スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事のイライラの3つの原因とは?解決策も紹介

ビジネス
スポンサーリンク

仕事をしているとイライラしてしまうことがあるかもしれません。仕事でイライラしてしまうと、少しのことでストレスが溜まり、精神面や肉体面での疲労が倍増してしまいます。

また、自分の評判も悪くなってしまう原因となるので、イライラすることはデメリットでしかありません。それが分かっていてもイライラしてしまうことがあるかもしれませんね。

仕事のイライラの解決策、またイライラの原因について紹介していきましょう。

仕事でイライラしてしまう3つの原因とは

仕事でイライラしてしまう原因は何があるのか考えてみることが大事です。どんなことでイライラしてしまうのか以下の点を見てください。

思う通りにできない

仕事をしていても自分の思う通りにできないなら、仕事でイライラしてしまうことがあります。例えば、作業をしていても自分の計算した通りのコンピュータが動いてくれないこと、またトラブルが生じて仕事が止まってしまうこと、などがあるかもしれません。

仕事が思う通りにできないと、自分が残業する羽目になったり、休日返上で仕事をしたりする可能性が出てきます。それで、帰宅の時間が遅くなったり休日出勤することになったりするなら、自分の自由な時間が減ることになるので、イライラしてしまいがちです。

他にも、計画的にいかないと気が済まないなど、自分の性格の問題もあるかもしれませんね。仕事が思う通りにいかないことで、イライラすることは多いはずです。

後輩が仕事を指示通りできない

企業で仕事をしていると後輩を持つことになり、指導係に任命されることもあるはずです。後輩を持つと指導する立場になり、仕事を覚えるのに時間がかかることや作業が中途半端になってしまうことは予測がつきます。

しかし、自分の予測を超えて後輩が仕事を指示通りに行えないときは「何でまだできないの?」と、感じてイライラしてしまうこともあるはずです。後輩の仕事が遅いせいで自分にも悪影響が出るなら、余計イライラしてしまい、後輩にきつく当たってしまうこともあるかもしれません。

後輩の指導係になり、イライラが増えてしまう人もたくさんおられます。

責任転化されたとき

仕事をしているとミスをしてしまうことがあります。自分の責任で仕事のミスをしてしまったなら納得することができますが、責任転化されれば理不尽な対応となるので、イライラが生じる原因となります。

例えば、自分が担当している仕事ではないのに、その担当のミスの責任を取らされるときです。自分の担当ではないので責任が発生することはなくても、その責任を取るように言われれば、納得できずイライラしてしまうことになりますね。

誰でも理不尽な言いがかりや責任追及をされれば、自然にイライラしてしまいます。仕事では責任転化される場合もあるので、いざ自分が体験すると吐き出すことができないイライラが生じることもあります。

仕事の3つのイライラを解決する方法

仕事でイライラすると悪影響が出てしまうので、解決することが大事です。上記で紹介した3つの中でイライラしているなら解決する方法があります。自分に合った解決方法を以下の内容を見て選んでください。

できる仕事に目を向ける

仕事をして思う通りにできずにイライラするなら、できる仕事に目を向けてみることができます。できない仕事にイライラしてしまうのは、仕事が進まずに焦っていること、もどかしさを感じてしまうからです。

しかし、できない仕事にいつまでも目を向けても解決することはできず、ただイライラが増すのみとなります。そのため、できる仕事について考えてみることができます。

できる仕事は、例えば溜まっている書類作成などがあるなら、急いでいなくてもその仕事を先に行うことができます。また、同僚や後輩が仕事で行き詰っているなら手伝いやサポートを行うこともできます。

できる仕事に目を向ければ、仕事に集中するのでイライラすることはなくなります。できる仕事は探せば見つかるはずなので、思考を変えてみることができます。

後輩の能力を伸ばすように見方を変える

もし、自分に後輩がいて予想を超えて仕事ができずイライラするなら、後輩の能力を伸ばす方法を考えることができます。後輩が仕事をできないのは、能力がないのではなく、能力が備わっていないためです。

仕事の効率化や知識が足りていないなど、理解できていない点があるはずなので、「どの部分が理解できていないのか?」と分析してみることができます。

もし、同じ間違いをしているなら、その点の改善を図ることで解決することが可能です。

例えば、仕事を忘れてしまいがちなら、メモを取るように促すこともできます。繰り返しの仕事があるなら少しテンプレートのようなものを作成し、後輩に覚えてもらうことができます。

仕事ができていない後輩にイライラして怒ったとしても問題解決にはならず、また同じ間違いをしてさらにイライラするので悪循環となってしまいます。

この原因のイライラは後輩に早く仕事を覚えてもらうことがポイントなので、できるだけサポートして、能力を身に付けられるようにしてあげることが大事です。

直ぐに感情を発散させる

仕事をしていて理不尽な目に合わされてイライラするなら、そのイライラを吐き出すことが大事です。理不尽な目に合わされたときは感情がモヤモヤしているので、その感情を発散させることができます。

例えば、

・誰かに話を聞いてもらう

・趣味や好きなことを行う

・美味しい食事をする

などです。

理不尽な対応をされるとイライラしますが、一時的なことが多いです。「理不尽な目に合うのは仕方がない」と自分を無理に納得させようとすると、さらにイライラする原因となる可能性もあります。

無理をして溜め込むことはせず、直ぐに発散させるのが良いですね。

イライラは原因を追求して解決しよう

仕事をしているとイライラしてしまうことがあります。仕事は自分の思う通りにいかないことや理不尽な境遇に合うこともあるので、仕方がないときもありますが、しっかり感情にケリをつけて解決させることが大事です。

イライラの原因を突き止めて、イライラの根本を解決するように行動するなら、仕事でイライラすることも減らすことができます。

イライラしても悪影響しかないことは確かなので、ぜひ解決できるように行動してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました