スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダブルワークをするときのポイントとは?継続が大事!

ビジネス
スポンサーリンク

仕事で収入を得ていても「この収入では足りない」と感じて本業以外の仕事をすることを計画する人もいるはずです。本業以外で仕事をするダブルワークで収入アップを計画することができますが、「ダブルワークってきついのでは?」と感じてしまう人もいるはずです。

ダブルワークは仕事を2つ行うことになるので、体力的に厳しいときもあります。そのため、ダブルワークのポイントをつかんでよく計画することが大事です。

ダブルワークの成功する方法について紹介します。

ダブルワークが失敗してしまうのは

まずは、ダブルワークで失敗してしまう原因について紹介しましょう。「失敗から学ぶ」という言うように、失敗する原因が分かれば対策を立てることができます。

失敗には以下のような点があります。

仕事時間が長くて疲れてしまう

ダブルワークをすれば本業以外の仕事も行うことになります。そのため、仕事時間が長くて体力が持たなかったり、ストレスが大きく溜まってしまうことがあります。

例えば、朝の8時から夕方5時まで仕事をして、その後夜の7時から10時まで別の仕事をすることになれば、仕事時間は1日で11時間ほどになります。仮に1日11時間の仕事を平日の5日続けるなら55時間となるので、いくら収入がアップしても継続して仕事をしていくことは難しいです。

ダブルワークで失敗してしまうのは、収入が上がっても仕事時間が長くなって体調を崩すなどして継続できないことが多いです。

思ったほど収入が得られないことも

ダブルワークをする目的は本業以外の収入を確保することです。しかし、ダブルワークをしたからと言って収入が自分の希望金額に届くとは限りません。

例えば、本業以外の仕事で融通性が聞くために、飲食店でアルバイトやショップ店員などの仕事を短時間行うとします。しかし、ある程度の期間が経つのに働いているお店の時給がいつまでも研修の時給だったり、シフトに入ることができなかったりすることもあります。

ダブルワークを始めても、自分の働いている先によって得られる収入は大きな差が生まれることがあります。収入を確保できるように雇ってもらうときに事前に確認しておくことが大事です。

本業に支障が出る

ダブルワークをすることで本業に支障が出てしまうことがあります。ダブルワークは本業以外の仕事の時間に働くことが多いので、夜できる仕事や休日の休みを利用するはずです。

しかし、本業以外の仕事をしっかり有効活用できなければ、本業に支障が出始めます。

例えば、夜遅くまで仕事をして次の日に仕事があるなら、睡眠が足りなくて仕事に集中できなくなったり寝坊してしまったりすることがあります。

本業の仕事で支障が出てしまうと、本業の仕事の収入が下がることや最悪解雇されることもあります。

そのため、本業の仕事に支障が出だすとダブルワークを継続するのも厳しくなります。

ダブルワークを成功させるには

ダブルワークを成功させるには継続できるのかがポイントになるはずです。ダブルワークで収入が増えても継続できないなら意味がありません。

ダブルワークで継続させるためにはポイントがあるので紹介します。

週1〜2日から始める

ダブルワークをして、自分がどれくらい仕事を行うことができるのか分からない人もいるはずです。いきなりダブルワークで週4、5日を入れて働くなら、オーバーワークとなって本業に悪影響が出ることもあります。

そのため、まずは少ない日数から仕事を行っていくことがおすすめです。自分のペースに合わせて週1、2日で2〜3時間で行ってみるなら、自分が「まだできる」と思うか「これで限界だな」と自分がどれくらいダブルワークを行えるのか確認できます。

ダブルワークをするときは、まずは少ない時間で行うようにしてみてください。

在宅ワークを行う

ダブルワークをするときに在宅ワークを選択することもできます。在宅ワークは自宅で自分で自由に計画をして仕事を行うことができるので、体にかかる負担を減らすことができます。

在宅ワークは収入を確保するためにある程度の期間が必要であり、直ぐに自分の希望する稼ぎは得られないかもしれません。しかし、実績や経験を積んでいけば在宅ワークで6〜7万円ほど稼ぐことが可能なので、ダブルワークの収入としては十分計算できます。

もし、直ぐに大きな収入を得なくても良いなら、在宅ワークをダブルワークにするのも1つの方法です。

スキルを取得して仕事を行う

ダブルワークをするとき、まずは何かスキルを習得してから始めるのもいいです。スキルを習得しておけば短い時間でも高収入とすることができるので、ダブルワークにかかる体の負担も減らし、収入も増やすことができます。

習得しておくといいスキルは英語などの語学、ITのプログラミング、介護などの資格を勉強して習得すると、ダブルワークの仕事の幅も広げることができ、技術職なので収入も上げることができます。

時間に余裕がないと資格取得は難しいですが、後にダブルワークを行う計画があるなら行っておいて損はありません。

ダブルワークを行うときは継続を考えよう

ダブルワークを成功させるためには継続できることを考えるべきです、継続することができれば、収入を安定して得ていくことができます。

継続するためには体の負担がかからないように、短時間で収入を得ることが大事です。そのため、スキルを習得するのが1番良いですが、短い時間から仕事を始めてペースに慣らしていく方法もいいです。

無理をしないことがポイントなので、自分のペースを見極めてダブルワークを行なってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました