スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事でストレスが生じる原因とは?転職や起業も検討できる

ビジネス
スポンサーリンク

仕事をしているとストレスを溜め込んでしまうことがありますね。

仕事の内容や勤務時間、環境など、ストレスを溜め込んでしまう原因はいろいろありますが、ストレスを溜め込んでしまうと体がだるくなったり精神的に疲れ切ってしまったりなど、いろいろな悪影響が出てしまいます。

そのため、仕事をしているときにストレスを溜め込まないようにする必要がありますが、「どのようすればいいの?」と疑問を感じてしまうかもしれません。

仕事のストレス対策について紹介します。

仕事でストレスを感じてしまう原因とは?

仕事をしているとストレスを感じてしまうことがありますが、どのような原因で仕事にストレスを感じてしまうのか気になりますね。

ストレスを感じてしまう原因は以下の3つがあります。

上司や同僚と価値観が合わない

仕事でストレスを感じてしまうのは上司や同僚と合わないためです。仕事をしている人にもいろいろな人があり、価値観や性格はそれぞれ違いがあります。

そのため、仕事に関して価値観ややる気なども違いがあるので、自分と合わない人が多い職場や自分の上司と性格などが合わなければ大きなストレスを感じるはずです。

例えば、自分は仕事を定時で終えて、仕事の疲れを大きく残さないようにし、「自分の時間も大切にしたい」という考えを持っているとします

しかし、自分の上司は仕事に情熱を持っていて、勤務時間外も仕事をするような人であれば、価値観に違いが大きくあるので、上司に合わせようと思うと大きくストレスを感じるはずです。

企業に勤めているなど勤めている人は周りの環境に順応する必要がありますが、価値観が大きく違うと、合わせるのにストレスを感じます

休暇を取ることができない

環境や自分の仕事内容にもよりますが、勤務していれば休日返上で仕事をすることや残業をすることがあります。

仕事の納期が近づいてきたり、作業に遅れが生じていたりするなら、残業や休日返上も仕方がありませんが、仕事が忙し過ぎて休みを取ることができないなら自分の時間を過ごしことができないのでストレスを感じますね。

また、毎日朝早くから夜遅くまで仕事をしているなら、睡眠時間を確保することもできず、寝不足になり、ストレスを感じることもあります。毎日が仕事に追われるようになるなら、体力の回復や自分の精神的部分をリセットできず、ストレスだけでがたまっていくことになります。

自分のやりたいことができない

仕事をしていて企業などに勤めているなら、自分がやれることに限界を感じることがあります。

自分の良いと思うアイデアや作成した企画案などが通らないことがあり、「自分のしたいことがあまりできない」と感じるかもしれません。

自分のやりたいことがあまりできないなら、仕事をしていても不満がたまってしまい、ストレスに変わってしまうこともあるはずです。

企業などに就職していると平社員なので、自分の意見を通すことは難しく、会社員として実績を積んでいても、自分の思う通りに仕事できるわけではありません。

自分のやりたいことができないことは我慢しなければいけないので、ストレスが発生するはずです。

仕事でストレスが発生したときにできる行動

仕事をしていてストレスが発生するなら、ストレスを軽減できるように行動する必要があります。

行動しないならストレスが溜まり続けていくことになるので、体の調子を崩してしまうことになります。

もし、今の職場でストレスを感じるなら、行動できる方法があるので紹介します。

転職してみる

仕事を変えるなら転職してみることができます。転職をすることで、今の職場で受けるストレスから解放されることがあるからです。

ただ、転職をするときは、いろいろな準備が必要になるので、準備のポイントを知っておくことが大事です。

準備のポイントとしては

・転職エージェントを使用する

・退職を前もって伝える

の2点です。

転職エージェントを利用

転職エージェントを利用するのは、転職に対して大きなサポートが期待できるからです。転職エージェントは自分の条件を伝えることで、エージェントが条件に合った仕事先を提案してくれます。

また、自分に合った仕事場を選ぶことができるように、エージェントの方に相談をすることで仕事の選び方が見つかることもあります。

ネットの仕事情報やハローワークなどで仕事を選ぶことも可能ですが、自分の条件に合った仕事先を選ぶのは難しい場合が多く、仮に転職できたとしても、同じストレスを受ける可能性もあります。

条件を満たした仕事を選ぶなら転職エージェントの利用がおすすめです。

退職を前もって伝える

転職先を決めることができれば、今の職場を退職する必要があります。転職先が決まってから退職を伝えることがあるかもしれませんが、退職は前もって伝えておくことをおすすめします。

転職が決まって、「明日から辞めます」と言っても引き継ぎなどの問題があるので会社側も納得をしてくれず、退職がスムーズに行きません。そうなると、転職する計画も立て直しをする必要があるので、転職の内定が取消しになることがあります。

仕事を退職するときは、最低1ヶ月前に上司に伝えておくことをおすすめします。

起業する

自分で起業して新たに仕事を始めることも1つの方法です。

起業するなら自分が社長になるので、自分のやりたいように自由に仕事を行うことができ、仕事のストレスを解消することができます。

しかし、起業するときに考えておくことは

・収入確保

・経営知識

です。

収入確保

起業したなら収入は給与制ではなく、自分の仕事で得た成果に応じて収入を得ることになります。そのため、収入は毎月確定しているわけではないので、収益を安定させることポイントです。

収益を安定させるためには、集客方法や提供商品やサービスのクオリティが大事です。収入確保ができなければ生活が維持しにくくなり、頭を悩ませることになるので、計画しておくことが大事です。

経営知識

起業したなら仕事だけでなく経営の知識も知ることが大事です。経営知識がなければ仕事を続けていくことができないので、資金の調達方法や経理の仕組み、毎月の出費などを計画すべきです。

経営知識を知るなら自分の仕事を毎月円滑に進めていくことができ、収入確保にもつながるので、起業する前に基本的な経理や資金調達の方法は理解しておくようにしてください。

まとめ

仕事でストレスを感じるなら、原因を突き止めて改善していくことが大事です。

今の職場でストレスを解消することが難しいなら

・転職をして職場を変える

・起業して新たに仕事を始める

という2点がおすすめです。

仕事の環境を変えることでストレスが解消されることもあるので、ぜひ考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました