとしてある程度の仕事を持っていることになるので、収入を計算することができます。

フリーランスのスタイリストの年収は大体250万円〜400万円ほどになります。フリーランスのスタイリストでも、人気があれば年収700万円以上となることもあります。

しかし、激務になるため、フリーランスとしてのメリットが損なわれることになるので、年収700万円以上の収入を得るフリーランスのスタイリストは少ないです。

フリーランスになるスタイリストは仕事に余裕を持って、自分のペースで仕事をしたい人が多いので、年始いは専属に比べると低くなることがあります。

フリーランスになるならスキルを考えよう

スタイリストでフリーランスとして活動するなら、まずはスキルが重要になります。スキルや仕事の案件が少ないなら、フリーランスに転身しても収入が少なく生活が難しくなります。

そのため、まずは事務所に所属するなどして、スタイリストとしてのスキルを磨くことが大事です。仕事にも慣れてきて、自分のスタイリストとしての評価も良いなら、フリーランスへの転身を考えることができます。

フリーランスになれば、スタイリストとしての仕事も調整しながら収入を計算できるので、生活の維持も行えます。

そのため、フリーランスになるときスキルで自信を持つことができるようになってから考えるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました