スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーランスでも結婚はできる!結婚相手の条件とは何か?

フリーランス
スポンサーリンク

フリーランスとして仕事をしているなら、いろいろな悩みを抱えることもあるはずです。仕事の悩みを抱えることもありますが、「フリーランスで結婚することはできるのか?」と考えることもあるかもしれません。

フリーランスは会社員と違い収入が安定していないので、結婚するときは相手もリスクを考えます。特に、男性の場合はフリーランスだと仕事が安定しないので、結婚に悩んでしまうことがありますね。

フリーランスで結婚できるのか内容を紹介します。

フリーランスで結婚が難しく思えるポイント

フリーランスで「結婚が難しい」と思えるポイントがあります。どのような点でフリーランスは結婚が難しく思えるのか以下の点をご覧ください。

収入が不安定であること

冒頭でも述べたようにフリーランスは収入が安定しません。フリーランスの仕事は時期によって収入に格差が生じてしまい、収入に大きな差が生じます。

また、フリーランスとして仕事をしていても突然に仕事が無くなってしまう可能性もあります。もし、仕事が無くなれば生活をしていくことに不安を感じることになり、相手も結婚は慎重になってしまいますね。

特に、女性の場合は生活に安定を求める人は多いです。フリーランスで年収が400万円以下の場合は不安を感じて結婚まで踏み切れないこともあります。

婚活をしても、フリーランスは収入が少なければ結婚相手として見てもらいにくいため、結婚が難しく感じてしまいます。

保証が無く社会的信用も低い

フリーランスの場合は会社員のように福利厚生が備わっていないので、何か問題が生じたときの補償が確立されていません。

会社員であれば福利厚生として失業保険や退職金、社会保険、育児休暇や有給休暇など、いろいろな福利厚生が備えられています。何か問題が起きても福利厚生からある程度の安心感を得ることができますね。

しかし、フリーランスの場合、例えば病気にかかって仕事をすることができなくなったときは収入が一切無くなってしまいます。収入が無くなってしまうなら貯金を切り崩すしかなく、収入がどんどん減ることに相手は不安を感じてしまうはずです。

さらに、フリーランスは社会的地位も低いので、ローンを組むことが難しくなっています。将来マイホームを建てる予定などがあるなら、ローンを組む必要がありますが、フリーランスではローンを組めずに諦めなければならない可能性もあります。

このようなリスクを相手は大きく考えてしまい、結婚が難しくなってしまうことがあります。

貯金ができないことも

フリーランスの場合は貯金ができないこともあります。フリーランスは自分の仕事でかかる費用を全て自分で負担する必要があります。例えば、作業するときの事務所や光熱費、ネット代、広告費などがあります。

会社員であれば会社の経費として支払うことができるので、自分で費用の負担を行う必要がありません。フリーランスも経費として計算できますが、仕事で得た収益から支払うので、収益が少ないなら仕事の経費を払うので精一杯となり、貯金できないこともあります。

貯金がないと結婚相手としてもお金の心配をしてしまいます。何かお金は必要になったときに貯金がないと不安を感じてしまうからです。

フリーランスの仕事状況によってある程度の貯金があれば問題ないですが、貯金が少ないなら相手からは結婚が難しく思われてしまうかもしれません

フリーランスで結婚するためには

フリーランスの場合は収入の不安定さが大きなウィークポイントとなります。しかし、結婚できないというわけではありません。フリーランスで結婚するためには、相手の女性のタイプによって結婚が可能です。

どのようなタイプの人であれば結婚しやすいか以下の点を考慮してください。

共働きで収入を得る

フリーランスで収入が不安定なら、結婚相手の方にも働いてもらい共働きをして収入を確保することができます。自分がフリーランスとして収入をうまく確保できなくても、結婚相手が仕事をして収入を確保できれば、足りない部分を補うことができます。

今では、夫婦も共働きで働いている人が多いので、共働きに抵抗を感じる女性も多くありません。共働きも正社員として働く以外に、アルバイトや同じフリーランスとして働くなど方法はいろいろあります。

ただ、専業主婦を希望している女性であるなら、共働きの提案が通らないこともあるので、その点は注意が必要です。

仕事を理解してくれる人を探す

フリーランスの仕事を理解してくれる人を探すべきです。フリーランスは収入が不安定な部分もありますが、仕事は臨機応変に行う必要があるので、不規則な時間で仕事を行う必要があります。

例えば、仕事によっては深夜でも仕事をしなくてはいけないこともあり、在宅で行う仕事なら一日中家で仕事をする必要もあります。フリーランスの働き方に理解してくれない人だと、一日中家にいることに不満を持ってしまう人もいます

フリーランスの働き方に理解を示してくれないと、結婚生活もうまくいかないことがあるので、仕事に対して理解を示してストレスを感じない人を選ぶべきです。

フリーランスのメリットについて話しておく

フリーランスは結婚することについてデメリットが多いように感じますが、メリットも多くあります。そのため、メリットも述べて結婚について前向きに考えてもらうことができます。

例えば、フリーランスである程度仕事に融通がきくなら、夫婦として時間を過ごせやすいこと、在宅ワークなら家事を分担して協力しやすいこと、などがあります。

フリーランスついてのメリットを述べておくなら、夫婦としての時間の共有や家事の分担を重視している人にとって魅力を感じます。フリーランスのメリットについて要点を絞って述べることで婚活がうまくいきやすくなります。

フリーランスでも結婚は可能

フリーランスの結婚は難し感じるように思えますが、結婚することは可能です。フリーランスにはフリーランス特有の魅力があり、会社員として別のメリットがあります。

結婚相手を見つけるときは、フリーランスの仕事に理解を示してくれる人がいいので、婚活を行うときはメリットとデメリットを両方理解してくれる人を見つけるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました